ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視機能トレーニング効果?・・父と子のキャッチボール

視機能トレーニング続けています。

実はそんなに負担にならないものなんです。

例えば、眼球運動のトレーニングなら、右のこっちにハイチュウ(キャンディ)、左のあっちにグミを持って、顔を動かさずに目だけで、そのおいしいおやつを順に見て10回やったら食べれるとか
(食いしんぼさんぽにもってこい!)

たたみの縁を、私の方に顔を向け、足を見ずに前に進んで、ジャンケン。10回勝つまでやるとか

そんなゲームみたいな感じなので、さんぽも喜んでやります。

課題としては、勿論、ちょっと難しいのもあります。
点つなぎの模倣とか、抽象図形による形パズルとか。
まあ・・・これは、月曜日はお勉強の日と決めているので、その時にだけしかやってません。


でも・・・それだけなんですが、始めて2週間、

早くも効果が表れてきたような気がします。

本当にトレーニング効果なのかは、素人なのでわかりませんが。



本当に不思議なのは、眼球運動のトレーニングをやった後に
突然「あっそうだ!久しぶりにパズルをやろ」とか言うんですよ。

以前、記事にしましたが、さんぽはパズルは苦手なタイプです。
視覚的な組み合わせの代表格がパズルですから、視機能に問題があるなら、当たり前ですよね。
だから、パズルは、一時的に何度か挑戦したこともありますが、
今や、そうそうめったに自分からやることはありません。
もっぱらひだまりのおままごと用として、お皿にピースがのってることの方が多いです(そんな扱い・・・)。

でもね。急に自分からやりたがる。パズルを?!。
何でだろう。
私としては、すんなり納得いかない、ちょっと不思議な行動です。

前記事でかいた「トレーシングペーパーの写し絵」を、急に思い出して、夢中でやりだしたことも。

「パズル」と「写し絵」、どちらも視覚的な動作ですよね。
何かつながるような・・・?


単なる私の予測でしかありませんが
トレーニングによる視機能の刺激によって、その部分の脳が活性化して、
無意識に、さらなる刺激を求めているのでは?

或いは、像への見え方が変わってきて、見えやすくなり、自信がついてきた?

そんな風にこじつけたりして。
いずれにしろ、トレーニングのタイミングは、適切だったのかもしれません・・・。

この視機能トレーニング効果、ちょっとうれしい誤算がありました!!

「キャッチボール」。

ついこの間まで、小さい球はおろか、ドッジボール並みの大きさでも、投げられたものをつかむのができなかったさんぽ。
ボールが届くまで、微動だせず手をのばして待ってるのが、彼のおきまりの姿勢。
こっちが、その手に届くよう調節して投げても、それですら、つかむタイミングがずれ、ストンと下にすり抜ける。
ボールの動きにあわせて、手を動かす、その術を知らないように見えました。

おそらくボールの動きに、目が追いついていないんだろうな、
そしてさらに、目と手の協応がスムーズにいかないんだろうな
そのあたりに原因はあるのだろうとは、わかっていましたが。

でも、なんと、今
キャッチボールができちゃうんですよね。
ボールが落ちてくる場所に合わせて、手をもっていける。
相手のいる場所の距離をはかって、ボールを投げる力具合を加減できる。

つまり、ボールと自分との距離のピントがあってきた・・・
そして、ボールを目で追えるようになってきた・・・
そんな感じがします。


パパがキャッチボールをしようとすると、数回で涙目になって、嫌がっていたのは、半年前。
半ばスパルタ式に、「だからこう動け!!」みたいになるパパに
「パパ、まだ無理だって。やめてあげて。」そう頼んだ記憶も新しい。
パパがお土産に買った、おもちゃのグローブと球も、ずっと玄関でほこりかぶっていた。

でも、さんぽは、やっぱり男の子。
ずっと、本当はやってみたかったんだよね。できそうならば、やりたかったんだよね。
急にグローブを玄関から引っ張り出して、パパにキャッチボールをしたいといいだしました。

ボールが受け取れる、そしてパパに向かって上手に投げられる自分に興奮。
受け取れるたびに、「ほら、見て!」といわんばかりの顔で、笑みがこぼれてる。
「そうだ!すごいぞ。さんぽ!!」
そんなさんぽに球を投げるパパも、何だか興奮してる。

父と子のキャッチボール

この当たり前の風景は、パパにとって憧れていたものだったのかもしれません。

何度も何度も投げ合う
うれしいね、パパ。ついにこんな日がきたんだね。

改めて思う。

こういう小さな一歩一歩を、大切にできるって素敵だな。

できなかったことができるようになる・・・それを一つ一つ、一緒に喜び合えるってすごいよな。

これって、さんぽだからだよね。

さんぽと一緒だから・・・!!


パパも私も、さんぽに、人一倍、いっぱい喜びを教えてもらってる。



ねえねえ、本当にそれもこれも視機能トレーニング効果なの?って?

さあ・・・どうなんでしょう。
でも、私的には、そういうことにして、まあいいっかってことで。エヘヘ

ただ、記事は参考までにしてくださいね。
あやしい広告じゃあるまいし、さんぽの成長を、全て効果として考えるのは結構危険ですから!!



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/237-565dfc14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。