ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先を見据えて 今を考える

ちょっとだけ解禁。

レポート一教科しあげたので、自分にご褒美ということで、記事かいてます。

通信の勉強は、さんぽのためというより、もともと自分の興味のある分野の内容だから
やりだすと、結構夢中になります。
それに、内容自体には、さんぽとの日々に今日から生かせることがたくさん。
かけた時間は、そのまま生きる時間になる。
もうちょっと早くから手をつけて 丁寧に勉強すればよかったなあ~改めて反省です。

教科書として使ったのは「こころの科学セレクション 自閉症」 中根晃編集 日本評論社出版

中身としては、比較的新しい情報が 他分野にわたって 短くまとめられています。
障害そのものの理解や、歴史、幼児期・青年期の徴候やTEACCHプログラム 薬物療法など
おそらく、親なら一度はどこかで目にしたことの、それぞれ軽い復習のような感じでした。
ただ、目にした当時には 自分の中であまり重視しなかった部分
そこを、再度、今のさんぽの状態からの視点で読むと 
知っていたはずの情報に はっとさせられることもありました。

特に 何度も読み直したのが、「青年期・成人期の自閉症の心理」のところ。
いわゆる「こころの理論」・・・できごとの様々な関係が読み取れる・・・
が完成した後の さんぽたちが歩む 険しい道

たださえ「10歳の壁」といわれ、乗り越えるのに ちょっと大変な時期なのに
さんぽたちは、そこで どれだけたくさんの混乱を極めるか
襲いかかる課題の多さ、そしてそれを乗り越えるための本人の生きる術の獲得の手ごわさ 

・・・・改めて考えると とても怖くなりました。
自分が正しく支援していけるのか 自信がない・・・。

さんぽは、2歳ごろ、自閉的な徴候のピークがあり、早期発見のため
その頃には私もさんぽも 多方から支援を受けることができていいて 
比較的短めに そのピークをこえ、順調な発達をしてきたように思います。
だから、どこかで、私の中に「このまま落ち着いて 日々過ごしていけるのでは・・・」という
楽天的な気持ちも なかったとはいえません。
そのため 「青年期・成人期」の とてつもない大きな壁についてまで 
安易に考えていました。

でも、今は違う。
保育園に入り 押し寄せたすざましい変化と刺激に もがき混乱し
一気に自己評価をさげ、いろいろなことを強迫的にとらえるようになった さんぽの姿を考えると
青年期に訪れる 発達障害のこどもたちの 共通した心理は
当然 さんぽにも 否応なしにやってきて 大変な時代がくることを
前よりずっと簡単に 私の中で予想することができる。

もっともっと 知っておきたい。知っておかなければと思う。
さんぽが これから直面するたくさんのこと 
そこで どんな想いをして どんなふうに自分の中で解決していくかということ
どこに支援が必要なのかということ 
どこに私が必要なのかということ 

先のことを ただただ 心配していても仕方がないけれど
私は 先の姿を 視野に入れて 今を考えたいと思う。

そして 一つ一つに丁寧に向き合っていきたい。 

大切なのは 

だから 今 できること。
 


レポート まだ あと3つあります。
次に取り組むのは「特別支援教育の展望」
特殊教育の担任をしてから 早9年・・・
教育現場がどう変わってきているのか 特別支援学級がどうとらえられているのか
やっぱり元教師としては きちんと知りかったので、正直 学習するのがちょっと楽しみです。
レポート仕上がるまで また ブログ更新禁止令 自分に発令します。
(じゃないと 記事かきたくてうずうずして 時間管理できなくなっちゃうの・・・)


明日は さんぽがものすごく楽しみにしている 航空ショー 見に行きます。
楽しみだけど すごい音刺激に きっと しばらく 再現遊びに つき合わされるだろうな。   
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ちょっとだらしのない話

今、やるべきこと やりたいことで 満タンの生活の中
あえて 自分の中にある 優先順位を 表してみるならば

1・最低限のやらなきゃならない家事 
2・さんぽとともにする時間 
3・ひだまりとともにする時間
4・内職
5・実家、だんなの実家などの親戚関係とのかかわり
6・さんぽつながりのママや保育園、ご近所さんとのお付き合い
7・ブログなど自分の余裕の時間
8・やった方がいい家事
9・発達障害について学ぶ時間・・・・ 

ってな感じでしょうか。

でも それは最近の話。

さんぽが保育園に入るまでは、内職もしてなかったし ひだまりも生まれていなくて
私の中では さんぽとともにする時間と発達障害について学ぶ時間で ダントツ1・2位がしめられ
最低限の家事でさえ後回しだった。 
毎日が さんぽとのかかわりでいっぱいいっぱいだった。
もっともっと さんぽのことを 発達障害のことを 知りたい知らなくちゃ いつもそう思っていた。

時はたち
ひだまりが生まれ 
内職を始め
保育園でのママさん同士のかかわりが増え
さんぽに目を向けてばかりいられない状況が 現実にやってきて
片時もぎゅっと握って離さなかった さんぽの手を 少しずつ離すようになった。

さんぽは、ちょっと平坦が長いけれど 最後には自分で階段をのぼって成長していて
私は 以前のように 必死でさんぽを守ることも 必要も なくなった気がして・・・
それでいいと そう思ってた。

でも、私 握っているべき大事なものまで 離しちゃっていないかな。 

そう、自分の中で 優先順位が がらりとかわっちゃってたんですね。 
忙しいを言い訳に さんぽの成長を言い訳に 私
いつのまにか 発達障害について きちんと学ぼうという姿勢 薄れてしまってる。

もっとさんぽに近づきたい もっと発達障害について学びたい
そう思って 始めたはずの通信大学の勉強
今年度は 全然 ぜっんぜん 進んでない・・・。
何も 学ばないまま 学ぼうとしていないまま   
レポート期限がせまってる。  

ちょっと だらしがないんじゃないの! 今の私

絶対 たるんでる。気持ちもお腹も(シーっ)。

きれいなままの資料や教材 目の前にして 自分で自分をしかりつけたい気分。
本音を言えば お金だってかかってる。
無駄にできないぞ しっかりしなきゃ 私。


突如 優先順位は 4位に格上げです。 



とりあえず レポート提出は 確実に。
今の私の状態では 提出したことが学んだこととは 到底思えませんが、
せめて 提出ありきのレポートではなく 
少しでも 私にとって さんぽにとって 意味のあるものにしよう。



ちょっくら しばらく学習モード・・・ということで

ブログ更新はおあずけです。 

本当は そんなんじゃ いけないんだけど・・・ね。





ランキングで言えば もう一つさんぽがらみで。
さんぽが 好きな子をランキングしました。
「オレの好きなのは 1位 トー君 2位 ゴマ君 3位 ハネ君 4位 かっか・・・」

えっ!! 私 4位??1位じゃないの????

「オレ 友達が一番好きになったから。男だし。かっか ごめんね。」

そっか 男だもんね。
もう お母さんが一番~なんて言ってくれないんだ そうなんだ。
お友達がいいんだ。ふ~ん。

ふ~~~~~~ん 

結構 いじけた ランキングでした。    

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

臭覚過敏の才能

臭覚過敏のあるさんぽ

今日も 食事前は食べる前に あっちをくんくん こっちをくんくん
さんぽの 「くんくんアンテナ」が のびます。 

嗅ぎながら 真剣に何かを探っている表情・・・ 

「ふむ・・・今日は いつもの牛乳と違うね。」

っうっ!バレたか さんぽのお気に入りの「おいしい牛乳」は高いから
ちょっとお徳用の買ったんだけど・・・。

っとまあ そんな感じなんですが。


昨日は その才能におののいた出来事がありました。

朝 登園前に 車の後部座席で ひだまりと座っていたさんぽ
  
なにやら くんくん 何度も確かめては くんくん
くんくんアンテナ リサーチ中のようです。

そして おもむろに
「かっか 今日のひだまり 調子の悪いにおいがする。」

「ええっ!どういうこと。いつもの匂いと違うの?」

「ううん。ひだまりは、毎日違う匂いがするんだけど、今日は変なにおいなの。
  体の調子が悪いんだと思う。」  

からだの調子が悪そうな匂いって・・・・。
駐車場で ひだまりをにおってみましたが う~ん よくわからない。
っていうか におわない。


そんな匂いを さんぽに嗅がれたひだまりは 鼻水はでるけど いたって元気だし。
お兄ちゃん失礼ね~って言ってるよ 全く 

・・・・と思っていましたが


その日の夕方から 発熱!!!
今も ぐったりと寝てばかりいます。ちょっと寒くなったから 風邪こじらせたようです。

ということは・・・・?
さんぽは やっぱり いつもと違う何かを嗅ぎ分けていたんだ。
って本当に???

もしや 商売になるかも
「あなたの 今日の健康運を嗅ぎ分けます。」とか・・・


さんぽの あまりの才能に
おばかなことを考える お母さんなのであった。


そんなこと考えるんだったら ひだまりのことちゃんと見てあげなさい
と さんぽにおこられそう。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

1周年記念

あの~今さら 気づいたのですが
ちょっと 一人 自分で 自分に 拍手してもいいですか~?


ブログ 1周年記念~ぱちぱちぱち・・・


って日にち過ぎてますけど・・・・。
そろそろだっけ と確認してみたら 過ぎてたというわけで。
日にちに対する このいい加減さ 今に始まったことじゃないですが。
人の誕生日も 結婚記念日も 記念日をかたっぱしから 忘れてしまう男っぷり(女です)
さんぽを見習えよって感じです。

ブログ初日の日の記事を見ると
「生きている理由を 整理したいからかもしれない」
なんてかいてありました。ぷぷっぷぷ

あの時は さんぽの長い長い登園しぶりのブルーから ようやく光が見えてきた頃で
障害を受け入れ 必死で過ごして さんぽを抱きしめてきた過去の思い出に まだとらわれていて
なのに 保育園入園で やすやすと崩れてしまった 今のさんぽが苦しくて
そして 生まれてほやほやしていたひだまりを ただただ大きくしていかなければならなくて
それらが 何もかも ぐちゃぐちゃで 片付かない部屋のようだった。 

そこから 一気に書き出していった記事

さんぽの過去のこと 今のこと 
ひだまりのこと 
私の気持ち がんばったこと だめだったこと 悩んでいること
何気ない幸せな日常

そう これは ここ・・・ これは こっちだな・・・
散らばった一つ一つを 確かめながら ひきだしに入れ

ある意味 本当に この一年 
「私が生きてきた その理由を 整理してきた」のかもと思います。



つい やるべきことに優先して PCを開こうとする 自分に嫌気がさしたり
時間に追われる毎日なのに 更新したいと思うこと自体が 重荷になったり 
ブログを続けてていいのかな・・・と迷うこともありましたが
 
それでも なんと 知らぬうちに 1周年

やっちまったな。えへへ

がんばった 私 よしよし。 


でも 一人では できなかった。

記事一つ一つを通して 伝わってると感じる あたたかい存在

足跡のコメントや ポチ拍手からの勇気 

一人じゃないことを知ったからこそ の 1周年。

最高だね!!! 


1周年 ばんざい 

テーマ:ブログ開始ヽ(^o^)丿 - ジャンル:ブログ

アレルギーマーチ

さんぽのアレルギーについて

今までの記事で アトピーについてふれることが あったのですが
さんぽは アレルギーもちです。

アトピーは 1歳前から 発症してて でもその頃は 湿疹なのか よくわからない程度。
よく基準にされる 耳切れもなく 手首足首と脇が かさつく感じでした。
かかりつけの病院はありますが 半年に一度程度で かゆがらないさんぽには 
もらった薬も あまり必要なく ずっとあまってました。
悪化したのは 保育園はいってから。
ぬり薬はかかせなくなったし かゆみ止めの飲み薬が必要なこともあるようになりました。 
「ストレスが免疫を低下させ アトピーを悪化させる」
そこの皮膚科でもらったアトピーの冊子に書かれていた言葉
「まさしくそうだ」と思うほど さんぽは ストレスの量とアトピーの悪化は比例していました。 

アトピー以外にも 鼻炎もあって すぐ鼓膜の状態が悪くなる。
一度 中耳炎になってからは よく耳の痛みを訴えるようになり
連れて行くのも 大変すぎる耳鼻科は できれば・・・いえいえ できる限り 
私も連れて行きたくないのですが 残念ながら 通わざるをえません。
今はつらくても 蓄膿になるのは(手術は負荷かかりすぎる!) なんとか避けたい と思っています。  

そのほかにも ジンマシンがよくでます。
本人も気づかないくらいポツポツのときやら 全身に広がるときやら いろいろ。
いまいち その原因ははっきりわからなかったのですが
これも 保育園に入ってから やや頻繁になりました。
原因を探りながら 
「同じジンマシン源があったとしても ストレスによる免疫低下時期に ひどくなりやすい。」 
という情報を見つけたときには やっぱり・・・と納得しました。

そして ついに最近になって 休耕田で友達と遊んでいる時に
喘息の発作?とも思えるような 乾いた咳が止まらない状態に・・・。
皮膚科でもらった アレルギーの薬を 飲ませたら 時間とともに落ち着いたのですが
何日もしないうちに 今度は スーパーの室内の遊び広場でも 同じ症状が。

ついに 喘息まで 発症してしまいました。

その時になって お友達から 
アトピーから喘息に・・・そして花粉症にと移行していく 
いわゆる アレルギーマーチについて 知りました。  
すぐに かかりつけの皮膚科に相談 アレルギー科にかかることを薦められ

そして・・・すぐに 喘息治療

アトピーからの移行は 3歳ごろから始まるそうで 症状の重さは 個人によって違うそうです。
そういわれても 何だか しっくりこなくて 
アトピーだって ひどくなかったさんぽが 
こんな副作用の強そうな喘息の薬を飲み続ける 必要あるのかな・・・
と 心の中で 思ってたりしました。

でも・・・この前の休日
室内に 遊具やマットが広がる 屋内施設に 入って3分で 突然 発作。
今まで何度も 行った事のある場所です。
さんぽが はげしく咳き込みながら パニックになっていくのがわかりました。
自ら過呼吸をし、涙を出し 「止まらない!咳が止まらないよ。」と叫ぶ。
喘息の症状は3回目 さんぽもあせったのでしょう。
だって 今まで良かった場所までもが さんぽに襲い掛かるなんて。

・・・・・ ショックでした。
さんぽも 私も


血液検査の結果は 相当たるもの。
ダニと イネ科の植物は 反応度が6段階中の6 数値は高すぎて出ないくらいでした。
他の植物も 反応度 4
季節を問わず 反応してしまうだろうとのことでした。

驚いたのは 食物までいくつか 4 があったこと。
今まで 知らずに過ぎていたのが ありえないくらいです。
幸い 数値は気になるけれど 今までの過程から 
食物制限まではしなくていいだろうということで ほっ。
大好きだった 布団遊びも 室内遊具施設での遊びも 制限されるのに
この上 もし食物まで 制限が必要になったら ・・・・
ストレスで さらに悪化しそうですからね。



それにしても・・・
感覚過敏がある上に この重いアレルギー

なんだか・・・・

どうにも こうにも この社会は さんぽに 生きにくいように できてる

そんなふうにさえ思えてしまう。

たった5歳なのに・・・。

少しでも ほんの少しでも 生きやすくしてあげたいのに


神様はちょっと意地悪だよ・・・な。


アレルギーとの闘いは 今 始まってしまったばかり
悪化しないよう 上手に付き合っていく方法を 探っていくほかなさそうです。


 

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

ちょっとほのぼの・・・。

久々に ちょっと ほのぼの話です。

さんぽ 今でも 寝る時は お母さんの添い寝

ひだまりの出産で 入院してる間だけ パパと仕方なく寝ました。
・・・・というより いつまでたっても寝ないので 3日間とも 
ビデオを見せながら パパは先に熟睡して
さんぽも 不本意ながら 
どうしようもなく睡魔におそわれたから 知らぬうちに寝てました・・・という状態。
パパが寝かした とはいいがたい状況です

ひだまりがちっこくて しょっちゅう 授乳していたときは
寝て 授乳しながら 片側の手を さんぽの頭の下に・・・
・・・おっぱい ちぎれそうでした

臭覚過敏もあるさんぽは 寝る時 いつも いいます。
「かっか いいにおい~ このにおいじゃなきゃ 寝れないんだ。
パパは 変なにおいだから いや。」

ひっひどいっ 
でも うちのパパは そういう言葉にあまりめげないタイプだし 
さんぽが 臭覚過敏があって・・・とか いつものパターンを好むから・・・とか
原因を 頭で考えず 性懲りなしに 毎夜 さんぽに言うのです。

「さんぽ~。今日(こそ)は パパの腕で寝よう。」
時には「パパだっていいにおいだよ~。ほらほら嗅いでごらん。」と優しく

時には「5歳にもなって かっかと寝てばかりなんて 恥ずかしいぞ。」と脅し

時には 有無を言わさず 強制的に 引っ張って 泣かせたりまでする。



・・・・・・。
だからあ、無理だってパパ。




でも 今日は さんぽの反応が 違ったのです。
いつも通り 懲りずに誘うパパに さんぽが こんなことを言いました。


オレさ 今日は 橋になるわ。」

橋??
私もパパも 意味がわからず 顔を見合わせる。

「オレさ パパと一緒に寝たいし かっかと一緒に寝たいから 間に入って 橋になる。」

そういって 頭を私の腕に 足をパパのおなかにのせてきました。

いい考えでしょ・・・と言いたげに にっこりこっちを見るさんぽ。


そうだね、ちょっと 布団がかけにくいけど・・・といいつつ 何だかぬくぬく。

パパは
「橋か・・・。うまいこというなあ、さんぽ。」
なんていいいながら、満足げでした。(足だけどねぷぷ


川の字に寝る とはよくきくけど


橋の形に 寝る というのも 粋なもんです。

テーマ:5歳児の日常 - ジャンル:育児

視覚支援カードへの迷い

今回 さんぽが不安定だった間 ずっと私にとって イライラの原因だったこと

朝の生活リズム

早起きしても 寝巻きのまま おもちゃの街づくりに没頭し ご飯にもこない。
着替えを嫌がり ぎりぎりになって しぶしぶやりだしても
ボタンや 靴下 つまづく一つ一つに いちいち キレて 泣く。
通園カバンは 荒々しく投げつけるように準備し その間中 「いやだな 保育園はいやだな」と
後ろ向きな言葉を言い続ける。
ひだまりに 意地悪したり むやみに怒って 八つ当たりをする

保育園に行くまでの 朝の時間
たった2時間 
大事な さんぽとの時間。

笑顔で 努めて笑顔で。

でも「仕方ないんだ。さんぽが一番つらいんだ。」とつぶやいてもつぶやいても
私の心は 毎日 沸騰寸前
思わず 我慢できなくて 
「さんぽ 嫌なのは わかってる。でもやることはやろう。」
とかなんとか 口を出してしまう。

そんなこと さんぽは わかってるのに・・・・な。
それでも 自分でも できないんだろうに・・・な。

保育園に行ってしまった後は 
今朝も さんぽにより添えなかった自分が 情けなくて たまらなくて 
何だかむなしい一日のスタートになってしまう。

この毎朝が すごく自分にストレスでした。。。。。

やっぱりよくないよな この状態 そう思った私は
いくらさんぽが不安定でも せめて 私が笑顔でいられる程度には しゃんとさせようと
わりと早くから 視覚支援的な 絵カードとスケジュール 作成しました。

でも・・・さんぽに 見せることに 迷って。

さんぽには 絵カードや視覚的にスケジュールを表す事は有効なんです。
極端に 視覚優先なので。
でも・・・あまりに「~ねばならない」ことにとらわれるさんぽ 
視覚支援的なカードは 強迫的に感じてしまうことも わかっています。
「~しまきゃ だめなんだ」という気持ちで 何かにあやつられたかのように縛られていく。

このやり方って さんぽを追いつめちゃわないかな
どうしようもないさんぽの視覚優先を利用して こちらの都合でさんぽを管理しちゃわないかな。

私が 視覚支援的な方法を行うことに消極的なのは いつもそんな気持ちになるからです。 

今 不安定な原因があって すごくすごく 朝がブルーなさんぽ
これが 今のありのままのさんぽの姿。自然なさんぽ。
決して やるべきことやその順序がわかってないわけじゃない。

そんな時に 視覚支援カードとスケジュールの提示で 安易につってしまうと
「そうしなければならない」強迫感で やることができても
それが 私にとって ストレスのなくなる結果になったとしても

さんぽには 自分自身を調整する 逃げ場がなくなっちゃうんじゃないかなって気がして。 


結局 もう少し・・・11月になったら・・・提示してみようと思っているうちに
さんぽの心の状態が安定してきました。
へへっこの状態なら この視覚支援カード 無理なく迷いなく 使っちゃえるぞ^^。


でも・・・・11月になって最初の登園日
朝 さんぽは 早起きして 起きたとたん こんなことを言います。
 「かっか 見ないでね こっち見ないでね。」
見ないでったって 狭い我が家 丸見えなんですが

見ないふりをしている私の 背中でこそこそとぷぷ
通園カバンの用意 着替え 着替えのたたみ 最後に洗顔まで やってのけたさんぽ

「もう見ていいよ。全部終わったよ」
そういう顔は ふふんと いいたげに すましてる。 


昨日も そうそうに自分で支度し 
その上 保育園の駐車場についたとたん 「ここまでで いいよ。」と言って
母を置き去りにして 走っていっちゃった。 

つまり・・・・・・カード 出番 なし・・・・・かいっ


さんぽ きっと ずっと こうしたかったんだよね。

でも あの時は どうしても 心も体も 動けなかった。
自分でも きっと 困ってて 嫌でたまらなくて でもできなかった。
やらなきゃいけないことも やったら かっかが喜ぶことも みんなわかってて
それがやれない自分も だからといってそれをすることも 嫌で どうしようもなかった。
(ととさんが コメントで そんなふうに心のうちを教えてくれました。)

でも 今なら できる。
やった方がいいと思うことを 自分でやろうとする かっこいい自分になれる。


よかった・・・・。

やっぱり 絵カードもスケジュールも 使わなくて よかった。


うん 出番なしで ばんばんざい だよ。


代わりに
せっかく いい形で 朝のリズムが戻ってきたので それが持続できるように
さんぽのがんばり気分を 応援するような 「ご褒美カード」を つくってみようかな。

それがいいよね!

       

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

階段見えてきました。

さんぽ 心 回復したようです。
昨日 並べっぱなしになっていた(箱庭療法的?)おもちゃの街を 私が片付けることに 了承し
今日は 自分から 寝る前に片付けてくれました。

さんぽが並べあげた おもちゃの街は さんぽの心の バロメーターです。
心が疲れているときは 少しでも触られると 怒り泣き出す。
保育園に行ってる間に ほんの少し移動していること(掃除などで)が 気になりイライラする。
だから 不安定なときは 街は広げられたまま 並べっぱなしです。 
でも 回復すると 片付けることに 何の躊躇もない。 
ぷぷっぷぷ・・・わかりやすいんです。

運動会でがんばりすぎちゃったストレス & 病院通いのストレス の処理  

ふぅ・・・・やっと 終了かな・・・・。


いっぱいぐずって いっぱい泣いて いっぱいイライラして 何もかも嫌でたまらなくて
無表情な顔 疲れた体 ちょっとした刺激にとたんに崩れる気持ち
悲しくなるほど 繰り返し続く 毎日同じ平行線の遊び    

ちょっと 久々 お母さん 心配しましたが

もう大丈夫・・・ うん、その表情 もう大丈夫だね。

おもしろいことに
回復の兆しが見えてくる頃 さんぽは 急に新しいことが できたりします。
さんぽの場合 できるようになった過程がなく
突然 「できた状態」を見せられることが しばしばあります。 

今回は 絵描き歌。
昨日 ひだまりの好きな ミッフィーやアンパンマンの絵描き歌を 
次々とかきだして 私をおののかせました
今まで キャラクターの「顔」をかくなんて ありえなかったんです。
かく術も 全く知らなかったはず。誘っても頑として抵抗して。
でも、思いついたように 描いて そのできばえに 満足したら  
まるで前にかいたことがあるかのように(絶対ない!) 次々と描きだしました。

ずっとためておいたビンのふたが 開いたかのようです。

絵描き歌のほかに その日は「脱いだ服をたたむ」「オセロをする」というのも 
急に 思いついたように 見せてくれました。
保育園で 見たことはあるようですが 
「やりたくない」と言って絶対手をつけない と保育士の先生から聞いていました。 
家でも 断じて嫌がるので やることもなく できないと思っていました。

でも、やるとなると 教えもしてないのに たたみ方も完璧だし 
初めてとは思えないほど オセロのルールも理解している。

こういう さんぽの姿
いつも 平行線・・・ずっと成長していないかのように 同じ状態に見える時期の後に 
突如やってきます。
どんなにあれこれねばって誘っても 全く目も向けなかった(不安定な時だと泣き崩れた)ことも
あの抵抗は なんだったのというくらい さらっと 自分からやってしまう。

ひだまりの成長をみていて 
「おっとっと・・・ まずはここまでちょっとだけ・・・だいぶできるようになった・・・わあできたできた!」
いわゆる健常児の こういう坂道タイプの成長との違いが わかった気がします。
そうやって 坂道をだんだん上って てっぺんに近づく過程って
やっぱり自然な感じなんです。

さんぽの場合は 拒否 拒否 拒否・・・
いいのかな このままで できないのかな、まだ時期が早いのかな・・・
と心配していると ある日 突然 てっぺんまでのことをしてのける。
そんな 階段のように上がる 成長 

そう てっぺんは同じなんですけどね。


今回の運動会後のさんぽのように 不安定で 何も新しいことや刺激を受け入れることができず
平行線・・・う~ん退行すらしているように感じる時期
あせったり 不安になって 無駄に誘いかけたり 無理に背中を押してみちゃったりするけれど
そんな時は だめだめ やっぱり 逆効果はあっても いい方向には進まない。
さんぽが 平行線を好むときは 
「環境を整えながら 待つ。」
(いつも応援してくださっている幸歩さんの言葉です。)
平坦な道の 行き先にある階段まで来た そのタイミングで 
ちょっとお尻を支えてあげる支援・・・それでてっぺんはいきなり近づく。    


今、運動会後 立ち止まったり ちょっと戻ったりして歩いていた 真っ直ぐな道の 先の階段
さんぽに 見えてる感じです。

「待つ」時期を終了して 「あの階段のぼってみようか」と声かけて
お尻を支えるチャンスの  到来かな。

11月っていう 月の区切りも 良いタイミング!
せっかくのチャンスなので
久々に 視覚支援カードを使って 生活を立て直そうと思っています。

気になっていたのは 朝

運動会後 ひどくなった朝のブルー 
嫌だな行きたくないな という後ろ向きな気持ちが 朝の生活リズムまで崩れさせてしまったので。
保育園の用意やら 服の着替えやら そういう何もかもがおっくうになり 
だらだらと 後回しになって 朝から おもちゃの街づくりに没頭していました。 
登園自体もぎりぎりになっていました。
何だか すっきり進まなかった朝
私が小言でせかすことなく 気持ちよく玄関に向かわせたい・・・・。


朝のリズムをつくり直したいな

きっと 今なら さんぽにとって 負担にならずに 調整できる。


うん 今がチャンス!!
   
        

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。