ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーマーチ

さんぽのアレルギーについて

今までの記事で アトピーについてふれることが あったのですが
さんぽは アレルギーもちです。

アトピーは 1歳前から 発症してて でもその頃は 湿疹なのか よくわからない程度。
よく基準にされる 耳切れもなく 手首足首と脇が かさつく感じでした。
かかりつけの病院はありますが 半年に一度程度で かゆがらないさんぽには 
もらった薬も あまり必要なく ずっとあまってました。
悪化したのは 保育園はいってから。
ぬり薬はかかせなくなったし かゆみ止めの飲み薬が必要なこともあるようになりました。 
「ストレスが免疫を低下させ アトピーを悪化させる」
そこの皮膚科でもらったアトピーの冊子に書かれていた言葉
「まさしくそうだ」と思うほど さんぽは ストレスの量とアトピーの悪化は比例していました。 

アトピー以外にも 鼻炎もあって すぐ鼓膜の状態が悪くなる。
一度 中耳炎になってからは よく耳の痛みを訴えるようになり
連れて行くのも 大変すぎる耳鼻科は できれば・・・いえいえ できる限り 
私も連れて行きたくないのですが 残念ながら 通わざるをえません。
今はつらくても 蓄膿になるのは(手術は負荷かかりすぎる!) なんとか避けたい と思っています。  

そのほかにも ジンマシンがよくでます。
本人も気づかないくらいポツポツのときやら 全身に広がるときやら いろいろ。
いまいち その原因ははっきりわからなかったのですが
これも 保育園に入ってから やや頻繁になりました。
原因を探りながら 
「同じジンマシン源があったとしても ストレスによる免疫低下時期に ひどくなりやすい。」 
という情報を見つけたときには やっぱり・・・と納得しました。

そして ついに最近になって 休耕田で友達と遊んでいる時に
喘息の発作?とも思えるような 乾いた咳が止まらない状態に・・・。
皮膚科でもらった アレルギーの薬を 飲ませたら 時間とともに落ち着いたのですが
何日もしないうちに 今度は スーパーの室内の遊び広場でも 同じ症状が。

ついに 喘息まで 発症してしまいました。

その時になって お友達から 
アトピーから喘息に・・・そして花粉症にと移行していく 
いわゆる アレルギーマーチについて 知りました。  
すぐに かかりつけの皮膚科に相談 アレルギー科にかかることを薦められ

そして・・・すぐに 喘息治療

アトピーからの移行は 3歳ごろから始まるそうで 症状の重さは 個人によって違うそうです。
そういわれても 何だか しっくりこなくて 
アトピーだって ひどくなかったさんぽが 
こんな副作用の強そうな喘息の薬を飲み続ける 必要あるのかな・・・
と 心の中で 思ってたりしました。

でも・・・この前の休日
室内に 遊具やマットが広がる 屋内施設に 入って3分で 突然 発作。
今まで何度も 行った事のある場所です。
さんぽが はげしく咳き込みながら パニックになっていくのがわかりました。
自ら過呼吸をし、涙を出し 「止まらない!咳が止まらないよ。」と叫ぶ。
喘息の症状は3回目 さんぽもあせったのでしょう。
だって 今まで良かった場所までもが さんぽに襲い掛かるなんて。

・・・・・ ショックでした。
さんぽも 私も


血液検査の結果は 相当たるもの。
ダニと イネ科の植物は 反応度が6段階中の6 数値は高すぎて出ないくらいでした。
他の植物も 反応度 4
季節を問わず 反応してしまうだろうとのことでした。

驚いたのは 食物までいくつか 4 があったこと。
今まで 知らずに過ぎていたのが ありえないくらいです。
幸い 数値は気になるけれど 今までの過程から 
食物制限まではしなくていいだろうということで ほっ。
大好きだった 布団遊びも 室内遊具施設での遊びも 制限されるのに
この上 もし食物まで 制限が必要になったら ・・・・
ストレスで さらに悪化しそうですからね。



それにしても・・・
感覚過敏がある上に この重いアレルギー

なんだか・・・・

どうにも こうにも この社会は さんぽに 生きにくいように できてる

そんなふうにさえ思えてしまう。

たった5歳なのに・・・。

少しでも ほんの少しでも 生きやすくしてあげたいのに


神様はちょっと意地悪だよ・・・な。


アレルギーとの闘いは 今 始まってしまったばかり
悪化しないよう 上手に付き合っていく方法を 探っていくほかなさそうです。


 

テーマ:アレルギー・アトピー - ジャンル:育児

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/11/13(木) 08:54:26 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/11/13(木) 09:01:09 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

なんだかショックですよね!
ウチの息子もアレルギー持ちです。
2歳半かその辺で一度血液検査をしました。
そのときは食物(鶏肉など)に反応しました。幸い数値が低かったので、食べさせ続けましたけど。おかげで今ではすっかり好物です^^;。
花粉症も幼稚園の時に。園庭でくしゅんくしゅんしてました。
小学生になってからは、引越し等もあり、アトピーが一気に加速。
幼稚園から始めたプールの塩素が追い討ちをかけて肌はすっかりガサガサに・・・。
 去年もう一度血液検査をしたら、さんぽくんと同じように数値を振り切るアレルゲンがたくさんe-263
ウチもダニ、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、ネコ・・・
年中花粉症ですね!と先生に同情されてしまいましたi-229
幼稚園から始めたプールのおかげか、今のところひどい喘息はないものの、
いつなってもおかしくないです。
 本当に子供達にとって苦痛(不機嫌)のモトがたくさんあって嫌になりますね・・・。

  • 2008/11/13(木) 20:27:24 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

アレルギーも大変ですが、喘息も辛いよね…
うちの次男坊はアトピー&喘息っ子で、もう何年間も飲み薬&ステロイド吸入が欠かせません。
過去2度入院しましたが、吸入器を購入してからは、発作か?っと思ったら家庭で吸入できるので、その後入院は1度もないです。
空気清浄機は欠かせないし、寝室のこまめな掃除、園では焼き芋会なども煙を吸ってはいけない…などなど制限もあって、可哀想ですよね。
うちの子もアレルギーで、タマゴ&牛乳を離乳食の時から除去してますが、年齢が上がるに連れて、軽減される事が多いようですが…
さんぽくん、4歳からの発症ですよね…心配ですね(涙)
私も、何年も喘息の薬飲んでるので、それってどうなの?って感じで心配は尽きません…
毎晩毎朝、全身にクリーム…酷いところにはステロイド…完全に薬漬け。
最近、アレルギー喘息を専門にしている病院へ転院したので、先生の指示を守って、少しでも早く薬から打破したいです…
skymamaも、心配は尽きないと思うけど、がんばろうね!

  • 2008/11/14(金) 20:06:06 |
  • URL |
  • ふぅ #-
  • [ 編集]

秘密コメントの方へ
わあ・・・!ありがとうございます。
そういう情報待ってました!ブログならではですね。
ヨーグルトを妊娠中に食べ続けると、子どもがアレルギー体質になりにくいと 
雑誌で読んだことがあります。きっとそのあたりが理由なんですね。
それを読んで ひだまりの時には、妊娠中、ヨーグルトを食べ続けました。
効果はまだわかりませんが、とりあえずさんぽがアトピーを発症した月齢はすぎても 
今のところひだまりにはアトピーの傾向がありません。

ヨーグルト おそるべし!!

ちょっと興味があるので さんぽにも試してみてもいいかな と思います。
情報 ありがとうございました!!

  • 2008/11/15(土) 00:19:08 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

リトルガルさんへ
息子さんも そうでしたか・・・。
ああ・・一緒ですね。 数値を振り切るほどのアレルゲン・・・くくぅv-406
小さな頃は 大きくなれば 良くなっていくかと思っていたのに そうじゃない。
さんぽのように5歳で喘息に移行してしまうこともあれば、
息子さんのように小学生でもまだまだ数値ふりきるほど大変なこともあるんですね。
ああ 長い道のり・・・考えるのもつらいっ。

プール 喘息にはいいっていいますよね。
息子さんには 効果があったのかもしれませんね。
さんぽもプール6月から通いだしましたが 喘息に強い体になってくれるといいなあ・・・。
少しでも ほんの少しでも 楽させてあげたいな。
たださえ 生きにくいんだろうになあ。

また、いい情報や 息子さんに効果あった話などありましたら教えてくだしゃい・・・。
  

  • 2008/11/15(土) 00:29:08 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

ふぅさんへ
そうなんです そうなんです。
医者にも 薬局でもいいにくいんだけれど そこが すごく気になりますよね。
ステロイド剤 副作用が騒がれているけど 使わざるを得ないし
喘息の薬だって 強そうだけど やっぱり飲ませざるを得ない。
こんな小さな体に 毎日飲んだりぬったり
・・・何か体に影響ないわけないよな、と悩みつつ どうしようもないんですよね、ホント。

次男君 喘息で入院もしたんですね。
食物制限や掃除の徹底も・・・ずっとふぅさんは続けてきたんだ・・・。
始まったばかりの私よりも ずっと長い間 次男君のアレルギーとたたかってきたんだなぁ。
喘息は5歳になって初心者のさんぽ 
今までなかった症状に、心配ばかりが先走ってしまいますが、
ふぅさんのがんばってきた道のりをきいて勇気がわいてきました。

できるかぎりの予防はして がんばっていこうと思います。
本当に 心配は尽きないけれど でも きっと楽になる日を信じて。
転院した病院が ふぅさんや次男君に合うところだと いいですね。   

  • 2008/11/15(土) 00:57:06 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

それにしても 本当に皆さんアレルギーで苦労されてるんですね。

うちも10年以上前、長男がアトピーで大変な思いしました。
生後6か月くらいから、かゆみとの闘いで、つきっきりで相手してました。(退屈するとかゆがる)
小児科医の無知にうんざりして、図書館で片っ端から本読んで勉強しました。
病院探して、血液検査自分から頼んで、結果は、小麦、卵、牛乳、アウトでした。
母乳だったので、2人で完全除去しました。
中途半端にアレルゲン減らすのはあまり効果なくて、一定期間完全に除去して、効果出てから少しずつ摂取する方が良いということだったので。
一か月ほどで、みるみる綺麗になっていきました。・・・なので、完全除去は短かい期間です。
食事療法は、年齢が低いほど効果が高いというので、早く治そうと必死でした。幸い、まだおいしいものの味を知らない時期に始めたので、比較的楽だったと思います。
2才くらいからは、普通に食べてました。(昔のことなので、記憶はあいまいです。)
それから、本でステロイドの怖さを知って、使いませんでした。

喘息の方ですが、長男は2才くらいから咳が多く、時々ぜーぜーいうこともありましたが、医者に行かなくてもいい程度で、小学校に上がってから、年に1.2回ひどい発作が出てます。(大抵、秋口に山で遊んだ後)
次男は、アトピーはなかったんですが鼻炎もちで、小学生になって急に、兄と一緒に発作を起こすようになりました。
私の兄が子どものころひどい喘息で、夜中に病院駆け込んで即入院というのがしょっちゅうだったので、我が子の発作を見ても、これくらいなら大丈夫かな と病院にも連れて行かず、自然に治まるのを待っています。(普通なら慌てて病院に駆け込むと思う)

そんな感じで、軽いゼーゼーは秋から冬にかけてしょっちゅうです。次男の方が今はひどく、マラソンのときも出てるらしいです。自然に治まるので、今だに病院にかかったことはありません。
正直言うと、以前かかった医者(複数)があまりに酷かったので、信用してないんです。薬の危険性など誰も説明してくれないし・・・。食事など生活指導までしてくれる医者ってほんと限られてるみたいです。(今は少しはましになってるのかな?)

最近身近でアトピーの重症の子(5才)がいて、ステロイドなしの治療をしてくれる医者に替えてから、見違えるようによくなっています。

脅かすようで申し訳ありませんが、
夫の友人(同級生、成人です)で、最近、ステロイド漬けで酷い目にあっている人もいますし、やっぱり気をつけた方がよいと思います。

で、今私が気を使っていること

添加物は極力避ける(免疫力低下させるものがたーくさんあります。いくつかの着色料は喘息発作の直接の要因となってます。スナック菓子の酸化した油もよくない)

野菜をたくさん、食事をバランスよく。

ヨーグルトがいいというのも最近知りました。(ヨーグルトに限らず、発酵食品がいいらしいですね。)毎日食べようと試みたけど続かず、今は乳酸菌飲料を常備してます。(ヤクルトの新商品で、乳酸菌が数十倍っていうのに惹かれたけど高いので、生協の「のむのむ」で妥協)
これは手軽なので、毎朝飲んでます。

長くなりましたが、参考までに。

  • 2008/11/16(日) 12:48:16 |
  • URL |
  • kakkan(skymamaさんへ) #-
  • [ 編集]

kakkanさんへ
丁寧なコメントありがとうございました。
たくさんの情報 すごく勉強になりました。
さんぽのアレルギーの闘いは、本当に今始まったばかり。
私自身、アレルギーを持っていないし、
今までさんぽのアレルギーもたいしたことないと決めてかかっていたため、
アレルギーというものがどういうものか、どう対応していくべきなのか、白の状態です。
kakkanさんのお話がとても参考になりました。
ステロイドのことも、その副作用の怖さは、何となく知っていますが、
医師や薬局から説明を受けたことはありません。
さんぽの場合、保育園に入ったぐらいから 明らかに悪化しています。
「この薬つけてていいのかな?」と首をかしげてる場合じゃないのかもしれません。
もっとちゃんと自分で情報を集めなくちゃなぁ・・・。

ストレスがすごく影響を与えているとはいえ、kakkanさんを見習って 
食事 もう一度見直そうかな。
 

  • 2008/11/19(水) 00:44:46 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/155-2858ab5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。