ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月の混乱 

お正月 終わりましたね~。
さんぽタイプの子どもにとって お正月の騒ぎって いろいろ身体にたまりまくりのようです。
日に日に 疲れが目立って、行動が変になっていくのがわかります。
その理由がわかるから・・・母親もちょっと 気疲れする行事です。

めったに会わない親戚の人
めったに言わないあいさつや親戚一同が集まるところでの礼儀
お正月しかしない だんなの実家でのお泊り
考えただけでも さんぽの 混乱と不安の連続の状態が 痛いほどわかります。

なまじ、さんぽみたいに、親戚には障害を告げてない場合
こちらも、正月だけなら・・・とちょっと期待して がんばらせてしまったりして
さんぽもそれに応えようと 一生懸命ハ ゚ニックを抑えようとしたりして
キャパをこえたモードでのストレスが 積もり積もっていく
ちょっとつらかったね この4日間。

本当は、今日は家族でのんびり公園に行って過ごす予定だったんだけどね・・・。
年賀状で懐かしくなった山友達から 急に昨日 家族同士で会おうという話が出て。
やばいよなあ・・・さんぽはすでに限界だよな・・・と思いつつ
でも、こんな機会を逃すと、再び会えるのは何年後になるかな・・と思うと断わることもできなくて
親の都合で、予定を変更に。
さんぽに無理をさせる日程を 大人の都合で選んでしまいました。

急ではありましたが、対さんぽ用の、最低の対策は練りました。 
「見通しと約束ごと」

会う家族の写真で、顔や場所をチェック
何をするのか 何をしたらおしまいなのかを 順序だてて説明
出てきた料理で苦手なものがあっても「まずい」「きらい」ではなく「お母さん食べて」と言うこと
嫌になったら「つまらない」「帰りたい」ではなく「疲れたよ」と言うことの約束
大人の人の言ってることがわからなかったら、母さんにもう一度きくこと
そして 元気でさよならできたら、ご褒美に帰り道でアイスクリームを食べようということ

さんぽは、納得して、アイテムのアイスクリームを楽しみにしていました。
いい笑顔であいさつ 礼儀も約束事も守っていました。
でも、大人は久しぶりの仲間との時間が楽しくて、予定外に宴会状態に・・・。
パパには早めに退散することを確認しておいたけれど なかなかそれもできあがると 難しくて
予定通りにことは進まなくなってしまいました。

知らないお友達と 上手に見計らって遊ぶのは さんぽの苦手なこと。
(見かけ的には、上手に遊んでいるように見えるんですけどね。)
ゲームは 負けるのが怖いし ブロックでは つくったものをけなされても言い返せない
笑顔は凍りついていて 会話はテンション高すぎて 明らかに異様でした。
それでも、「何でも受容」状態をキープしてがんばるさんぽ。
どんな状態なのか わかってあげられるのは 私だけ・・・・。 

そして ぎりぎり状態だったさんぽにきっかけが・・・
夕食で出てきた料理を 落としてしまったのです
大人が騒ぎ 荒声がとぶ  

待っていたかのように さんぽの自閉スイッチがON 
パニック・・・・。

仕方ないよね。大人の都合で 振り回してしまったんだから。
ごめんね。
見てる私も つらかった。
さんぽの気持ち 全部わかっていたのに もう少しもう少しがんばってと思うしかできなかった
そう・・・お正月始まってから ずっと
ずっと 私はわかっていた・・・・でも、どうにもできなくて無理をさせ続けた。

その場は、泣きわめくさんぽをなだめながら 外に連れ出し 場所を変えて 夜の散歩

きれいな半月 オリオン座の星 夜のひっそりした公園 静かに変わる信号

凍える風の中で 歌い 行き交う車のライトを楽しんで 気持ちを切りかえさせました。
それだけで とりあえず顔だけでも笑顔に戻れるようになったのだって まだ最近のこと

さんぽは さんぽの歩みがある 

最後の踏ん張りで気持ちを切りかえて 
宴会の最後まで いることができ 笑顔でみなさんとさよならしたさんぽだけど
ご褒美のアイスクリームは 冷たいだけで本当に心は味わえなかっただろうな・・・。

ごめんね、さんぽ。
明日は かっかとひだまりと のんびり過ごそうね。
冬の公園を あなたの自由に 思うままに

お正月はやっと終わりです・・・・。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

仕方のないこと

お正月はやっぱり大変だよね。
ウチも昔は結構がんばらせていたから、うんうん。とうなづいてしまいました。
今はお正月は私の実家にしか行かないんだけど、小さい頃はパパの実家にも行っていて、
しかも、おおよそ子供連れでは行かないような場所も多くて、結構親子ともども神経質にそしていつも疲れていました。
子供のペースで物事を進めていければ、楽しめるんでしょうが、そうは問屋がおろさない(笑)
仕方がないと踏ん張ってがんばるしかないんですよね。
でもその分、日常がなんて心地良くて、なんて落ち着いていられるところなんだろうと実感することが出来るから、いつもの生活がとてもいとおしくなりませんか?(私だけかしら!!)
でも二人とも十分すぎるほど頑張ったからえらいわ。それに、大人にだって息抜きや楽しみは必要だから・・・。さんぽ君はソレを感じ取っていたのかも。としたら、なでなでしてあげたいわっ。気持ちだけでも・・・笑。

  • 2009/01/05(月) 07:58:57 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ
子どもって、何でもわかってるよなあ~と思うときってありますね。
大人の表情や、言葉から幼心に感じ取ってる。
何か行事があると、リトルガルさんの言うように、
さんぽが、無駄に気を遣うことなく普通にいられる日常のすばらしさを実感します。
お正月、さんぽ、がんばったでしょっ。
よかったら、PCの向こうで、いっぱいなぜなぜしてやってください。
私だけでは足らないので・・・。

さんぽは2日間、公園で誰に気を遣うことなく、自由にさんざん遊んで、
荒れ荒れになった心も、随分滑らかになったかなと思います。
でも、今日から・・・園。
しぶしぶスタートしたさんぽ、すでに朝から、
緊張した顔でお友達のやりとりを探っている感じがしました。
ちょいしばらくケアが要りそうだなあ。

  • 2009/01/07(水) 14:49:21 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/165-e64c068c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。