ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画・造形教室

4歳のさんぽ、来年は年中さんです。
来年度の習い事を考える季節になりました。
私もだんなも、本当は「習い事なんてしなくてその分遊ぶほうが大事派」なんです。

でも、さんぽにとって、初めて活動することは恐怖だと知ったし、
ほかっておけば覚えるタイプではないから経験させる必要があるし
プールもリズムも幼児教室も全ていい方向に働いたので、
私は苦手意識、劣等感が固まる前に
とにかくたくさんいろいろな経験をさせたいと思うようになりました。
保育園や学校で「やったことがなくて怖い」のを一つでも減らしてあげたい。
だんなは、まだ納得していないみたいだけど・・・。
っていうか、障害自体わかってないっつうか・・・
まあ私のやることを見守ってくれてるので我慢だ。

今、選択権にあがっているのが、絵画造形教室。
さんぽは2歳ぐらいまで、絵をかくことに抵抗もなかったし、
絵も順調な発達を見せていましたが、
3歳ぐらいから、急にかくことを拒むようになりました。

2歳のころと絵が変わってないのです。
なんとかおだててかかせても、
かき始めは「新幹線をかく」とか言って鉛筆をのせるのですが
少しかいたところで、ぐしゃぐしゃとして「おばけ」か「ごみ」
或いは、てんてんとかいて「ありんこ」
それのみです。それ以上はかきません。ほめてもお菓子で釣ってもだめ。
あげくに「さんぽは、ごみみたいなのしかけないから、嫌」
せつない・・・っ、非常にせつない。

まだ、ぐちゃぐちゃでも平気で「しんかんせん」と言ってくれるほうがいい。
自分が思い通りにかけないことを知ってしまったのです。
どうやら、発達障害の典型的なパターン、「絵がかけない」型のようです。
もともと、視覚遊びを重度の自閉症並みに好んでいたんだもの。
見え方が私たちとは違うんだろうな。
「部分が見えすぎてかく前にうんざりする」
「立体的にしか見えなくて平面に表せない」とか言いますよね。
ただの発達の遅れとはいいがたいものがある。
ほっておいてできるようになるものじゃないような気がします。

これじゃ、絵も上達しないし、文字も難しいかも。
何とかして、少しでも絵画造形の中で、得意な分野をつくってあげたい。
表現できるって楽しいことだから。
美術関係の先生なら、障害も個性として認めてくれる人が多いかもしれない。

早速、見つけたよさそうな絵画造形教室の体験に行ってきました。
教室の広さは、さんぽ好み、割と片付いていて集中できそう。
人数も4組で、少人数。
先生も穏やかそうだし、メールのやり取りの返事も好印象。
こんなにいいところがすぐ見つかるなんて またさんぽの邂逅の力か・・・?
そんな風に思ったのですが・・・・・・

入会する前に、さんぽの障害について理解してもらおうとメールを送りました。
体験の時、さんぽの絵を見て、「発達段階のこの辺にいる」と教えてくれたのですが
おそらくさんぽは、その一般の発達段階をたどっていくとは思えない。
たどっていったとしても、それが、多分とてもアンバランスになる。
そのことを理解してほしかっただけなのに・・・・・。

待てど暮らせど、返事がありません。
体験まで、ずっとメールでのやり取りをしてきたのに。
返事のない理由は想像するしかありません。


残念、すごく残念。
いろいろ好条件だったから余計に。
でも、理解のないところにいっても力は伸びないだろうし
あきらめたほうがいいのかな。

別のところを探すふんぎりもつかず
まだ今日もメールの返事がないか 確かめたりしてます。
もう今日で3週過ぎました。
無理だよね。 

こんなこともあるんだなあ。
ていうか、これからこんなことばっかりなのかな。
ちょっとがっかりです・・・・・。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/14-050fad5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。