ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイホーム大作戦・・・親族に障害を話す

さんぽの生まれて育ったこの街で、家を建て、見守っていきたい。

例えば・・・マイホームを建てるために、全く別の街でさんぽの生活する環境を、大きく変える、
そのデメリットをこえる、さんぽのそしてわが家族のメリットは見つからないと思う。

例えば・・・今まで少しずつ広げてきた地域の支援の道を0にして
また、1からおこなっていかなければならない、その道の険しさは、想像つかない。
ましてや、小さい頃からのさんぽと、私のしてきた子育てを知っていない場所にとびこんで
ここで築き上げてきた周りの人以上に、理解をもらうなんてありえないと思う。

私は、ここでしか家族の居場所は考えられない。


だんなも、わかってはいる。
直接支援の道を開くことにかかわることのなかった彼でも、
さんぽが、混沌とした世界から、自分なりに歩く道を見つけたその過程の中にいたのだから。

でも、実際に支援の道を切り開いていくことに、積極的にかかわらなかったから、どこかで全然わかってない部分があるんだろうなとは思う。
さんぽが、支援もさほど受けることなく、ちょっと問題はあったけれど普通に成長を遂げて、今ある姿になった・・・とでも思っているようなふしが。
それでも、「思春期をこえるくらいまで大きくならないと、さんぽをつれて実家付近で住むのは難しいよね。」と尋ねるあたりは、私に遠慮しているだけなのかもしれない。

だんなさんは、親族からの批判をおそれているのかな。

だんなの親族は、さんぽのこと、だんな以上にわからない、わかるわけない。
だって、さんぽのことを知らないんだもの。
さんぽの持つ特性がどんなんであるか、歩んできた過程が、どんなんだったか、順を追ってこちらから話さなければ、
わかってほしいという方が無理なことだろう。

でもね・・・実は、だんなの親族のこどもたちの中には、
どうにも、学校生活があわないらしい・・・ADHDじゃないかって担任に言われたらしいとか
言葉が遅くて、脳波の検査をした・・・とか
そんな話が、集まった折にもれてきたりする。

「さんぽも脳波の検査しましたよ。障害の疑いも持っています。
でも、周りの人によい支援をいただき、随分今は、落ち着いています。
ただ、これからもどういう形で対応していくか悩みは尽きないです。」
私から、だんなの親族の皆様に、そういえたら、どんなに気楽に話をきけるか・・・。
本当は、壁がなくなって今以上に、親族とも仲良くやっていけるかもしれないと思うんですけどね。

だってきっと、お子さんの様子に、悩み考えている親族であれば、
さんぽのこと、それなりの理解がもらえるはず。
そしたら、ここで家を建てたいと考えていること、
さんぽの支援の道が5年間分つくられたここで、住み続けたいと親として思うことが、
どんな意味なのか、理解することはそんなに難しいことじゃないと思うのだけれど・・・。

だんなさん、それでもさんぽのこと、隠さなければいけないことなの・・・?
それでも、だんなさんの実家近くに生活の拠点をもつことに、こだわる必要があるの?


だんなは、なにをそんなに守りたいのだろう・・・。
だんなにとって、さんぽは、家族は、どんな存在なんだろう・・。
ここで家を建てることに、何を、恐れているんだろう。

私には、まだ、いまいちわからないのです。


テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

マイホームいいねぇ。うちもマイホームほしいなぁ。何かのタイミングで動かないと結構流されてしまうのよね!!ウチみたいにv-406
いろんな理由付けあるにせよ。ここに住みたいと思った場所に住むのが一番!!と思います。それができるとするならばそれはとても幸せなことだと思います。家って人が単に住むってことじゃなくて、その周りとコミュニケーションをはかっていかなければならない場所でもある気がします。
心地よく暮らせるのがそこならそれが一番。愛着もわくというもの!!

障害のこと。うちも年中の時に旦那の両親に話しました。
それまでいえない苦しみプレッシャーで本当に辛かったけど、なんだか今は普通にあはは~~っ障害児なもんで~~って笑い飛ばせるよ!!当時大学の教授だったお義父さんと教育熱心だったお義母さんにはいうのがとても勇気が要りました。でもいってよかったよ。
早く打ち明けるチャンスに出会えるといいね。

  • 2009/09/01(火) 09:56:52 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

いつも ありがとう!
そうか・・・、リトルガルさんのところは、年中さんで告げたんですね。
大学教授のお父さんに教育熱心なお母さんに・・・かあ、うへー本当に勇気がいったね。
リトルガルさんも勿論、だんなさんも決断力があったよね。
私、本当は、肝心なところを隠しながらうまく世渡りできないタイプで、
どっちかと言えば、隠した方がいい自分のことも、裸にさらしてじゃないと人と付き合えないタイプ。
だから、だんなのお母さんに、隠している状態ってなんだか苦しくて。
正直にお話できたらいいのに・・・っていつも思ってた。
今回のことが、そのきっかけになれたらなっと思うのだけれど、だんなとしては、お母さんに心配かけたくないのかな・・・どうしても全てを話す気にはなれないみたい。で
も、こういうことって、隠し続けてうそを並べたところで、うまくいかない気がするのだけれど・・・。
「いってよかった」といえるリトルガルさんのコメントが、そのことを証明していますよね。

結局、だんなと話し合い、
「障害名を出さないけれど、でも、精神的な症状を持っていて、幼い頃から医者からも助言をもらっている。」ことは、少しずつ話していくことを了承してもらいました。
誰に対しても障害名出すの、恐れているからな・・・だんな。

マイホームは、タイミング的なものではあったのだけれど、
これを機会に、こういう普段遠ざけていた、でも本当はすごく大事なこと、本音はきちんと話したかったことを
だんなと話しあえたこと、それだけでも、ものすごい意味はあったなと思います。

でも、私、本当は早く全てを打ち明けてわだかまりをなくしたいな・・。

  • 2009/09/03(木) 23:41:31 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/09/05(土) 23:03:45 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/250-f7045e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。