ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽの生い立ち~生まれる前~

さんぽが 私のおなかにやってくる前 私は教員をしていました。
私にとって 教員は 天職だと思っていました。
毎日が、楽しくて仕方なかった・・・。

担任する子どもの 一人ひとりが 好きで好きで、
夏休みも 冬休みも いらないと 毎回思いました。
そんな自分 学校での子どもと 接してる限り
家族としての 子どもがほしいとは 特に強く思いませんでした。
避妊していたわけでもないけど
夢中で 仕事をしているうちに いつの間にか
結婚して7年。
              あっという間でした。

でも 教員11年目にして 中学へ異動。
そろそろ 年齢的に子どもをつくるなら 真剣に考えなくては という気持ちもあって
「来年度は、1年生と6年生の担任ははずしてください」
とお願いした矢先の  異動でした。
なんと 異動が決まった時点で すでにお腹に赤ちゃんがいました。
私は 異動のことで 頭がいっぱいで 気がつきませんでした。
   結果・・・流産・・・・。
移動先の中学は 合唱祭に力を入れている学校で 音楽教師は多忙でした。
 幹部の方に 流産の話をしたとき ほっとしているのが 見てわかりました。  

その時初めて思ったのです。

「私 何やってるんだろう。
  自分のやりたいことばかりしてきて
    そんなにのめりこんでいた仕事も、幹部には ただの駒。
こんな歳になって、家族のことも省みないまま 流産して・・・。」
さらに追い討ちをかけるように
そこの中学の音楽教師は 毎日が忍耐の連続。
ストレスはみるみるうちにたまっていきました。

「このまま中学の音楽教師を続けていると、
    毎日が楽しくないのに 歳をとって子どもも産めなくなる
      それで 私は 後で後悔しないのか?」
教師をして11年
やめる決心したのが11月の合唱祭が終わった日。

そして、11月末には、さんぽがおなかに宿ったのでした。
教師をやって11年目。
      本当に自分の子どもがほしい、と思った、だから・・・。
       打ち込んできた仕事もやめようと決心した、だから・・・

         さんぽは、私のところにきた。
                   
今はそう思います

私の性格上、仕事と育児と 2つこなすのは無理でした。
神様は、私をよく知ってたようです。

やめようと決めたら、肩の力がすう~っとぬけて
そこからやっと、中学での教師の仕事が 何だか不思議と 楽しくなりました。

教師生活最後の授業が終わった時、そのクラスの生徒が全員で
      「先生、今まで楽しい授業をありがとうございました!」  なんて(:>_<:)
生徒には、やめることは 勿論話していなかったので、ただの偶然。
でも 私にとって 忘れのできない素敵な思い出に なりました。
 涙のひとつぐらい 出るかと思ったのですが、
なぜか とてもさわやかで
    晴れ晴れとした気持ちでした。

それは、きっと、私の中に 命が芽生えていたから。
何か、はっきりとはわからないけれど、
     素敵な未来が待っているように感じていたから。
仕事・・・そこに11年間の全ての時間を費やしてきた
       「やめる」ということは 私にとって 費やしてきた時間が過去になるということ。
仕事をやめる
   そんな 大きなことを 意図も簡単に 明るいものに塗り替えてくれた
          まだ芽生えたばかりの小さな鼓動。



さんぽは、生まれる前から、親孝行なやつでした。

さんぽの生い立ち~診断前(1歳6ヶ月)~

につづく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/2-b478c324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。