ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会について独り言

運動会って 私は嫌いでした。
私は 走るのが だめで・・・好きだけど どんくさくて
たくさんの観客の中 
どんなにがんばって走っても どべになる自分の姿
さらけだすのが すごく嫌だった。

運動会って 本来の目的はなんでしょうね。

始まった頃から きっと 形はあまり変わっていないんだろうな。
一度始まったことをなくすのに とても慎重な教育界
おかしな伝統も残り続け、新しい取り組みは 上からの通知で増えていく
学校は それで許容範囲を超えて アップアップしている。

教員であった時も 私はいつも「運動会」に疑問を感じていました。
特に、管理教育が有名な県だから 昔ながらの運動会をやっているんだと思いますが。

私は・・・

先生たちの 運動会時の 上下白という服装の意味がわからなかった。

親に、校長先生に 見せるための演技
そのために 練習中 先生たちが やたら力を入れてしかり続けるのが 嫌だった。

一糸乱れぬよう行進する その行進のできばえによって 
学年の指導力を評価されるのが おかしいと思った。

運動会の歌を 声をからしてでも どなって歌わせなきゃいけないことが 苦痛だった。

運動会の繰り返しの練習のために 普段の授業が変則的になって
丁寧に指導する余裕がなくなるのが もどかしかった。

そして
運動会に必ずある 徒競走
走るのが苦手な子 遅い子が 
6年間という 長い間
自分の惨めな姿を みんなの前で さらけ出さなければならない機会をつくる
それに 教育的な意味があると思えなかった。    

そんな おかしなことがいっぱいの運動会
なのに 先生たちが誰も何も言わず 毎年当然に 行われていくのは
なぜなんだろう・・・なぜおかしいと思わないんだろう。

でも 私も そういいながら 運動会の反省アンケートにしか 意見できなかった。
いつも 反省アンケートに書かれた私の意見は さらりと流されていきました。 

中堅に入った頃に アンケートの私の意見を丁寧に読んでくれた校長先生に
「運動会についての考え方が ちょっと気になる」と個人的に呼ばれました。 
そのとき、徒競走について
「誰にも得意不得意があって 運動が得意な子が喝采を受ける場はあってもいい。
苦手な子は その日のために がんばろうと思うこともできる。
そして 苦手なもの嫌なものから守ってあげる優しさではなく、
社会のなかに必ずある 勝負 を教える場が運動会なのだ。」 
と言われた記憶があります。

校長先生の言いたいことは わかりました。
でも・・・体育・・・それ以外の場で 学校において
苦手なことを 否応なく全員が 親の前でみんなの前で 勝負し 
評価をうける分野ってあるのかな?
もし 音楽で 例えば全員に 歌を歌わして 親の前で
「あなたが一番うまい あなたが一番音痴。」と評価したら 問題になる。
どうして 運動だけは それが堂々と 許されていているのだろう。
どうして 運動の苦手な子は みんなの前で 毎年悲しい思いをしても
がんばらなくてはならないのだろう。
そんな思いは 今もくすぶっています。
   
運動会は あってもいいと思うんです。
運動会によって 確かにぐんと伸びる子どもの姿も 見てきました。

でも 日本の運動会ってさあ・・・。
徒競走に限らず演目全て、行進も演技も、そして指導方法も  
教育的な意味はなんなのか ポイントを正しく絞って
それ以外に 膨大に付随し続けてしまった 余分な面を見直す必要があるんじゃないかなあ。
日本の運動会ってさあ・・・。(私の県に限ってのことかもしれないけれど)
なあんか 間違ってるところがあるんじゃないかな。



さんぽ 今は かけっこ 楽しそうです。
1番もとれると 夢を抱いています。
でも 手足がばらばらで 不器用な走りは・・・かけ離れて どべちんです。

今はいい・・・走ること自体を 楽しんでいるから。
でも いろいろなことが わかってきた時 
そして それが繰り返される時 どう思うか 私は 身をもって知っている。


運動会 形が変わっていくといいなあ・・・。

一人ひとりの子に 意味のある形に。



テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育

コメント

管理すればするほど、管理しなきゃならなくなる。
管理するストレスと管理されるストレスが、よけい人と人を遠ざける。
日本という国全体が、特に教育界はそのからくりに気付いていないんじゃないかと思う。

私もね。
管理されて育ち、管理して教員をしてきた人間だから、時折コロん太を管理したくなる自分を見直すんだ。
自閉圏の人達が言ってる。
「体育だけは白紙で出せない。」
って。
深い言葉だよね。

  • 2008/09/21(日) 09:20:01 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

ああ・・FLさんにわかってもらえて すごくうれしいです。
管理すればするほど、管理しなくちゃならなくなる・・・本当にそうなんですよね。
私が教員した中学は、市内で一番荒れていたため、
指導力に優れているという市内の先生たちが集めてありました。
みんな、力のある先生ばかり・・・でもやっていることは、最高に徹底した管理教育。
その時の生徒指導の先生は 
「靴箱を見れば、どこのクラスが誰が荒れだしているか、心の乱れがわかる。」と。
そして、各担任の先生に、「生徒が帰った後の靴箱を見なさい。」と話しました。
その後、その学校で行われたこと・・・それは、心が乱れないために
「生徒に必ず靴を整頓させる」それをチェックすること・・・。
 
管理が 人と人とを遠ざけていく。
どうして 気がつかないんだろう。

でも・・・FLさんに言われて、はっとしました。
私、いつのまにか さんぽを 管理しようとしている。
管理教育に囲まれた中で それを嫌だと思ったはずなのに。

「体育だけは 白紙で出せない」
一日、その意味を考えていました。
    

  • 2008/09/23(火) 00:50:12 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/138-e1928066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。