ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠足・・・リハーサルの穴

懇談の週に 遠足がありました。
さんぽの保育園は、秋は 保護者なしで バスでどこかに行きます。
今回は「動物園」ということで。

その動物園は 何回も訪れたことがあるし バス遠足自体も2回目。
前回は、いい思い出として さんぽは記憶している。
そういう意味で さんぽに 遠足への期待がある。

ならば、今回の遠足の不安材料になることは・・・??

1.町の保育園全部が 同日同時間に動物園にいくため、
  見知らぬ保育園児の 接近が多い。

2.重い荷物を リュックに入れて 背負った経験が少ない。
  家での旅行で背負うと、背中をかゆがった。

3.動物園を歩く場合 いつもより一層手をつなぐ時間が長い。

4.建物や動物の鳴き声、のりものコーナーなどの刺激が多い。

考えれば、去年の公園の遠足より、課題はたくさん。 
さんぽにとって より不安材料を減らし、心臓ドッキン状態をつくらないようにするために
綿密なリハーサルが 必要であることは 確実です。

そこで さんぽドッキンカバー 「リハーサル計画」~

1・人が多い→人の接近の多い日を選んでリハーサル

2・リュックの感覚→当日と同じものを入れて 同じ重さで背負う。
            開け閉め、敷物の出し入れ、など当日行うことも やっておく

3・手つなぎ→逃げようとも お母さん 手をぎゅっと握って 歩く練習

4・刺激の多さ→当日と同じコースを歩き、集合場所、弁当場所の様子を観察させておく。
          のりものコーナーにはいかないなどの ルールの確認も。
          どうしても気になるのりものや 施設は リハーサルで経験して満足させておく。 


リハーサル?そりゃばっちりでした!
パパもいたし、さんぽも家族と行けば余裕があるし、楽しい休日になりました。
これで 後は、よほどのアクシデントがなければ 想定上の混乱はないはず。
私は 自信たっぷりでした。

ところが・・・・。


遠足当日 


雨・・・・。

バス遠足の場合 雨でも延期できないらしく 傘持参。

傘持って歩くなんて・・・。
傘 持つの うまくなくて いつも手が支えきれずに 横ざしになる。
それに 靴ぬれるのが 嫌いなさんぽ、
雨の日に靴はいて長く歩くなんて ほとんどしたことなくて ぬれた場合 裸足になっちゃう。
 

そして

雨のため コース変更。

リハーサルでがんばった 母さんのコース説明も ああむなしく。
観察させた場所にも いかず 意味なし・・・。 

さらに なんと 

ぴかっ ガラガラピッシャーン ごろごろごろごろ・・・・

うそっ  かっ かみなり

ああ よりにもよって 雷・・・。音と光の雷。
もうだめだ。刺激の許容範囲を超えたに違いない。

もう 母は さんぽの想像もできません。
いったいどうしているやら どう 刺激を取り込んでくるやら
パニックは仕方なくても 
せめて 多少なりとも「楽しかった」思い出一つ 刻んできてくれないかな。
いやあ・・・どう考えても 無理。
雷は無理でしょう。
大体 先生たちがパニックになって わやわやしているその雰囲気で
一般の子どもたちだって 混乱してるだろうに。

さすがに だんなからも「さんぽ 大丈夫だろうか!?」とメールが着ました。

3時 気が気でなく 早々に 迎えにいった私に 
さんぽは元気な顔で
「楽しかったよ。雷、怖かったけどキャーっていわなかったよ。」と一言。

先生は「特に困った行動は なかったですが・・・さんぽ君がどう感じたかはちょっとわかりません。」
そうでしょうそうでしょう。先生こそパニックだったでしょう。正直な気持ちだと思います。

さんぽは・・・ 
家に帰ってから 久しぶりに 動物のあるブロックを出してきて
(さんぽはいつもは 動物ブロック つかわないんです。顔のあるもの好きじゃないので。 )
動物園づくりに 没頭。

始まりました・・・・刺激が多かった日に行う 「刺激の整理」です。

見てきた動物を並べ 建物をつくり 誰に話すわけでもなく説明していく。
取り込んできた山ほどの刺激を ブロックに託して 整理する。
コースは とても詳しくて まるで 頭に地図があるようです。
「かっかと行ったときは 2つに別れた道を ツルの方にいったけれど 
遠足ではフラミンゴの方に行ったよ。」
というところを見ると、リハーサルで行ったのも 全く意味がなかったわけでもなさそうで ほっ

2時間もした頃 さんぽの 今日の遠足の整理は 一区切りしたようでした。

でも やっぱり 何だか変で 小さなことで ぐずぐず・・・。
倒れこむようにして寝て
超久しぶりに おねしょまで やっちゃいました。

ああ・・・さんぽ ちょっと刺激 多すぎたよね。
よくがんばったな。
おねしょしてもいいから ゆっくり ぐっすり 寝るんだよ。

当日 雨だったら・・・というのが 私の中に全くなかったのが バツですよね。 
リハーサルでの自信 自己満足にすぎなくて 今思うと あの時の私の笑顔は バカ面だ。
な~にやってんだか なあ。ごめんね さんぽ。

それにしても 憎いのは 
雨 それから 雷

あんたたち 許さないから!!

(いや 違うだろっ)

テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

コメント

こんにちは。遠足、さんぽくんお疲れ様だったのですね。

雨、許さない、、、分かるような気がします。
そして遠足のリハーサルも。
あたしは仕事柄、今でも「遠足」に行きます。
(最も今は「引率者」という立場でですが。)
遠足の引率の前は、行ったことある場所なら「脳内リハーサル」をして、、、この順番でここで遊ばせて、、、とかやるのですが。

先日そうやって脳内リハーサルして行ったにもかかわらず、いきなり小雨がぱらぱら、、、。
元々振りそうな天気だったから、他の先生の班は、行き先のメインのサイクリングとかに先に行って子どもを満足させていたけどあたしは応用が利かず「リハーサルどおり」だったのでどうでもいい場所で遊んだだけ、、、このまま帰ることになったら子どもに怒られる!どうしよう!と半ばパニック、、。結局、雨は小雨のままで、帰ることにはならずにすんでほっとしましたが。。。
だから、遠足で、雨は憎いです。
「脳内リハーサル」の中には「水遊び」もあって。「用意もしてきてるし、子どももやりたがってるし、ちょっとならいい」と思っていたら他の先生に「寒いからやめたほうがいいんじゃない?」って止められました(笑)
連れてってもらうのではなく、あたしが連れて歩くので、とことんリハーサルどおり、、(笑)

  • 2008/09/30(火) 13:03:13 |
  • URL |
  • とと #-
  • [ 編集]

ととさんへ
そっか~ととさんは、脳内リハーサルをするんですね。なるほどっ!すごいなあ!
それをすることで、自分自身でいつもと違う刺激への耐性をつくってるんですよね。
さんぽも、今は完全なリハーサルが必要だけれど、
いずれととさんのように脳内でリハーサルをすませることができるようになるのかな。
そうなったら、自分自身で刺激から身を守ることができるもんな・・・。
そこに行き着くまでに、どのくらい経験がいるのかなあ・・・。

ところで、ととさんの遠足も雨でしたか。
許せませんよね~雨。想定外のことがおきすぎると、パンクしちゃいますから。
ちなみに私は、結構そういう臨機応変には強くて、
教員時代、全く計画通りにことを進めないタイプでした。
逆に、計画以外のことを暴走して、止められることの方が多くて・・・(笑)。
うふふ、止められるという面では 「とことんリハーサル」のととさんと一緒ですけど。
でも、私が担当した発達障害グレーゾーンの子どもたちは、
さぞかし混乱していただろうなと思うと・・・
深く 懺悔です。

  • 2008/10/02(木) 00:58:56 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/143-d039cbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。