ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫効果2・・・見たものを表現する

前記事の「虫」 
さらに 別の面で ちょっと素敵な 変化を見たので 補足。

さんぽが 絵をかくことを拒んでいた時期があったこと
自分は「ごみみたいにしか かけない」と言って 自分の絵を否定していたこと 
そして それを克服するために 絵画・造形教室に入って ちょっとずつ 自信をつけていることは
前に 記事に書きました。

やっと 絵をかくようにはなりましたが(今でも 自分からは めったにしないですが)
まあ 丸三つで 自動車・・・バス・・・電車・・・
或いは 道・線路・・・などのりもの関係に 限られてました。

でも、虫効果で 「虫をかいてみたい」って気持ちになってきたんですね。
私としては すごくうれしいんです。
表現への抵抗は ずっと気になっていることの 一つなので。

さんぽは 今 もっとも愛すべき かわいい?カブトムシとクワガタをかきました。

私は それ うれしくて 前記事にものせましたが 壁にも貼りました。クワガタは こんな感じです。

kuwagata

でも ある日 虫の図鑑をめくっていた(最近ありがち)さんぽ
壁の絵に ふと 目をやって
「あ~違うんだよな~あご。これ間違っているから 書き直したいんだわ。」

いつになく 妙に真剣に 紙とペンを 求めてきました。
そして なにやら 説明しながら かきだす・・・。

「あごは 顔のはじから出てるの こんなふうに。そこが違うんだ。・・・・・できたっ!」

そういう さんぽの顔は 自分の思った通りにかけた 喜びがあふれていました。

絵を見ると 力強く 弓なりに にょっきり2本 あごを突き出した クワガタが
自信たっぷりに こちらを見ていました。
  
kuwagata2

とっても さんぽらしいなあ・・・と思って
あごという部分から見て その部分がどことつながっているか 頭で一度納得して 表現。
2段階回路なんですよね。

私たちは 見たもの全体を 外枠だけにして 併行して 表現する。
必要ない部分部分は 瞬時にカットしてみているから それができる。
でも さんぽは 部分を それぞれ見ているから 
その位置やら 大きさやらを 一度 頭で整理して 
「それでOKだ」と ピカっと光らせてから 表現する・・・みたいな?

とっても 遠回りな気がするけれど
でも 最終的には 同じになる。
経験は きっと近道をも 覚えていくだろう。

さんぽの見え方は 私たちと違うかもしれないけれど
なにも 間違っていない。
さんぽなりの見え方で さんぽなりの表し方で 思ったまま 感じたまま 満足できる方法で
見て 頭で整理して 納得して・・・ を繰り返しながら
たくさんの経験をしていけばいい。

この緑のクワガタを見て あらためて そう感じました。

その後 さんぽは 
前足が 前に伸びていることや 足が体についている位置
カブトムシの角の先が分かれていることや その位置 

見て 気づいては 修正して 虫をかき続けています。


少しずつ 変わっていく 絵の変化は 

その度に さんぽの頭の中が 光っている 軌跡 そのものです。



明日から お盆休み
お墓参りと キャンプ 行って来ます。楽しみです。        

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/08/09(土) 21:14:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/113-29bc7bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。