ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学に向けて・・・学習教室探し

前回の記事にしましたが
さんぽの、就学準備としての学習教室をさがしていたところ
LDやADDの子どもも受け入れ、子どもの個人の特性に合わせた学習習得をめざす教室を見つけました。

電話で素敵な言葉に、ほろっ。(前回の記事読んでください。)

私の希望した、「1ヶ月に一度」の受講は難しいけれど、
子どもを実際見て、どういう形で支援できるか、考えてみてくれるということで行って来ました。

先生の話し方、説明のしかた、内容、にじみでる人間性、雰囲気・・・
直感的に「う~ん、いい。すごくいい。」と思いました。

私の記事には、何度も出てきますが、さんぽにかかわる出会いって、
初めてでも 直感的にきらっとするものが多いのです。
さんぽは生まれながらそういう出会いを吸い寄せる力がある・・・ホント信じちゃってます、私。
(ひだまりの方は、そういう出会いになかなかならないんですけど。)

さんぽには「お話病院(病院の定期診察のこと)みたいなところにいくよ。
さんぽはどんなお勉強の準備をすればいいか、教えてくれるところだよ。」と告げましたが、
案の定、行く前は、緊張でガチガチ。「いきたくない、嫌だ。」と拒否していました。

そんな感じで、教室に入るなり、表情が固まり視線が泳ぐさんぽにも、先生は手慣れた対応。
さんぽですら、あっという間に打ち解け、そのうち満面の笑みの表情になりました。

先生は、さんぽの遊んだり課題に取り組んだりする様子をみながら、
次々と学習面の特徴と今後の課題について、話していきます。

(できている点)
・緊張した場でも、落ち着いて指示に従い、課題を最後まで取り組むことができる。
・受け答えは確実で、指示の意味を理解している。
・像の全体をとらえていて、ひらがな・カタカナを読むことができる。
・認知面では、字を書ける段階にきている。
・数の概念もできている。

(課題となる点)
・かく時に、どういう方向にたどっていけばいいかは認知できているが、
そこへどのように筆先を持っていくかに戸惑う。手首の持ってき方と筆の痕跡との関係がつかめていない。
・字の縦方向に目が行きやすい。横線を、左右の方向からかく練習から、始めるといい。文字自体は、そういう手首の動かし方が自在になってから練習し始めた方がよい。
・今の段階では、点への注意力がない。注意力をつける練習を行うことで、漢字の細かいところに目がいくようになる。
・失敗や間違いに関して不安を感じるタイプなので、ものすごく簡単な課題から次々とクリアしていく形をとり、自信をつけさせることが先決。

それらをふまえた上で、年齢的な遅れは感じられず、あせって学習する必要はない。
進級が待ち構えるこれからに家から遠いこの教室に通う負担の方が気になる。
保育園から持ち帰ったストレスを処理し、心を安定させる場としての、家での時間の方が重要。
特に、環境の変わる頃に教室に通うことを思うと、子どもにとっても、お母さんにとっても負担が多すぎ。
もう少し、通うのは待ってみてもよいのではないか、という答えをいただきました。

全くもって・・・・納得できる話で・・・・。


時々、この教室が行事的に行う、平日外の郊外学習的なものに、
さんぽの心に負担がなかったら、親子で参加し、教室への参加を慣らしていく。
点結びや横線プリントなどの練習は、家で行える程度に意識して行い、
様子をみて、夏ごろ、教室での学習をするか、考える機会をつくるということで、終了しました。


ある面では、私の考えていた、「学校の模擬体験を経験しておく」という目的と
ここの教室の進め方は違ったように思います。
「プリントにとりくむ」「鉛筆・消しゴムを使う」「こくご・さんすうという授業で何をするのか見通しをたてる」・・・そういう経験であれば、
家から近くて、流れが単純、みんな一緒の一斉授業形態の学習教室で十分なのかもしれません。

でも、ここでは、そうではなく、さんぽの学習能力の面から、丁寧に、発達状況と特徴をみていただきました。
学習においても、さんぽの心の安定をはかる時間と天秤して・・・という考えも
とても勉強になりました。


さんぽも、今日は、できたことをたくさんほめてもらって、上機嫌。
帰り際「楽しかったな。ここなら、また来たいな。」なんて言ってる。
私も、さんぽがほめられてうれしそうな姿を見るのは、なんだかこそばゆいような感じだし、
これから・・・学校で学習につまずいても、ここがさんぽを救ってくれるかも・・・
そういう光のあたる場を確保できた、喜びもこみあがってくる。

二人、鼻歌を歌いながらの帰り道でした・・・・



21日には、さんぽの病院において、4年弱ぶりのさんぽの発達検査が予定されています。
検査の後、信頼おける女医さんから助言をいただいて、
来年度のさんぽの具体的な学習面での就学準備をどうしていくか決定しようと思います。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

こんな先生私も欲しい!!
といってもモノじゃ~ありませんが・・・。
家に連れて帰りた~~い。(それは犯罪です!!)
いいなぁ~~。子供の傾向と対策(笑)ウチも教えて欲しいわ~~。
さんぽくんの居場所が増えてよかったね♪
母も拠り所が出来て良かったね。
あぁ~~。いいこと尽くしだわっ。
大事なのは場所の距離じゃなくて、寄り添う距離だよね~~。

  • 2009/03/09(月) 00:56:05 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

直感ってありますよね。
電話での応対から、想像してた先生が、扉を開いて顔を見たとき、ぴったりと合わさって、
まだ話をしていないうちから、人としてのいいオーラをバンバン感じるみたいな。
まさしくそんな感じで。
ホント、家の近くまでつれて帰りたいと思いました。
場所だけがなあ・・・。
でも、大事なのは場所の距離じゃなくて、寄り添う距離か・・・。
リトルガルさん、いいこというなあ~。

  • 2009/03/10(火) 23:46:23 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/184-19c500ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。