ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5歳6ヶ月通院記録ーキレる・・かかわってほしくない時

春は何だか忙しいですね。気候がいいもんで 花見やら散歩やら外遊びやら・・・(どこが忙しいんじゃ)。
やっと通院記録 続きです。
早くかかなきゃな・・・終わらせたいわ~。

3つめの課題:パニックが泣き崩れることからキレることに変わってきている・・・その対応。

さんぽのパニックは、幼い頃から、泣きわめく・・・という形でした。
ただもう、わあわあと泣き続け、動くこともできない。
こちらが何を言おうと全く耳に入らず、微動だせず、狂ったように大声でえんえんと泣き続ける。
言葉も動きも出ないほど 混乱していると思うと、親としてはやるせなくて、
でも、その長さに、結構・・・途方にくれます。

それが・・・最近になってだんだん形が変わってきました。

泣く・・・という行為に、言葉での表現が加わるようになったのです。

それまでは、わあわあ声をあげて泣く姿を見ながら 私がさんぽの気持ちを想像していました。
「ぼく、どうしたらいいかわからないよ~。怖いんだよ~いやなんだよ~。」
おそらく、こんな気持ちだろうと思ってました。
そう思って、さんぽの味わった恐怖を考えると、かわいそうだったし見てるのもつらかった。

でも、実際 想いを表現できるようになったさんぽが パニック時、泣きながら発する言葉は 
想像と違っていました。

「ばかー、最悪だ、あっちいけ、こっち見るな、触るな、やめろ、うっとおしい」
「お前らが悪いんだ、かっかのせいだ、ひだまりなんかどっかいけ!」
「オレばっかりおこるんだ オレが悪いんだね、あっそうですか。」

どこから覚えてきたのか、5歳児とは思えない、暴言のあらし・・・。
保育園やテレビで知った、あれゆる攻撃の言葉を、全部使う。
パニックになった原因によっては、ただの逆ギレとしか思えない。

こんなふうになるきっかけは、さんぽの街が移動していたとか、キャッチボールが何度も失敗したとか
本当に些細なことだったりする。
さんぽがそういう状態になるストレスが奥の原因だとしても、
直接のきっかけは何でもないことなのに、キレて あらんばかりの声で暴言を叫びながら、ほえるようになき続けるわが子を見ていると
もう 私に、カーっと頭に血がのぼる

耳ざわりな暴言をききながら、私のとる態度は、たいてい「無視」です。
いわゆる、「してはいけない行動への罰」です。
でも、エスカレートするあまりの暴言に、そりゃあもう、我慢しきれず一言言いたくなります。

「ねえ、さんぽ。嫌だったのはわかるけど、かっかもひだまりも、何もしてないよ。
さんぽの街が少し壊れているのは、窓からの風でとんだからだよ。なのに、ばかっていうの。
お母さん、すごく嫌だよ。」
実に当たり前のことを、高まるわが気持ちをおさえ、声を荒げず言いますが、
それを言ったからといって、何か伝わって次から暴言が減ったとかいう効果もない・・・。

でも、このまま無視して、暴言を言わせといていいものか、これがエスカレートしてかないか
何となく、思春期の中学生の荒れた姿がダブってしまって、親として不安になります。

最近の私の大きな不安です。

それに対する、医師の話。

「お母さん、どうなの?ただただ泣くしか手段のなかったさんぽ君が 言葉で言えることってどう思う?」

ええっ!・・・ああ・・・そうか、あの暴言は、負の気持ちを言葉で表現できるようになったとも言えるのか。
さんぽにとっては、少しは楽になったのかもしれないんだ・・・。

でも、先生、ただ泣いているだけの時は、つらいんだなと心から共感できたのですが、あの言葉をきいていると、さんぽの気持ちに共感ができなくて私がイライラしてしまうんです。

「暴言って、どんな言葉いってる?かまってくれるな、一人にしてくれという内容のものじゃない? 」

暴言・・・・・触るな、あっちにいけ、こっち見るな・・・・ホントだ。

「そういうパニックのとき、さんぽくんは、今は自分にかまわないでほしい、しばらく近寄らないで一人にしてほしい、と思っていて
それが、言葉に表すと、攻撃的な言葉になって出てくる。
だから、その気持ちは汲んであげるけれど、お母さんは意味ある言葉として聞かなくてもいい。
さんぽ君、暴力的な行為はないでしょ。さんぽ君タイプの場合、こっちが手を出さない限り、暴力はないはず。暴力がある場合は、また変わってくるけど。」

う~ん、ない。さんぽは手を出すことはない。
ということは、そっか、
今はかまわないでほしい、一人にしてほしいんだ・・・という想いを理解しながら、そっとしておくんだ。

私は、どうやら、さんぽの言葉に反応しすぎていたようです。

あまりの暴言に、それを言われた人がどんな気持ちがするか伝えるべきだと思った。
さんぽの気持ちはわかっているよということを伝えた方がいいと思った。
でも、それは、結局、かまわないで一人にしてほしいと思うさんぽの気持ちと、逆のこと。
まさに逆効果だったんですね。

医師に言われて、迷いが消え、さんぽがキレて泣きながら暴言を吐く時には
その場を離れ、言葉をきかずに、家事など自分のことに精を出すように心がけました。
まあ、その対応の表面的な面では、今までと変わりはしないのですが

「困った言動は、無視」とつぶやきながら対応していたのを

「さんぽは、今かまってほしくないんだな。」と思いながら対応する。

その違いはとても大きくて、私自身「待つこと」に負担がかからなくなりました。


さんぽにも、そういう気持ちは伝わるのだと思います。
逆ギレパニックから、気持ちを切りかえる時間が、ずっとずっと早まりました。

にらみつけて攻撃的な言葉を発していたこと、すっかり忘れたのように、自分から明るく話しかけてきたりする。
その切り換えが早ければ早いほど、私の感情も穏やかのまま、さんぽを迎えることができる。
それは、きっとさんぽも。
いいえ、さんぽこそ、早く切り替えられることで、すごく楽になるんだよね。
気持ちを切りかえたら、優しい言葉で、強化。



この繰り返しが、さんぽの心の状態を安定させていく効果を持つのは、
どうやら医師の言う通りです。




年長さんになって
クラスの友達の配慮や穏やかな先生との生活が、さんぽを大きく成長させています。

朝の支度が早くなり、自分自身でチェックできるように。
そして、歩いて登園することもスムーズに。


でも、今日、原因不明の発熱に、体中のジンマシン
アレルギーの季節的なものもあると思うけれど、ストレスで免疫力が落ちているのもあるだろうな。
明日は病院です。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

そうそう、春はなんだか忙しいのです!!(笑)
私も遊びに遊びにランチに遊びに・・・e-263呆けてます。あはは!!

本当だ!口にする言葉は想像と全然違ったんだね!!だって、親は子供がこう言ってるなんてかけらも想像しないもんだよ!!(笑)
でも、それでも、やっぱり思ったことと違うことを言ってても、その中から苦しいのは感じ取れるんだよね!
さんぽくん。言葉が違う(乱暴な)だけで、ちゃんと表現できてたんだね!!えらいえらい。

うちは今、思ってることの真逆のことを言うことが多くなってきています。
判断するのが 少し難しく感じるときもあります。でも、いつか軌道修正してやる~~。がるるるる~~(笑)

それにしても、ほんとうに的を得た話をする先生だね!!



  • 2009/04/17(金) 22:46:59 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

でっしょー。この医師の話って、聞いてると、すごく頭の中が整理されるんです。
本当にすごい先生と出会えたと思います。
ただ、予約時間のざっと3時間遅れになるんだけどね・・・。
子ども待ちくたびれるって、先生・・・。

そうなんです。幼い頃、怖いものがいっぱいあって、でも、自ら嫌だということを表現できなかったさんぽ。
ただただわあわあ泣く姿は、本当にかわいそうで、私で勝手に「怯える子羊のような気持ち」を想像していたんですよね。
でも、出てくる言葉はぜんぜん違って「狼」。
そのギャップが、今まで私をイラつかせたり、戸惑わせたりしたのだと思います。
でも、これで、対応の仕方わかって、すっきりしました。

息子さんは、思っていることの真逆をいっちゃうんだ・・・。
う~ん、真の心うちを探るのが難しそうですね。
でも、思春期の時って、そういう心情ってありましたよね。
言葉として、あえて自分の気持ちの逆を選ぶ・・・みたいな。
あういう感情と似ているのかな。
思春期の頃の感情の不安定さって、どこか、発達障害児の不安定さに重なることって多いのかな。
うまく軌道修正できるといいですね。
息子さん、もう少ししたら、本当の思春期到来だもんな。

でも、>がるるる~・・・は怖いからだめよぉ~! i-229

  • 2009/04/20(月) 01:38:13 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/202-e7b9b6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。