ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

像が見える・・・生き物の絵

少し重いテーマが続いたので、ちょっとここらで、作品展しちゃっていいかな~。

最近、またまたいいんです。さんぽの絵。生き物が多いんですよ。
(ちなみに、最近訪れた方用・・・パーツにこだわるさんぽは、絵をかくことが苦手で1年半前まで、なぐりがきと○だけでした。)
絵というと、「のりもの」系をかいていたさんぽ。
のりものは、パターンがありますから、かきたいものになることが、ある程度見通せるからかなあと思います。四角にタイヤで、大体のものかけちゃいますから。
その点、生き物は、形がてんでバラバラ。
カブトムシは四角を二つ重ねてかけても、蝶は三角を逆にあわせる・・・みたいに。
さんぽは、書く前から「何から、どうかいたらいいか・・・??」ものすごく心配になるらしく、
なかなか手をつけない分野でした。(今でも動物系は、かくのを嫌がる)

でも、最近、像全体を想像したり、見ながら像のバランスを見当つけたりすることが
ちょっとできるようになったようです。

ザリガニ。これは、想像でかきだしました。
でも、そのあと、いそいそと辞典をもってきて、絵と比べる。
「何してるの?」
「えっ?絵に間違いがないか、点検してるんだよ。」・・・なるほど。
点検材料は、ひげの有無とか、すごいパーツ、正確さにこだわるさんぽらしい感じです。
ザリガニ


カニ。これは、すいそうを持って、見ながらかきました。
前なら、「はさみから」とか、気になるパーツからかきはじめて、できあがるとパーツだらけで???だったと思うのですが、今回は甲羅からいきました。
甲羅の形のでこぼこを、結構こだわってかいてました。
甲羅という全体像をもとに、付け足していくパーツの位置や大きさ、それが絶妙かな、と。
カニ

明らかに、像への意識がかわってきたかな・・・と思います。
さんぽが愛する、小さな生物たちには、教えられることがいっぱいです。

実は今、はまっているのが、察しの通り、水系の生き物です。
うちの狭いベランダは、ザリガニくん、タニシくん、カニさん・・・ミニ水族館。
さんぽの朝は、愛するベイビーたちに、あいさつすることから始まります。
「かわいい、かわいいザリガニちゃ-ん。今日も元気かな~。」

・・・・・なんか いや。

さんぽは、今年の誕生日には、「ヤドカリ観察セット」を買ってもらうらしい。
今以上に、水族館が増設されるのか・・・・。
母的には、どーなんでしょ。その選択。おもちゃでいーやん・・・・と思うけど。
でも、家にある水族館を、掃除したり、えさやったり、無意味に観察しちゃったり
これぞ、男の子の母親の醍醐味っちゃ 醍醐味っすね。

ゴールデンウィーク後半は、海でのキャンプを予定してます。

海の生き物を前に、さんぽの喜ぶ姿が、今から目に浮かんで
意外に ウヒヒ・・・な母さんです。






テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

コメント

はじめまして

はじめまして、いさお、と言います。二人の子供をもつ父親です。長男は六歳で小学校の一年生(自閉症のため支援学級)長女は五歳で保育所(広汎性発達障害、療養施設は週一です) 蟹の絵、イイですね! 娘は絵を描くのが好きですが、息子は全く描きません。その代わり、粘土の腕前は凄いです。チョットした天才です。 突然ですが、お互い、ゆっくり活きましょう。

  • 2009/05/04(月) 18:37:22 |
  • URL |
  • いさお #-
  • [ 編集]

画伯の絵、進化(進歩?)しとるね~~。
すごい上達の仕方で、見ているほうがびっくりですっ。
そりゃぁもうこだわりが細部にわたり・・・・。
恐れ入りましたさんぽ師匠(笑)
頭で考えたものを形にして、それをきちんと確認して、きっと時には修正もするんでしょう。
完璧じゃぁないですか~~v-405
しかも生き物の絵だなんて、その才能私にわけてくれんかのぅv-290

  • 2009/05/06(水) 00:09:33 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

いさおさんへ

はじめまして。足跡残していただいてありがとうございます。
いさおさんの息子さんは、粘土の天才君ですね!!
こだわりが生かされてすごい作品が生まれているんですね。それも素敵だなあ・・・。
本当に、脳の不思議さは、無限ですね。
さんぽは、最近までずっとパーツでものを見ていたようなので、
平面の絵もパーツだらけで、できあがったものの全体像がわかりませんでした。
急に何かが目覚めて、像としての絵がかけるようになってからは、上達の速さに驚いています。
さんぽの場合、粘土は、立体的な形にできません。
平面の次に立体視からの表現ができるようになるのかなあ・・と思っていたのですが、
いさおさんの息子さんのことから考えると、
「発達の順番は決まってなくて、どこの力が発揮されるか、その子の持つ個性なのかもなあ」
と改めて思いました。

ゆっくり活きたい・・・本当ですね。
最近、ちょっとあせりすぎの自分を感じます。
あるべき歩みにあわせて、ゆっくり活きる・・そうありたいなと思います。
また、よかったらお話しに来てください。

  • 2009/05/06(水) 23:24:37 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

へへへ・・・画伯の絵、絶賛してもらえましたか~v-428
ありがとうございます~v-437
全体像が明確になったから、やっと好きなパーツに対するこだわりが、絵に生きるようになったんです。
リトルガルさんが、さんぽ画伯の絵を、心から喜んでくれるのは、それまでの過程を知ってるからこそ。
私も「ゴミしかかけない」と言ってた頃からの今までの過程を思うと、一枚一枚の絵を胸にぎゅっとしたいくらいの気持ちです。
一緒に、喜んでくれてありがとう・・・!!!

ところで、なるほど「修正」・・・。
さんぽが図鑑を持ってきて「点検する」のには、インプットされたものの修正の意味もあるかもしれませんね。
さすが、リトルガルさん。
おぬし、ただもんじゃないのう。

  • 2009/05/06(水) 23:42:36 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/210-36fea626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。