ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話の習得の違い

ひだまり(1歳10ヶ月)が最近、こんな返事をするんです。

「ひだちゃん、ちょっとトイレ行くから待っててくれる?」
「いいよー」

「いいよー。」???
ひだまり・・・こんな言葉の掛け合い、いったいいつの間に覚えたんだろう・・・?
ちょっと前まで「うん」だったのにな。

こんなこともあります。
(私が電話を終えて)「なに?もしもし?」
「パパからの電話だよ。もう帰るって。」
「ふ~ん、しょっか~。」

「ふ~ん、そっか~」って・・・。そんなあいまいな返事の仕方。
たいした話でない時には、適当な相槌までできてしまう。

明らかに、さんぽの同月齢の時と比べると、単語の量は少ないひだまり。
なのに、人と人の会話のやり取りは、何も教えなくても、それなりの言葉で返してくる。

そう・・・何も教えていないのに・・・・。
会話のやり取りを、コミュニケーションの流れを、脳がどう処理しているのか。
本当に不思議だ。

さんぽは、会話のやり取りを理解していく順番があった。

2語文は1歳7ヶ月で、その頃には100をこえる単語もあった。
でも、会話になると

「さんぽ、おかし、食べる?「食べる?

オーム返しによる、イントネーションの間違いがあった。
会話のしかたを身につけるには、私が、それを指摘することが第1段階だった。

「食べるっていうんだよ。」「食べる

オーム返しによる返事が、少しずつ変わってきてイントネーションが正しくなってきてからは
第2段階、会話の相互関係を教えること。

「ただいまー」「ただいまー」
「さんぽ、待ってた人はおかえりーっていうんだよ。」「あっそっかあ、おかえりー」

相互関係の間違いもなくなってきた頃には、頷きの便利さも教えた。

「ちょっとつまんないから外に行く?」「つまんないから外に行く。」
「じゃ、さんぽ、外に行く?っていったら、うんといってね。外に行く?」「うん」

頷きができるようになったら、会話は一気に会話らしくなってきたっけ。
会話って、「うん」だけで済むことって、すごくたくさんあったから。
私自身、頷きが、コミュニケーションの基本であったなんて、その時まで知らなかった気がします。

そうやって、2歳7ヶ月ごろ、さんぽは、自然に会話が成り立つようになったのです。

2語文がでてから一年。

私の中に、順番に順番に、一つずつ教え、一つずつクリアさせた記録がある。
当時、その流れの中にいるさんぽが、そんなに不自然だと思っていなかった。
だって、真似からはじまって、イントネーションを覚え、受け答えの違いを覚え、頷きを覚え・・・。
私にとって、それは、人が会話を習得するための、当たり前の流れだと思っていたから。
言葉脳が成長していく、その過程を、じっくり見ながら、会話の習得が少し遅いさんぽの
段階に合わせて手助けしていったように感じていた。

会話を覚えるのに順番がないなんて、思いもしなかった。

でも、ひだまりは、段階も踏まず、一気に会話を成り立たせていく。

なぜ、言葉も発せず、言ってることを理解しているかも分からないころから、問いかけに頷くのだろう。
頷くタイミングを、どうして言葉も言えない頃からわかっているのだろう。
やっと言葉が出てきたころには、どうして、すでにイントネーションを逆にして答える方法を知ってるんだろう。
どうして、「ただいま」といったら「おかえり」と、「かして」といったら「どうぞ」と、自分の側からの言葉で返すことができるんだろう。
教えなくても誰が勝手に・・・脳が???
本当に、不思議。

でも、そのわりに、いまだに、「いちご」も「りんご」も「パクパク」だし・・・
(っていうか好きな食べ物以外、パクパク)
「ちゃっちゃ」(茶)、「ちゃんちゃん」(さんちゃん)、「ちゃい」(ください)・・・ちゃ、ばっかし
ちゃが多すぎて、言ってること、よくわかんないし、
赤ちゃん言葉なんてほとんどなくって発音完璧だったさんぽに比べると、
ものの名前の量も、単語の発声も、なっっちゃいない!

そんな感じなんですけどね。

言葉を覚えるのが得意で、発音もよくって、でも、会話は、順をおって一つずつ身につけていったさんぽ。

会話は、教えられることなく自分でどんどん覚えていって、でも、ものの名前は、のんびりと赤ちゃん言葉で話すひだまり。

どっちが障害でどっちが。。。。なんて、そんなことはどうだってよくて
これも、二人それぞれの才能っつうか、個性っつうか。


覚える言葉も、覚えた経過も
とっても不思議で
人って、みんな違って、とってもおもしろいなあ・・・なんて思うのです。



ちなみに、うちでは、ひだまりが火付け役で「いいよー」がブーム。
なにかと会話に「いいよー」で答えあっています!!

「いいよー」ってね、使うと結構、優しい言葉なんですよ。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/226-c69b9c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。