ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありのままを全て感じるー日本の音

少し音楽のことを。

今日は、自分の大学時代の先生が退職されて記念会があり、出席してきました。
私はピアノ科で合格し、途中で専門を声楽科に変更し、
最後は卒論を音楽教育で提出した異端児で、大学時代は、お世話になった先生がたくさんいます。
出会った恩師、どの方も、本当にすばらしい方々で、音楽家として、人間として、尊敬しています。
私は、大学時代の音楽環境が、とても恵まれていました。
時代の最先端を歩んでいらした先生方の退職は、なんだか寂しく、一つの音楽文化の区切りを感じます。

そういう中で育ててもらった、私の中の音楽・・・話したいことは山ほどあります。
今日は、その中の一つを。

私の中には、音へのこだわりがあります。
それは・・・日本人の感じる音
それは

すいきんくつ(穴から水滴が落ちる音)やシシおどしの音(竹に水がたまって落とす時の音)であり

和太鼓のリズムや三味線の激しい鳴らしであり

合いの手の勢い、民謡のこぶし、尺八の音の揺れであり

笙の和音であり

子守唄やわらべ歌であり・・・


大学に入るまで、絶対音感のもと、ベートーベンやショパンを弾きまくり、ソナタ形式や西洋の音楽理論を学び、それが正統な音楽だと植えつけていた自分にとって
ごく当たり前に日常にあふれている日本の音への感性に気づいた時、
とても衝撃的でした。

音の周波数により、理論的に並べられた、ドレミファソラシド
西洋音楽の理論にのっとり、鍵盤はしきられ、その間の音は、半音以外、音として認められない。
それが、正しく美しい音
そして、決められた音の重なりが、正しく美しい和音
ピアノは、正しい周波数に近づけた音にするために、念入りに調律をするし
声楽なら、いかに正しい音程に声をあてるかが、基本になる。
わかりやすく整然と管理された音楽の理論・・・
そこからはずれてしまう音も和音は、正しくない音、よくない音になる。
終止形をとらない曲は、不安をあおる。正しい音楽の形としては、認められない。
メロディーは楽譜に表し、誰が奏でても正しくあるようにする。
西洋では、虫の声は、雑音。音として聞かれることはないのです。

でも・・・
私には、虫の声が音としてきこえる。
ドレミファソラシドに当てはまらなくても、秋の音として心に鳴る
「ラソラ、ソララソラ(さーちこちゃん、あそびましょ)」ラで終わる、終止形をとらないわらべ歌が
問いかけの優しい想いの音楽になって感じられる。
母の背中できいた、毎日違うこぶし(同じ音の揺れ)の入った子守唄が
あたたかい音として安心感をのこす。

西洋で言われる「正統の音」ではないはずなのに。

でも、そこに存在するのは、間違いなく、気持ちを癒し、震わし、感動を与える音楽。
確かに、日本人にとっては、大切な音。

そうか・・・そうなんだな。
○も×もない
「これが正しい音」っなんてない。
みんな大切な音なんだ。みんな同じ位置の音楽なんだ。

大学時代、やっと気づいたこのことに、私はすごく感動したのです。


静けさの中、穴を落ちて底を ポチャン・・・・とならす小さな水滴の奏でた音

自然の香る庭で、カーンと響き渡る竹の音

夜中、小さく震える虫の、羽が鳴らす歌声

こどもを寝かすために歌い続ける、母親の微妙にこぶしの入った歌

同じ単音の重なりだけで、精神を向上させることのできるお経

丸くなって囲んで歌う、子どもたちのあーぶくたったにえたった

その音と、オーケストラの奏でるベートーベンの第九と、
どっちが正しいとか高尚とか
そんなのくらべることなんてできなくて

どれもこれも、すごく素敵な音楽・・。
心に響く音・・・。


音を科学的に解明させ、理論つけることはできなくても
自然界にある、計算されていないありのままの音を、全て音楽として感じる
こういう感性を持った日本の心に、
私は誇りをもっています。


ありのままを すべて 認め 感じる

この国はいにしえのかなたから、伝え伝えて、私たちに素敵なものを残してくれている
・・・・そう思うのです。 



音楽・・・まだまだ話したいことがあります
また機会があったら。 

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント

絶対音感。ベートーベン?ショパン?
私には持ち合わせていない芸術のかほりがぁ~~~(笑)
えらい田舎で、自然の音を、聞いて育った私は、年々そういったものに心地よさを感じています。和の音は聞こうとせずとも聞こえてしまう。選ばずとも入り込んでくるそんな感じです。
やっぱ年取ったなぁ~~。(笑)

  • 2009/05/11(月) 11:17:25 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

おおっ生粋の日本人ですね~。
歳を重ねれば重ねるほど、日本人の感覚が研ぎ澄まされてくるものかもしれません。
和の音は聞こうとせずともきこえてくる、選ばずとも入り込んでくる・・・・
・・・素敵ですね。改めて惚れ直しましたv-343

  • 2009/05/12(火) 01:46:34 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/214-22918cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。