ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポレポレと・・・身体と心と相談だ!

久々におきてしまった・・・

私自身のパニック。
今回は、あんまり長く続くので、産婦人科に御用になりました。

貧血ににた、全身の血がすう~っとひいていく感じ+意識が遠のいていく感覚+手足のしびれ+激しい動悸と呼吸困難+急激な不安の増幅

なんか今日、やばいっ くるかも・・・ ああだめかもっと思っていると、
体の中から湧き出るようにそういう状態になります。

病院の検査では、貧血の数値もなく、血液検査においては健康
わずかな数値で診断名はつきましたが、精神的なものが大きいだろうという結果でした。
更年期障害かな・・・とも尋ねましたが、まだ違う。。。。らしい。


もともと小学校の頃から、貧血持ちの私。
小さい頃は何度か、集会や行事の全体練習で倒れたり、座り込んだり・・・だったのですが
社会人になり、数値的には貧血の状態でも、自分自身は平気で動けるタイプにまでなりました。
その頃は、クラクラしためまいの感覚も、ずっと忘れていました。


再び私に、そのような擬似貧血?・・・パニック?症状が出るようになったのが
3年前。

きっかけは、さんぽのパニックでした。

裸足の川原の水遊びで、自分の親指の怪我の血を見て、さんぽがパニックになったのです。
炎天下、延々と、何をしようと何を言おうとさんぽには届かず、ただただわあわあと暴れ泣き叫び続ける。
私は、そんなさんぽを、いつものようにひたすら抱き、大丈夫大丈夫と声かけ。
それでも、なかなかおさまらないパニック。
暑いな・・・いつになったら終わるんだろう・・・とあせりや不安がつのってきたら、
急にさきほどの擬似貧血?症状が出て、私自身の意識が徐々に遠のいていきました。

だめ、私がここで倒れたら、さんぽはどうなる。絶対ダメ、頑張らなくちゃだめ。

そう思うと、最後の最後で意識は残る。でも、体がしびれて全く動かない。
その場で身体を横たえ、しゃべることもできなくなった私に気づくと、
逆にさんぽがパニックから戻って、泣き止みました。

ああ・・・よかった。さんぽが泣き止んだ。
そう思ったら、体の力が抜けて急に眠くなってそのまま寝てしまいました。
気がついた時には、近くにいたママ友たちが、私をうちわであおいでくれてました。
さんぽは横にいて、誰からいただいたのかアイスを食べていました。

その時は、軽い「熱中症」になったのだと思っていました。


でも、それ以降、何か小さなことが引き金になって
その状態が訪れるようになりました。

一度はあまりの急激に下降する精神状態と、全身の状態に、重症なものを感じて
救急車をよんでもらったこともあります。

でも、数時間すると落ち着いてくる。
心電図にも健康状態に異常が見られない。

寝不足とか疲れがたまっているとか年齢とか、勿論、医師の言うようなそういう健康上の理由も関連しているとは思いますが、
多分、精神面の弱いところからくるものだろうと・・・思っています。

それは、いつも、本当に大変な時にはこないのです。
追い込まれていて必死で・・・それがひと段落着いて、生活が落ち着いた時にやってくる。

きっかけになったさんぽのパニックだってそう。
その頃はもう、随分頻度が減ってきていて
パニックの対応で一番大変だったピークは過ぎた時期でした。
それどころか、さんぽの自閉的な問題行動はあまり見られなくなってきて、心配がなくなってきた頃だった。

でも、その日に初めて私の中にやってきたのです。


今回も、特にさんぽで困ってたことがあったわけでもないし、
就学にもまだ余裕の時間があるわけで、私の精神面では安定した時期であったはずです。

じゃあ・・・何が引き金で?
無理やり探すと、マイホーム大作戦に意識が集中、あけてもくれてもそれに没頭したのも、土地を購入したことで一息できた、その気の緩み?
そんなささいな何かでさえ、私の中でギリギリにのびたゴムをはじくかのごとく、
身体を不安定にさせます。

年をとってからの、のめりこんだ(のめりこむしかなかった)子育てが
ちょっと、私の精神のキャパをこえちゃったのかな・・・。
頑張りすぎたつけが、後になって響いてしまっているのかもしれません。



上手に付き合っていくしかない。
ただただ一直線に自分の限界を超えて、必死に走り続ける歳ではないってこと。

時には自分の身体と心と相談

速さではなく、効果ではなく、やみくもに飛びつくのではなく

何よりもさんぽとひだまりと過ごす時間を、たっぷり楽しめるように。
 

ポレポレ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/09/28(月) 08:08:25 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

その後いかがですか?

とても繊細な子どもを育てている分
細かい神経も使ったり、回りにも
気を使ったり・・・
私も色々持病がありますが
ホント、集中している時や大変な時には
ならず、(気がつかず?)
のほほんとしている時にやって来たり
します
親が健康でいる事も
子どもにとって幸せな事ですよね

体がサインを出しているので
お大事になさってくださいね

  • 2009/09/29(火) 22:15:12 |
  • URL |
  • yocky #-
  • [ 編集]

大丈夫かい?
この時期はどうしても無理をしがちになるのかねぇ~~。
私もいつも以上に精神面のアップダウンを繰り返しています。
自分が思う以上に体も心も頑張ってくれているんでしょうね!!
いたわりましょう!!お互い!!がんばんべ!!・・・そこそこに!!v-221(笑)

  • 2009/10/01(木) 10:31:44 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

yockyさんへ

ご心配おかけしました。あたたかい言葉ありがとうございます。
デリケートな子どもを育てている分、神経を使う・・・そうっ多分その通りです
・・・わかってもらえるって何よりも力になります。
なまじ、さんぽがいたって普通に見える分、周りの人にこの部分をわかってもらえることって、なかなかなくって・・・というか、自分も理解してもらえるとは思ってなくって、独りで背負ってしまって・・・。背負えるキャパをこえちゃうまで背負っちゃいけないのに。

yockyさんも持病があるんですね。
私は、若い頃は気がつかないふり程度ですんでいた持病も、否応なしに年齢が暴露していく感じです。
これも自分なんだ・・・と上手に付き合っていけるようになりたいな、と思ってます。
お互い、ポレポレですね。
コメントありがとうございました。

  • 2009/10/04(日) 00:53:02 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

ありがとう・・・「大丈夫?」って言う一言が、ううっ、心に染みるわぁ・・・。
なかなか弱みを見せる場所がないから、そういう言葉かけてもらえることで、張りすぎていたものがすっと緩むというか・・・そんな感じまで弱ってました・・・。
歳もあると思う。精神面のアップダウンなんか、私、すごく顕著にわかるようになってきたもんな。

だからこそ、「そこそこに」って大事だよね。うんうん。
さあ、ちょっと身体も戻ってきたので、少し歩き出してもいいかな、と。
ゆっくりゆっくり。

  • 2009/10/04(日) 01:00:13 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

kakkanさんへ

秘密のお手紙、ありがとう!!
お返事、長くなりそうだったので、kakkanさんのブログに直接書き込みました。
私も、鍵コメにしてみました・・・ちょっと秘密の交換日記みたいでドキドキしちゃうって・・・中学生かいっ。

  • 2009/10/04(日) 23:56:49 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/253-5eb1b4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。