ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児教室の先生から

5月1日
今日は外に出てからも「先生と手をつなぐ」と自分から
私のところに来てくれました。(前は、突然とびだしていっちゃったけど)
「みんなが来るまで、待っててね!」と伝えると
「来た!きた!」とみんなの様子を見て話してくれたりしました。
水遊びもとても喜んで、お外でも落ち着いて集団行動ができましたよ。

5月29日
遠足の時はいつもと様子が違うので、みんなと手をつなぎ輪になることができませんでした。
でも、いつもは上手に手をつないで輪になります。安心してください。
公園に行く時は、いつも私が手をつないでいます。
最初、外に行くと、開放感であっちっこっち走りまわっちゃったので、今は私がつないだほうがよいでしょう。
でも、とても上手につなげるようになったので、少しずつ友達と手をつなぐことも考えています。
注意されたことを、お母さんに伝えているなんてよく覚えているのですね。
お母さんに報告できるなんてすごい!

6月26日
トイレで排泄できるようになったんですね。よかったですね。
歌は本当に上手。それによく知っていてすごいなーと感心しました。
てっきりお母さんがいつも歌ってあげているのかなと思っていたのですが
音に過敏なことに関係あったんですね。
確かにアスペルガーの子は記憶力がとてもいいようなので、
さんぽ君もきっとすぐ覚えてしまうのですね。
いい方向に伸ばしてあげれるといいですね!
さんぽ君は今まで周りの人が、がんばってきたことがよくわかります。
はめをはずしたり、行動の切り替えにはじかんがかかりますが
話をすると理解するし、コミュニケーションがとれるので心配ないですよ。

9月4日
お誕生日おめでとうございます。とても楽しい夏休みを過ごされたようですね。
久々の教室でしたが元気に過ごせました。
時々ハイテンションになってましたが・・。
今日は初めてお友達と手をつないで公園へ行きました。
私との約束をしっかり守ることができました。
音楽に合わせて、たいそうもしましたがのりのりで上手でした。
障害のことですが、これからも気をつけて接していきたいと思います。
少しでも成長する過程でお役に立てればと思っています。
なにかあれば連絡ください。

12月4日
2学期も終わります。行事もたくさんあり、その都度さんぽ君の成長も見られたことと思います。
友達との関係もとてもいいものができています。
保育園のことですが、あまり心配は要らないかと思います。
言葉もしっかりしているし、コミュニケーションがとれるので大丈夫です。
ただ、次の行動にうつる時に個人的に声かけが必要です。
また、落ち着いて座るまでに時間がかかります。
うまくこちらが関心を向けることが必要です。
でも流れがパターン化してわかってくるとスムーズに行動できます。
それまでに多少の時間がかかるようです。
注意する形ではなく、伝えるようにすることが彼にとっては大切のようですね。
何か、保育園のほうで聞かれ、成長のことや保育のことで聴きたいことがあれば、
直接私のほうで伝えることもできるので、連絡先を伝えてもらって結構です。
保育園に入るまでに、お母さんがやっておくことは特にありません。
神経質にならずに安定して過ごさせることが一番です。

3月5日
保育園の入園許可が出てよかったですね。
心配せず、いつもの通りの生活をしてください。心配はさんぽ君に伝わります。
さんぽ君は、お友達に好かれるようでいつも必ず周りにお友達がいます。
ふざけすぎることもありますが、本当にいつも楽しそうです。
お母さんのがんばりも感心しました。
さんぽ君のよい環境やお友達に恵まれているのも、きっと近くにいる人たちの力が
大きいのではと思います。
いろいろ悩むことも多いかと思いますが、がんばりすぎず時々力を抜いてくださいね。
何かお話できることがあれば相談にのりますので、気軽に連絡ください。
これからも歌が大好きで明るいさんぽくんでいてくれることを願っています。
1年間 ありがとうございました。

さばさばした感じの、一見冷たい雰囲気にも見えなくない保育士さんでしたが、
連絡ノートに書いていただける言葉は、とてもあたたかくて信頼できるものでした。
さんぽは、先生の言ったことやしかられたことをよく覚えていて
教室が終わった後、再現してくれました。
それは、先生の言ってることがわかりやすかったからだと思います。
よいことはほめ、できない課題を明確にしてもらえることはありがたいことです。
さんぽにとって、無理のない形で、教室に通えたことはとてもよかったし
初めてお母さんのいないところでの「先生」という人にどう接したらいいか
正しい方法を教えていただけたことも大きいことでした。
この教室に通い、この先生方と出会えたことに感謝の気持ちがつきません。
ここでの25人のお友達に、さんぽが接し方に困った子がいなかったことも幸いでした。
いつもたくさんの好きなお友達や、一緒に過ごすお友達の名前が出てきました。
保育園にかよう前の練習としては、最高だったかも。
これも運命です。さんぽが持って生まれた邂逅です。
さんぽは、生まれながら自分にとって大切な人を呼ぶ力がある・・・そんな気さえします。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/11-e145c88c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。