ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5歳6ヶ月通院記録ー就学準備その1

更新が遅れました。
アクセス数を見ると、毎日40人ほどの方が、のぞいていらしてて、早く情報を知りたい方もいるんだろうなあと改めて思いました。
思わせぶりな記事をかいておいて、更新遅れは、失礼ですよね。ごめんなさい。

さんぽの担当女医さんは、発達障害専門の方で、多くの発達障害児を診ています。
本こそありませんが、その説明はとてもわかりやすく、「ほえ~~~そうなのかあ~~」と
ただただ頷くばかり・・・その日の情報は、頭からあふれそうな勢いです。
ただ忙しい方なので、診察は年に1回・・・。1年分なんですけどね・・・・。

よかったら、過去の通院記録(カテゴリーで)もご覧になってください。
参考になることがあるかもしれません。

今回、聞いておきたかったこと・・・・1つ目「就学準備」
なにをどうして、準備していけばいいか、あせってばかりいてもやもやで、
一度ちゃんと整理したいと思っていました。

医師からは、田中ビネー式知能検査の結果から、普通学級であることを想定した上で
さんぽの場合の、就学準備のポイントがあげられました。

①学校で行われる生活習慣についての体験をしておくことと、
その中で苦手とされる活動を練習しておくこと。

②かくことに慣れておく。

③学校に確実に伝えるべき内容。



①生活習慣の体験
さんぽは、医師が診てきたなかでも、不安や恐怖への度合いが高いタイプだそうです。
そして、「できない」「知らない」ことが、自閉的なスイッチを入れる引き金になる。
スイッチが入ると、「指示の一部の単語に、ひっかかって全体が理解できなく」なったり、
「自分自身で不安を高めすぎ、シャットアウト状態(視覚遊びをする)」になったりする。
余計に、学校生活が身につかなくなる・・・・悪循環です。

そのため、不安度が高まらないようにすることが、第一に考えるようにしたい。
それには、学校生活特有の生活習慣を経験しておくことが、何よりも必要になります。

医師が言うには、「お母さんが元教員で、とてもラッキーだ。学校特有の生活技能が何かわかるから。」と言います。
そうか・・・そこで、私の過去が生きるのね!!

早速、学校生活の一日を、そしてそこで必要な生活技能を、整理してみたいと思います。

通学  ・通学路を覚える ・交通安全
     ・ランドセルを背負って歩く ・ランドセルを背負い、荷物を下げて歩く 
     ・傘をさして歩く ・傘の開け閉め(突然の雨で、学校で傘を借りるときは手動)・雨の日(水溜りなどで
     の迷惑をかけない)の歩き方 
     ・集合時間に間に合うように起き用意する・集合場所でみなが集まるまで待つ 
     ・お友達の歩調に合わせる

教室  ・持ち物を所定の場所に置く ・机上、机中、お道具箱の整理の仕方 
     ・ふでばこの開け閉めやそれを行うタイミング、中身の整理の仕方 ・ノートを順番に使う 
     ・座る時の姿勢や学習道具の位置 ・下敷き、消しゴムの使い方 
     ・プリント学習の仕方 ・後ろの子に紙をまわす方法 ・チャイムの合図

休憩時間 ・ハンカチの使い方 ・携帯ティッシュの使い方 
       ・教室で過ごす休み時間と、外で過ごす時間との区別や過ごし方 ・防寒着の処理

給食    ・白衣の着脱 ・牛乳ビンのふたの開け方 ・個人的に出たゴミの処理 ・ナフキンの出し入れ
       ・食事中のマナー ・オタマやフライ返し、料理つかみの使い方
       ・デザートのふたの開け方 ・食器の後片付けの仕方

掃除    ・ほうき、ちりとりの使い方、しまい方 ・雑巾の絞り方、乾し方
       ・雑巾がけの仕方、窓の拭き方 ・ カーテン開け閉め ・掃除をする習慣

その他  ・連絡帳のかき方 ・連絡プリントを親に渡す習慣
      ・家庭学習の習慣 ・家に帰ってきてからの持ち物の整理 ・ランドセル内の整頓
      ・次の日の用意の習慣 ・曜日ごとの日程の違いの習慣

などなど、ざっと思いつきで こんなところで?
え?あれとこれは、学校で教えてくれるんじゃないの?って。
勿論!!学校で教えてくれることもあるし、すでに園で獲得している技能もあると思います。
それから、学校生活において、徐々に獲得していくものも。
健常児ならば、それで、少しずつ技能を身につけていきます。
けれど、できない・知らない不安でいっぱいのさんぽを思うと、最初でつまづくと後まで響きそうです。
しかも、普通学級の場合、個人的な生活技能に関しては、指導がはいらないもの。
整理整頓やきまりに関しての指導は、全体においてのみ。後は自分で考えなさい・・的な。
できなかったら・・・?全体から遅れてペースを乱す場合は、気づいてもらえるでしょう。
・・・でも、「注意される」のが、はじめの指導かも。
そう思うと、医師の言う通り、一つでも多く経験させておくことが、何よりも不安や恐怖から救ってあげられる方法であるきがします。
(特別支援学級であれば、生活技能の面の配慮は、確実にあります。)

学習教室に通うことで、経験度はかなりUPします。
そして、残りは、家で、この1年、少し意識して経験させておく。
特に 「通学」は先生がつかないのでネックになると、「親の会」で教えてもらいました。

特別支援学級であればここまでしなくても・・・という想いもないわけではありません。
でも、さんぽの大好きなお友達が通う、さんぽの地域の学校には、特別支援学級はない。
地域的な理解の遅れから、介助員や補助も期待できません。
でも、さんぽは、さんぽを温かく見守ってくれたこの地域で、通わせたい。

学校へ、配慮のお願いは、何度も重ねてしていくつもりです。
でも、家でできることはしていこう。その上で、適切な配慮を、確実に伝えていこう。
そう思っています。

長くなったので続きます。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

こうしてみると結構いろいろなことに初体験なんだね~~。
うちの息子、かなりすっ飛ばしてるなぁ(笑)
さすが元先生、親のわからないところまでフォローできてる!!
さすがにその教室でやることの指導は家庭では出来るできない。が出てきそうだけど・・・。
親がその辺を認識する、しないで、これも違うと思う。
ウチも最初は普通学級だったから、やっぱり今の支援級とは違って、細かいフォローは少なかったかな。というか結構合ったのかもしれないが、そのペースが速くてなかなかついていくのが大変だったのかも。
生活習慣は、1年生のときは比較的先生が丁寧に教えてくれるから、取っ掛かりが何とかクリアーできれば、本人の精神的な苦労(負担)は大分へるような気がするなぁ~~。
でもこれは、どんな部分に障害の特質が出ているかにもよるけどね!一番躓きやすいところでもあるから。何らかの形で触れさせるのは有効な対策だよね!!
やっぱり、最初が肝心!!

そうそうウチは良くわからなかったので、
通学の道順。信号の無い横断歩道の渡り方。
を重点的にやりました。
あと、今は雑巾がきちんと絞れる子供が少ないとか、これがきちんと出来てると、もしかしたら自信がついて良かったかなぁとか思います。あくまでも個人的にですが・・・。




  • 2009/03/27(金) 11:48:17 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

参考になります

以前まだ診断がつく前の不安定な状態の時、おじゃまさせていただいた者です。
あれからアスペルガーの診断を受け、ココも時々ROMらせてもらってます。
今回の記事も参考になりました。
息子はまだ就学までに間があるので、
これを見て少しずつやれることを増やしておきたいと思います。
またおじゃまさせてくださいね。

  • 2009/03/27(金) 17:14:18 |
  • URL |
  • runrunzizi #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

さすがっ!!大先輩!!コメントすごく参考になります。
通学って結構ポイントたくさんありますよね。
結局は、周りを見て状況をつかむってことが苦手だから、
自分の慣習に従って、勝手に(見える)行動してしまいそうで。
「信号のない横断歩道」なんて、重点科目だな・・・メモメモ。

「雑巾絞り」は、本当にできない子多いんですよ。
家でやる機会が減った上、少しコツがいるもんですから。
1年生の先生としては、できない~っと泣きついてくる子に教えてあげるのがやっと。
掃除タイムは20分くらいだから、できない子全員に教えるほどの時間もない。
雑巾絞りができるようにしてあったことは、リトルガルさんの息子さんの自信になっていただろうな。よし、さんぽも・・・・メモメモ。

そう最初が肝心なんですよね。うちのさんぽは特に。
「心臓ドッキン」スイッチが次々押されると、学校での精神状態がパンクしちゃう。
一つや二つスイッチが入ることは覚悟の上ですが、
どれもこれもやったことがなくて連続スイッチになることだけは、避けたいなと思っています。

また、リトルガル先輩の、「これも、ポイントかも」っていうのがあったら、是非コメントください。

  • 2009/03/29(日) 05:54:19 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

runrunziziさんへ

こんにちは、覚えています。どうしているかなあ・・・ってどこか心の片隅に、ずっと気になっていました。
runrunziziさんに 再び出会えてよかった・・・。前に歩き出している、そのことを知って、私の新たな力になりました。先はいつだって見えなくて不安だけれど、こうやって共に悩み合えるママたちと、出会い励ましあって進む、そうやって足取りが強くなれたんだなあと改めて思います。
 ブログにも時折きていただいてたんですね。よかったら、参考になることは全部、盗んでいって下さいね。私も、いろいろな先輩方のブログを見ながら、自分の進む道を探してきましたから。runrunziziさんの、そして息子さんの、一つでも何かの力になれたら幸いです。

コメントうれしかったです。ありがとうございました。
またよかったら、お話しに来てください。

  • 2009/03/29(日) 06:16:08 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/194-5c5a5446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。