ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっかと結婚

さんぽに「白雪姫」の話を読み聞かせていました。
最後は 
「白雪姫は 王子様と 結婚しました」というフレーズで
白雪姫と王子様が 並んで 結婚式をあげてる絵が かかれていました。
アイコン名を入力してください「結婚って何?」
赤頭巾「好きな人と一緒にくらすことだよ。パパとお母さんも結婚したんだよ。」
アイコン名を入力してください「さんぽも結婚するの?」
赤頭巾「するよ。誰としようね。」
アイコン名を入力してください(しばし考える。)「さんぽはかっかと結婚するわ。で、かっかとこんなふうに並んで歩くわ。」

よくある おきまりの「お母さんと結婚」話ですが
やっぱり 男の子に言われると どきどきは-と うれしいもんですなあ。hana


そういえば思い出したことがあります。
私は小学校6年の担任をしていたときに 結婚をしました。
クラスの子どもに「先生から とってもびっくりするお話があります。」と
結婚の話を切り出したら みんな大騒ぎ。やけに盛り上がって質問が飛び交いまくりました。
でも、いつもなら そういう盛り上がる話題に一番のるタイプの男の子が 一人
しらんぷりでそっけないのです。
みんなが 「おいっ!どうした。」といっても「別に。」
そのうち誰かが「先生結婚するのショックなんじゃないの。」と冗談交じりでいったら
・・・・・泣き出してしまったのでした。
その子は 20歳の時に、はにかんだ顔であいさつにきてくれました。
きけば それなりにショックを受けたクラスの男の子は 何人かいたらしい。
男の子って 一番身近にいる お母さんみたいな人が 好きなんだろうな。
いつまでも そうだから かわいいんだろうな。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
スポンサーサイト

テーマ:子供の言葉・行動・ププッな話☆ - ジャンル:育児

夕焼けをとりに

さんぽが 3歳になったばかりの秋
「愛・地球博」の 閉幕1周年イベントへ
モリゾー・キッコロに 会いに いったことがあります。

地下鉄をのったり、おりたり またのったり
モリゾー・キッコロに 会える会場を 一日中まわって
最後 高架下の 小さな会場に 行きました。

そこは、何の企画か 材木でつくられたシーソーや家
木くずでいっぱいの砂場や 木の平均台がありました。
思いのほか そこが 気に入った様子。

人はまばらで 街中とは思えない静かな場所。
狭い高架下に 夕焼けのひかりが すうっと入っていて
そこで遊ぶこどもたちを さんぽを 赤く 照らしていました。yuuyake

 
さんぽは お兄ちゃんたちを真似して
木の家から飛び降りたり 木くずをまきちらしたり 家の中に入れたり
木くずを 頭にまいて 野生児まるだし
でも とっても楽しそう。

そこへ 立派なカメラを持ったお兄さんが
「写真を撮らせてください。」・・・・と。


自然のまま 遊ぶさんぽは 
まるで 羽でも ついているようで
夕焼けの中 確かに 絵になりました。(親ばか

お兄さんは カメラを向けながら さんぽにききました。
「大きくなったら なにしたい?」 
さんぽは 振り返って 私を見ます。
真っ赤な太陽のひかりに 目を細めました。

「何でも したいこと いえばいいよ。」
そういうと 
「 あのね、さんぽね。 
あの夕焼け とりにいきたい。
ひこうきにのって あの夕焼けとりに行きたい。


わあ・・・・。なんて なんて 素敵な言葉。
大人が なくしてしまった 素朴で純粋な心が きらきらしてみえました。  

 帰り道 さんぽとをつないで 夕焼けを見ながら 帰りました。 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

テーマ:子供の言葉・行動・ププッな話☆ - ジャンル:育児

どうかどうか

さんぽは 妹のひだまりが7月に生まれて
ついに お兄ちゃんになりました。

仲のいい お友達には みんな 下の子がいて
さんぽにも 妹ができたことを 理解するのに 時間はいりませんでした。

それでも かっか(お母さん)が一番のさんぽ
生まれたらどうなっちゃうか 想像もつきませんでした。
ところがびっくり!結構 いいお兄ちゃん。

おっぱいの間は 一人で遊び
あやしている時は 一緒に「いないいないばあ」なんて してくれます。
泣いたら 抱っこまで(首据わってないので これは困る)
そのお兄ちゃんぶりには 感動もんでした。



ある日 ひだまりはねんね。
お兄ちゃん、かっかを独り占めターイム!
ブロックを一緒に楽しんでいる絶好調の時

突然さんぽが 両手をなむなむと合わせだしました。

どうかどうか 今、かっかがひだまりにおっぱいをあげませんように。」
「あのね、さんぽ。今はねてるから大丈夫よ。
         でも、泣いたら あげるけどごめんね。」
   
そういうと、「わかった。」と素直です。
でも、しばらくして またなむなむ・・・・。
どうかどうか おっぱいあげても すぐ終わりますように。」 

きゅう~~~~ん
4歳児でも 我慢してる。
ちょっと 心の言葉が 出てきちゃうけど。
いい子にしてても 本当は かっかに いっぱいいっぱい甘えたいんだよね

私は ちゃんと 気がついていてあげないとね。 
もし 大きくなって心の言葉 中に秘めるようになっても・・。

ちなみに さんぽ
ひだまりが生まれて1週間 かっかが入院するまでは パパとがんばったのですが

退院してきたら すぐ高熱
   その後 ヘルパンギーナ
        とびひとアトピーの悪化 
            原因不明の動悸
・・・と病気をやらかしました。

ストレスが そっちに出ちゃったようです。
頭の中では いい子にしなくちゃとわかっていても
つらかったんだよね・・・・。  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   

テーマ:子供の言葉・行動・ププッな話☆ - ジャンル:育児

ロケットの役目

さんぽ3歳。
新聞に ロケットの写真がのっていたのを見つけたときのこと・・・。NEC_0031.jpg


のりもの全般が 大好きな さんぽ。
電車から始まったのですが 3歳ごろから 飛行機も結構 くわしくなりました。
(もちろん 言わずもがな 誰にも負けないオタッキーで~す。)
そして ロケットなんかも 興味しんしん。 

新聞に ロケット打ち上げ(だったかなあ?)の記事があったので
ちょいと 読んでみました。
「すごおーーーーい。そうかあ!
感嘆の声をあげ そして 興奮した さんぽは鼻を膨らましながら



それで 月にいって 
 うさぎさんが ちゃんと おだんごつくってるかどうか 点検しにいくんだね。



電車はもちろん、飛行機も F15やら ボーイング777やら 機種名を言い
船も車も 大人より詳しくて
そういう話になると 大人顔負けの 知識をひけらかす やつですが・・・ 

おだんご作ってるかどうか点検・・・・だと?

思わず きゅう~~~ん
何だか いとおしくなっちゃいました。

テーマ:子供の言葉・行動・ププッな話☆ - ジャンル:育児

自然を美しいと思うこと

寒いなぁ~。
春の気配はするんだけど 寒いっ。

でも 今日は さんぽから ぽかぽか気分の言葉をもらっちゃいました。

保育園に行った 朝

保育園に行く朝は たいていブルーな さんぽ
とぼとぼと 坂道を ありえないほど時間かけて 歩いて 門に入りました。

まあ いつものことです。

でも今日は入るなり
        「あっ!」

「かっか~ 見てえ~ これ見てえ~。」
さんぽの あまりに驚いた声に 何人かの保育園のお友達もよってきました。

さんぽの指先を追うと・・・・


             満開の梅の花 桜桜



ちらほらは 前から咲いていたのですが
いつのまにか 一気に開花したようです。

近寄ってきた お友達の男の子たちは「な~んだ」ともいいたげに
「つまんないの~こんなの。えいえい」
なんて言いながら 梅の幹を たたきだしました。

さんぽは ずっと見上げてて にっこりしながらいいました。


「すご~い。きれいだねえ・・・・。



寒い風の中で さんぽの言葉がぽかぽかしてきこえました。

   木の花 好きだもんね。さんぽ


自然・・・

表情はないけれど 生きているもの
さんぽに 刺激を与えずに やさしく変化していくもの


さんぽは 自然の変化は 受け入れられる。

さんぽが 好きな 自然

   月 
     雪
       桜 
         木のトンネル
            山 
             それに・・・・    夕焼け 

さんぽに 触れることはない 話しかけることもない
でも 毎日 そっとささやかに変化しながら 同じようにほほえんでいるもの。
さんぽの思っている通り 必ずそこにあるもの

自然を見て きれいだな 美しいな・・・と思う気持ち
 それがあれば
さんぽの苦手なものだらけの この世界でも 
                  生きていく楽しみが見つかるかもしれないな。

たとえ 人が怖くて 心が疲れ果ててしまったとしても・・・・。
自然は きっと人とは違うものを さんぽに与えてくれる。  
             そっと さんぽを 助けてくれる・・・・・そんな気がする。
私の心も たくさんの自然に 育てられたから わかる。


さんぽの 自然を美しいと思う
           この気持ち 変わらないよう 大切にしたい。         
                

いつか 山登り したいな    さんぽと
私たち夫婦の 夢なんです。



        もうすぐ 春
           ひだまりの 初節句だなぁ。 





 

テーマ:子育てと素敵な暮らしの雑貨 - ジャンル:育児

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。