ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごま君~ごま君のまいた芽~

さんぽには ちょっと素敵なお友達が います。
障害のわかる前から 一緒に遊んでいた 同年代のお友達
長い付き合いです。

その中でも 一番よく遊ぶ ごま君

さんぽは ごま君が 大好き
ごま君も さんぽが 大好き

二人は ちょこっと似てて ちょこっと違う

人がたくさんいるところは 苦手・・・だから一緒に泣いちゃう。
接触して遊ぶことは あまり好きじゃない・・・だから二人は 気持ちのいい距離がある
公園は 少し怖い・・・だから二人で 砂場で過ごす。
言葉遊びが好き・・・だから二人の会話は どこまでも続いてる

好きなおもちゃは 違う・・・だから 取り合いにならない
得意なことは 違う・・・だから お互い すごいなあ って思ってる

二人の出会いは まださんぽが診断されてない頃
地元のサークルで。
サークルが始まり、司会者がマイクで わんわんとしゃべりだすと
さんぽは 泣き出すため 扉の外へ・・・。
しばらくすると ごま君も 扉の外へ・・・。
あれ?この子 前の時も ここにいたなあ。
ママとぺこり、「人が多いところ・・・ぺけですか?」「そうなんです~」
それからママと会うと 悩み相談会。

最終的には、さんぽは 診断され ごま君は 診断されませんでした。

さんぽが パニックが頻発した時 気持ちがなかなか切り替えられない時
さんぽのことをよく知っているママと
そんなさんぽと遊ぶのが好きな ごま君は
そっと ずっと 待っててくれました。

パニックや トラブルがおこることを前提で 
一緒に遊ばすことができるのは とても助かることです。
人が怖いさんぽは 人とかかわる方法を 経験していかなければ 覚えられない。
親子でかかわり方を覚えてきたら、そろそろ次は他人と・・・だけど 
でも これが なかなか 大きなハードルですよね。

よくわからないけど なにかとわあわあ泣き、
子どもにあまりかかわろうとしない上に、時々不思議な目で、一人走り回る
切り替えに時間がかかり、遊びを終わらせるのが大変で
下手すると 意味のわからないことで 自分の子を攻撃してくる
そんなさんぽと一緒に遊ばせる・・・それは理解のいることです。
でも、ごま君は ごま君のママは
そんなさんぽを認め ずっと付き合ってくれました。

さんぽは ごま君との関係から どれだけたくさんのことを学んだでしょう。
どれだけたくさんの楽しい経験を インプットしてもらったでしょう。
さんぽの中に 「お友達は楽しい」という種をまき
その種が ちゃんと芽を出すまで 一緒に過ごしてくれたごま君
私では どうしたってできないことを やりとげた小さな男の子。

さんぽの 大切な 初めてのお友達




ごま君と会えたこと

それは 不安と恐怖の毎日とたたかいながら生きていたさんぽへ
神様がくれた  とても素敵なプレゼントです。
  

今のさんぽの保育園での生活は 
      ごま君のまいた芽が育っている証。

丈夫な芽を  ありがとう!ごま君 




 
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ごま君2~ごま君の教えてくれたこと~

3歳の時の ごま君の言葉 忘れないように記録しておきます。

ごま君とさんぽ  ほかに人のいない公園で
さんぽが先頭に たてに並んで歩く 汽車ごっこ
楽しそうな姿を 二人の親は にっこり見ていました。

ところが そのまま さんぽは 公園を出て行くではないですか?!

「だめ!止まって!」

ごま君は止まったのですが さんぽは止まらず・・。

走って追いかけ さんぽに向き合い 公園に戻ることを説得します。
でも そのまま行き続けようとするさんぽ。止める私。
(なんで 今日はわかってくれないかなあ。) 
ついに 久々の 長いパニックに・・・。
でも、公園の外は 道路。
ここは私も押さえたい事柄なので
しぶとく説得して 最後は抱っこで公園に戻しました。

その間、ごま君は、わざわざ私たちの近くで遊び 気になる様子でした。
そして 帰ることになった私のところにきて

「あのね、さんぽくんね。歩きたかったと思うの。
        汽車ごっこ楽しかったから ずっと歩きたかったと思うの。」

と言いました。
私は はっとしました。
そうか 私にその言葉が足りなかったんだ
私は 危険だからと 自分の意見ばかりを さんぽにおしつけ
さんぽの気持ちによりそった言葉一つ かけてあげてなかったのです。

あわてて 抱っこされながら、まだ涙が残るさんぽに
「歩きたかったんだね。」と言うと
さんぽはこっくり頷いて、安心できたかのように
すうっと私の胸で寝ていったのでした。

さんぽは おしゃべり
だから すぐ忘れてしまう。
「嫌だ」とか、「拒否したい」とか「その理由」とか
一番わかってほしい自分の気持ちを 
  本当はうまく表すことができないということを。 

わかっているのに
  わかっているはずなのに 大事な時に 忘れちゃうんだ。

ごま君は わかるんだね。
さんぽが言葉に出さなくても
         さんぽの気持ち 
             わかるんだね。 
     
さんぽと同じ気持ちだったから わかるんだね。


3歳のごま君に 教えてもらいました。
忘れのできない 忘れちゃいけない 出来事です。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ごま君3~守りたい~

ごま君の続きです。

ごま君は 同じ保育園に通っています。
クラスも一緒・・・ 保育園の配慮です。

最初こそ 不安でいっぱいの中 二人とも 
保育園では寄り添うように遊んでいたのですが
さんぽは だんだん登園を渋るようになり
ごま君は、やっぱり健常児 数日もすると 元気に通うようになりました。

朝、保育園にいっても 徐々に 一緒に遊んでる姿が見られなくなりました。
最初は いつも 砂場に行って こじんまり 遊んでたのにね。

ごま君は 砂場遊びを 卒業しました。
そして さんぽからも・・・だろうな・・? 

私は そういう日がくることを 覚悟していました。
けれど やっぱり 寂しい
ごま君のいない砂場で背中を丸くしているさんぽ
 

でも、これからずっと ごま君を独り占めできないもんね。
仕方がないよね。

そんなある日の夕食で
「さんぽね。お友達で一番好きなのは ごま君なの。」
と突然言い出しました。
「どうして?」
「今日ね。保育園で 意地悪されたの。でもごま君がさんぽを守ってくれたの。」
「ごま君はいつもさんぽを助けてくれるの?」
「うん、ごま君は いつもさんぽが困った時に守ってくれるの。
         だからね。ぼくも守る!かっかとひだまりとごま君を守るっ!(立ち上がる)」

さんぽに こんな言葉を 言わせる ごま君
長いお付き合いのごま君は きっとさんぽが本当に困った時 助けてくれたんだね。
きっと さんぽのこと 気になるんだね。
何だか とてもうれしかった。
「守る」なんて 言い合っちゃう
ごま君とさんぽの関係が とてもうれしかった。
(かっかとひだまりがついでに入ってるのも かわいいけど。)

その数日後 運動会の練習を こっそりのぞきに行った私
さんぽの姿を 追いかけます。

集団での指示が通りにくい さんぽ

先生の「立って」の指示に従えなかったり
   待ってる間に 座って砂いじりをしちゃったり
      順番がわからずに 並ぶところがずれていたり

そんなさんぽに 
   何度も何度も 声をかけ 手を引っぱって 
そっと 導いてくれている子がいます。
          
     ・・・・・・・・ごま君です   


見てると あたたかいものが 胸に広がりました。
素敵なお友達と出会えてよかったね。 
守られてばっかだけど ・・・。
きっとさんぽの気持ちも伝わっている。

さんぽが泣くと ごま君はさんぽの気持ちを代弁してくれて。
ごま君が泣くと さんぽはごま君の気持ちを一生懸命考える。

   さんぽが守りたいと思っている・・・・さんぽを守ってくれるごま君!!


でも実は 昨日
ごま君が もうすぐ おうちを建てて お引越しをしてしまうと聞きました。
とてもまだ言えない・・・。
ごま君から 卒業しなくてはならない日が もうすぐくるなんて。


ごま君が いなくなった日

守りたい人が いなくなった日
 
さんぽは どうなっちゃうかな。






テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

宝物のありか 

年度が終わりますね。
元教員だった職業柄でしょうか・・・。
お世話になった先生や 仲良くなったお友達を思うと
この時期って ちょっと涙腺の蛇口がゆるむというか。

今年度も 素敵な出会いが たくさんあって
本当に本当に 感謝です。
さんぽは 邂逅のパワーを持っている・・・そうとしか思えないほど
さんぽを通しての 新しい出会いは ちょっとすごい

さんぽの素敵なお友達

ごま君、トー君、咲きちゃん、スーちゃん・・・たくさんたくさん

さんぽの気持ちによりそい 穏やかに見守ってくれた 担任のカナ先生

みなさんのおかげで
さんぽにとって とても大事な大事な 人生初めての集団生活
いいスタートをきることができました。 
本当にありがとう!!
実際に 声に出してお礼をいえたら・・・と思うのだけど
何となく照れくさいし、重すぎるので ここで・・・・。

さんぽの素敵なお友達 ごま君

記事にも書いたけれど(ごま君~ごま君のまいた芽~,ごま君2~ごま君の教えてくれたこと~,ごま君3~守りたい~) 
タイプの似ている二人は 1歳からの 長い長いお付き合い。
さんぽは ごま君に お友達の楽しさを いっぱいいっぱい教えてもらいました。

だからお母さんから 実家近くへの 引越しの話を聞いたときは 
家を持つということでめでたい話なのに 私は たちくらむほどのショックでした。 
でも それはごま君も同じだったようです。
どうしても 引越しを受け入れることができず 泣き続けた ごま君に根負けし
何と この近くの地域で 家を建てることを お母さんが 決心
ごま君が どうしてもここがいいといった理由に
「さんぽ君とずっといたいから。さんぽ君と近くでなければいや。」
というのもあったというのが 泣けちゃう話です・・・。

引っ越しても これからも一緒。

時々 パニックになった 幼いさんぽを ずっと待ってくれた公園
人がいっぱいいるところが苦手な二人のために さがした 静かな 散歩道コース 
みんな みんな 過去の思い出に ならなくて よかった。
ごま君 引越し ごねてくれてありがとう。。。。。。っておいっ


さんぽの素敵なお友達 トー

トー君は なぜだか?さんぽが大好き。さんぽの追っかけ君です。
さんぽが教室にくると 一番にあいさつしにきて さんぽが帰ると泣いちゃう。
トー君はのりものが大好きで さんぽの のりものへの執着心を 尊敬してくれます・・・。
二人は 好きなものが一緒 だから話が合う。でも 取り合いにもなる。
だから遊ぶ時は 気があってのりのりだけど 必ず途中で けんかもありました。

この1年で さんぽは トー君との関係で すごく大事なことを 学びました。 
それは 「けんかしても 友達」

一度つらい目にあうと ずっとひきずって、すぐその子が怖くなる さんぽ。
でも 純粋にさんぽが好きで けんかしてもけんかしても 
笑顔でさんぽを迎えるトー君がいたから 友達の関係を 知ったのです。
さんぽは トー君には 「何でも受容」しません。
嫌ならいやといえる。やめてと言える。
あとを恐れずに けんかもできる。けんかしても不安にならず、また遊ぶことができる。

それは それは大切なこと。それは それは大事な友達。
とー君、これからも よろしくね。



さんぽの素敵なお友達  咲きちゃん 

咲きちゃんは さんぽの手つなぎの相手です。
手を握って歩く・・・さんぽの苦手なこと。
どうしても嫌がるようなら 先生で・・・と4月にお願いしたっけ。

でも、6月の親子参観 集会が始まると 二人いち早くつないでる姿にびっくり!!
つないだ手を揺らして 笑顔で顔を合わせて 仲良しなんだね。
ふらふらと 動きやすいさんぽ 咲きちゃんが 笑って導いてくれてるんだね。
「さんぽ君は ちゅうりっぷ組で一番優しい男の子なんだよ。」
とお母さんに言ってるってきいた。
咲きちゃん・・・優しいっていうか・・・本当は 何でも受容してるだけなんだけど・・さっ。
でも でも うれしいよね。

この一年 きっと 手をつないで たくさんお散歩に行ったよね。 
新しい場所へ行くことに緊張するさんぽは
手をつなぐ相手が 大好きな咲きちゃんで 不安が少しでも減ったと思う。
集団生活初めての 手つなぎの相手が 咲きちゃんでよかった。

さんぽのペースにあわせてくれて ありがとう。
さんぽの手を 優しくぎゅっと握ってくれて ありがとう。



さんぽの素敵なお友達 スーちゃん にっこり

スーちゃんは 教室で初めて お隣になった女の子
さんぽは すぐに名前を覚えて、そして こんなふうに 話したんです。
「とってもかわいい女の子なの。いつもにこにこしているんだよ。
そしてね。ハンカチのはしっこをかんでるんだよ。」
毎日 園から帰ると スーちゃんのかわいいしぐさの話がでてきます。

さんぽは 笑っている顔なら 安心できるんです。
目が 絵でかいたようなにっこり目のスーちゃんが
初めての教室の席で お隣だったなんて なんてラッキーだったんでしょう。
朝 ブルーになって足取りの重いさんぽ
スーちゃんのにこにこ顔のあいさつに 何度助けてもらったかな。  

人生初めてのラブレターも スーちゃんから・・・。
「おたんじょうび おめでとう」ってスーちゃん、もういっつか前に終わったけど。
っていうか 全部で10枚くらいもらったお手紙
どれもこれも 「おたんじょうび おめでとう」だったけど
いい いい かわいいっ!

そんなスーちゃん さんぽを遊びに誘ってくれる時の言葉

「さんぽ!一緒に遊ぼーぜっ!」・・・・・ 

見かけの キュートさとはちょいと違い 男の子まさりのスーちゃん
さんぽに向けた たくさんたくさんの笑顔 ありがとう。



ほかにもいっぱい 
    ちゅうりっぷ3組の かわいくて優しい 4歳の仲間

   1年間  さんぽに 素敵な時間を ありがとう
 

    保育園での生活 不安と恐怖だらけだったさんぽに
             宝物のありかを 教えてくれて ありがとう


    

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

出会いに感謝 ここに感謝

昨日 隣人ママとの お引越しのための お別れ会 しました。

私は 2つの棟のある 小さなコーポに 10年以上 すんでいます。
このコーポの主 のようなものです。

両手でおさまるほどの 戸数しかないコーポ
なのに ついこの間まで 5件ほど 同じ年代の子どものいるママが そろっていました。

子どもの数が増え 大きくなるにつれ 一人引越し 二人新築し・・・で

ついに わが家族だけが 残ります。

いまだに ここに居座る理由・・・・まあ いくらでもありますが
もし・・・もし・・・この先 さんぽが この地域で やっていけなくなる出来事があった時
思い切って引っ越す という選択が できるようにしておきたい という気持ちがあるのも
一つの理由です。   

ただ、さんぽを取り囲む 今までのここでの生活は 本当に優しくて

いい思い出だらけの この場所 この地域で
さんぽが 自分で歩み出す日がくるなら
それが 一番だなあ と思っています。 

昨日は このコーポの 階段下にある ちょっとした広場で
前に引越しした ママや子供も呼んで 遊びました。
子どもたちの遊ぶ姿を にっこり見ながら ママも思い出話に 花が咲きます。

仕事をしているときは 顔も合わせなかった ママたち。
ここで住んでいる年月も 歳もまちまちながら 不思議と
子どもを生んだのが 同時期だったのに 運命を感じます。


私は さんぽの 生まれ持った 邂逅の運を いつも どこかで 信じてしまう。

それくらい さんぽを通して 出会う人達は とてもとても素敵で 

神様が さんぽにくれた プレゼントとしか思えないのです。




このコーポに 仲間がわいわいしていた頃は
私にとっては 一番つらい時期だった 診断がくだった頃・・・。

私の悩みを聞きながらも いつもと変わらない態度で さんぽとかかわってくれる。

さんぽのだんだん顕著になる自閉的な行動を 目のあたりにしても
それに対して どうこういうのではなく
「さんぽママ がんばってるね。優しく接してるね。」と私をほめてくれる。

ひどく落ち込んだ日には 雨の中 ポストに あたたかいお手紙を入れてくれる。

そんな そんな ママさんたちに 私は囲まれていて
さんぽの子育ての 大きな山を 乗り越えることができたのです。
   


ここに 仲間がわいわいしていた頃は
さんぽにとっては 一番 自閉的で 不安や恐怖でいっぱいだった頃・・・。      

しっかりと子どもを見守る お母さんたちのもとで 育ったお友達は
素直で 穏やかに すくすく育っていて
さんぽにとって つらいことは 何一つしない。
しても 必ずお母さんの助っ人がはいる。

そんなお友達が、ドアを開ければすくそこにいる環境だったのは
さんぽにとって 何よりの療育だったかもしれません。

ママさんたちが さんぽを色眼鏡で見ることなく、
いいところを ちゃんと認めてくれて かかわってくれたこと
さんぽに合う 穏やかで 優しいお友達が
さんぽの遊びに いっぱいつきあってくれたり いろいろな遊びに誘ってくれたことは

人が怖いはずの さんぽに とても大事な 大事な経験を 
4年間半 積み重ねてくれてたんだ と思います。  


ここに 仲間がわいわいしていた頃は
子育ての時間が 一日の全てだった頃・・・。

今日は、煮詰まっちゃったなあ とため息が出ても
洗濯物の間から 「何だかね~ 子育て疲れるときってあるよね~。」なんて
上下左右の それぞれの窓から 気軽に話したりできたこと

さんぽが水疱瘡にかかって 家でストレスためてる時に
「うちも早くかかりたい~」なんて言って わざわざ みんなが遊びにきたこと

一回のお友達が 簡易プールしていると みんなで入れに行ったこと。
 
階段下の小さな広場に 敷物ひいて
それぞれの家から とっかえひっかえ 飲み物やらお菓子やら持ってきながら
一日 暗くなるまで 子どもを遊ばしたこと

どれもこれも 素敵な思い出で

すべてが 「思いっきり子育て」時代の 象徴のようです。


子育ての大事な時代を ここで この仲間で 過ごせて 本当によかった。

素敵な方々に 出会えて 本当によかった。


まさしく このブログのテーマ



出会いに感謝です・・・・。
  


隣人の引越し・・・

何だか すごく寂しくてしょうがないのは

別れもですが



さんぽへの あの 「思い切り子育て」時代が 

         もう戻らないことに 気づいたからかもしれません。




次は ひだまりの 「思いっ切り」子育て時代が やってきます。

このコーポに 新しく入ってくる家族は だれかな・・・? 













      

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。