ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学準備とポーテージ2

この記事 ちょっと先延ばしにしていました。
何か、もっと早く記事にしたいことがでてきて・・・。
内容としては、少し前にかいたものですが、前記事で「続きます」とかいたからには
続き出してないのは中途半端な気がするので、出しときます~!

前の記事はこちら→就学準備とポーテージ



ポーテージで発達経過表を作成し さんぽの今の発達段階を知ると
こっちが働きかけていく活動の 優先順位がわかりました。

「家庭療育」というと大げさな感じがしますが、これから、どんな面を中心に働きかけていくか。
親として 少し意識することで、今 伸びようとする芽に水をかけてあげることができる気がします。

この表を作成したのが1月
すでに2月の今の時点で クリアした課題がいくつかあります。
クリアした課題のほとんどは、とくに働きかけをおこなったわけでもなく
自然にできるようになりました。
例えば・・・はさみで直線をきることや 裏返った衣服を元に戻すこと お金の区別をつけることなど
でも、「三角形をかく」「円をはさみできる」などは こちらがちょっと意識して、
活動のきっかけをつくって できるようになりました。

基本は 「さんぽの持つ芽を 待つ」 

でも、さんぽの芽がなかなかでにくいところは、
時期がきたら、
少し土を掘ってやったり 水を多めにかけたりして、
こちらから 発芽のきっかけを つくってあげる

私の思う 「家庭療育」ってそんな感じ・・・です。


それをふまえて さんぽのこの1年の療育課題を考えてみました。

身辺自立
① 生活行動を言われなくても自分で行う。・・・鼻をかむ、髪をとく、歯を磨く、ゴミの片付け 朝のし                             たく
② 家事を受け持ち手伝いをする・・・食器をさげる、洗濯ものをたたむ、窓を拭く、本の整頓する
③ 手首を使った生活技能をみにつける・・・雑巾をしぼる、ひもを結ぶ、ほうきではく かさをさして歩く

運動
① 微細運動・・・はさみを自在に使う、小さな字をかく、のり・セロテープを自在に使う
② ボール運動・・・ボールをつく、片手でとる、走りながら拾う
③ 手と足の協応・・・ぶらんこを立ってこぐ、縄跳び、鉄棒、補助輪なしで自転車(本人の希望) 
④ 歩く・・・雨・風・暑さ・寒さにも慣れて歩く、交通安全に気をつけて歩く

学習
① 言語・・・電話番号、住所を言う、五十音を言う、カタカナを読む
② 机上処理・・・学習で使うものの処理(使い方・片付け方)、姿勢、消しゴムの使い方
③ 進め方・・・家庭学習の習慣づけ、宿題、プリント学習

プログラムの根底に 「1年生になって、学校で初めてする」ということを 
経験によって 極力少なくしたいということがあります。
心臓ドッキンタイプの さんぽにとって 「初めてのこと」が 何よりも恐怖ですから。
学校という 新しい環境の中で いっぱいいっぱいになるはずのさんぽが
「あ、これやったことがある」という自信で カバーできるように。


学校生活もどきを 1年かけて ゆっくりと 経験させていきたい。


来年度は、何かにつけて、さんぽと一緒に 学校に出向いてみようと思います。
学校開放とか 行事の公開とか プール開放とか。
場所なれ 通学路なれ ・・・さんぽには重要ポイントです。

そして、学習教室での授業経験が必需かな。
公文?七田式?学研? パンフレットはたくさん集めましたが 
まだ・・・決めてないんですけどね。
学習能力向上が前面に出たものではなく、
「就学準備」に重きをおいている形の教室を 探しています。



ふぅ~
記事にしてみて あれこれ頭の中でめぐっていたものが ちょっと整理されました。

よし、来年度4月から・・・がんばるぞ!
・・・・と言うのもよくないっ。
4月の環境の変化は 一時的にさんぽに 過剰なストレスと成長の停滞をもたらすので
4月から始めるというのは、最悪の設定です。
できれば、明日からでも、できる課題から 始めていきたいと思います。

えっ!なになに? 明日からの課題は何って?

そうですね・・・・時期的に
「言われなくても 自分で鼻をかむ」

ええっ!そうなの・・・・・なあんだ ぷぷっ・・・・・ぷぷって笑ったのは誰?

さんぽ、アレルギー持ちで、大量に鼻が出るのに、吸うだけで自分で鼻をかもうとしないのです。
くしゃみのときなんか、ぶっとい鼻水を二本、垂らしたまま「かっか、かっか」と・・・
触覚の過敏のせいなのかなあ~とにらんでいますが・・・。
しかも習慣として、ティッシュをポケットに入れると、んもう~気になって仕方ないようで
ずっとポケットに気が入ってしまうので、やめやめ。保育園では無理!
結構、重大な課題なんですよお。

「自分で鼻をかむ」ってポーテージの課題では、結構、年齢的に下のほうにあってびっくりしました。
そしたら、1歳半のひだまりが、
鼻が出ると自分でティッシュをとりにいってかむ(拭くに近いけど)ようになって、さらにびっくり。
1歳でできるようになるものだったんだ・・・。
さんぽたちの能力の偏り、親でもきがつかないこういうことって、結構ありますよね。

先生たちには、そういうことがわからないんだろうな。→これは愚痴、聞き流して!

どうやって・・・自分で鼻かむようにするか
思案中です~。
いいアイデア募集中~

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

いただき!!

療育課題!すてき!!
みてたら うちの息子が出来ないもので、気づいてないものも(忘れてたとも言う)
ちょっとメモメモ!
そういえばウチも通学路の慣れのためのお散歩良くしました。引越しとかと重なっちゃったから、なるべく負担を少なくするために、比較的わかりやすい場所にある家を探したっけなぁ。
その甲斐あって、今は一人で行き帰りしてくれてます。結構助かる!!

あっ。そうそう。うちの息子。いまだに鼻かめませんe-263。出ている鼻は拭けるんだけど、かめない。
なんだか難しいみたい。でもそろそろ、自分でやってほしいなぁ。

  • 2009/02/24(火) 22:08:03 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

どうぞ、いただいちゃってください。v-218
そうなんです。私もポーテージの表を見て、改めて、偏りってここなんだ!
と気づいたことがいくつかあります。
ちょっと知っておくだけで、生活の中でちょっと意識するだけでも、違ってきそうだなと思ってます。

ところで、息子さんも「鼻をかむ」のって課題っすか。
そっかあ「自分で鼻をかむ」って、やっぱり難しいんですね。
ひだまりが、さっさとやっちゃいだしたので、
さんぽも早めにできるようになるかな・・・と安易に思ったのですが、そうでもないかもなあ。
ティッシュを顔へ・・・っていう触覚的な嫌悪感ものもあるし、
片方の鼻を指でおさえる・・・っていう指の機能もかかわってくるしなあ。
う~ん、こっこれは・・・・時間かかるかも。
覚悟しよっi-229
 

  • 2009/02/25(水) 02:56:08 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/179-1b2f6234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。