ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学時検診

まだ、通院記録が続きですが、タイムリーな話題を一つ

今日、就学時検診でした。

学校とさんぽが接点を持つのは、今日がはじめてです。

本当は、就学時検診までに、客観的で専門的な立場の人からさんぽについて
学校に話があるとベスト(就学時検診の時に、学校がさんぽをチェックする状態がいい)
・・・と思っていたのですが
頼りにしていた町の心理士さんに、あっさりふられたため
(以前、記事に書きました。)
不本意ながら、私が、学校にさんぽについて赴く第一歩が、この就学時検診になりました。

ただ10月・・・というこの時期に、学校と接点を持つことは、割といいタイミングだと思います。
これは、元教員としての経験からです。
わが子の就学を支援級か普通級かに迷われている方は、支援枠の関係があるので、もちろん早い段階で相談しなければならないと思いますが、
普通級でいくとすでに決めていて、入学前に事前に支援のための懇談をしたいと思っている方は、就学時検診は、ポイントだと思います。

なぜかというと、
10月前は、今年度の予定でいっぱいいっぱいで
来年度の1年生について、学校が考える余裕がない。
勿論、就学指導委員会などの担当は早くから動いていますが、
校長もはじめ、ほとんどの先生方が、まだ次の1年生に目が向いていないのです。
あまりに前であると、親の思いをよそに、後回しの材料になりがちです。

でも、学校説明会が行われる2月ごろは、教師は多忙で、次年度の仕事に追われています。
次年度の1年生の担任を誰にするかは、年明けから話し合われているし
来年度の1年生のクラスわけも、そろそろ始まってきます。
2月ごろでは、もう遅いのです。

消去法ではありますが、だから10月ごろの就学時検診が、チャンスです。

実は、町の心理士は、私に
「学校に話すのは、担任がきまってからでいいでしょう。
あまり早くに学校に先入観を入れるのは、よくないですから。」
といいましたが、前述の理由から、はっきりいって、学校事情をわかっていないと思いました。

それに先入観は、さんぽたちの場合あった方がいいですよね。
「なんだか大変そうな子だから、ちょっと気をつけて見ていかないと。」
早くから学校の先生たちに支援の準備をしてもらって、一番不安な(最初の)時期に、一番丁寧な対応をしてもらう方がいい。
先入観がなかったら、目立つ子どもたちの影になり、一番支援の必要な時期に、放任されてしまうのがおちですよね。

さて今回、
就学検診自体も、さんぽにとっては、見通しの立たないことなので、
家では、シュミレーションを何回かしました。
内科検診と歯科は、まあ保育園で多く経験しているからOK。
練習したのは聴覚検査と、視覚検査。家で練習するのは、意外と簡単ですよね!
それから、知能検査もどきのことを、市販のドリルで数枚、前日にやらせました。

それから自信ありの秘訣もあります。
先週に学校で学習発表会があったので、さんぽを連れて鑑賞に。
そのついで(問題:どっちがついで?)に、学校のトイレに1人で行かせたり
廊下をちょっとつたって、教室をのぞかせたり、椅子に座らせたり・・・(正解:発表会がついで!)
先生に見つかった時には、「あっすいません。来年入学するので、ちょっと気になって。」
とごまかして、そそくさ逃げる。
そんなふうに、しっかり就学時検診用の下見もしてきました。ウヒヒぷぷ

秘訣がきいたか、当日のさんぽ、不安な表情はしていましたが、
就学時検診の間、最後まで、自閉スイッチが入りませんでした。

うんうん。いい出だしでしょ。

さあ、次は私の行動。
どの先生に話をもっていくと、ことが早そうか、就学時検診説明の間に、先生をくまなく物色!!
これも、教員の経験からですが、就学時検診を担っているのは、学校の幹部の方が多いのです。
初めての懇談としては当日、日程の説明や司会をされている先生を狙うのが、はずれなしでしょう。

さんぽの場合は、司会をしていた教務主任に、的をあてました
学校の中では、校長、教頭の次に学校を動かす力があります。
さらに、なんと、たまたま向かった相談室に、教育委員会の就学指導主事の方がみえていて
一緒に話をきいてもらえることになりました。
なんてラッキーなんでしょう。
学校を動かす力のある方に注目してもらうことで、現場の理解が広がるきっかけになるかもしれません。

懇談は 持参した、さんぽについてのA4 1枚の資料をもとに進めました。
資料は、ごく簡単に、主観的なことはできるだけ排除し、事実だけを簡潔に並べました。
今回は「学校に個人的な意見を述べる」というモンスターペアレント的な要素を一切なくし、
私に注目をおかれることなく、さんぽの実態だけを、正しく把握してもらいたかったからです。

これから就学時検診に向かう方もいると思うので、参考に内容をかいておきますね。

①一般的な情報(知りたいことが一覧でわかるように)
 名前、年齢、性別、園名、園の連絡先、住所、電話
②一般的な診断名(教師側が理解しやすいようによく知られた名称)
③今までの経緯(療育先、検査の有無、普通級を希望した経緯)
④担当医師・心理士(さんぽの場合は、町の心理士、医師、教育センターの担当名)
⑤発達状況(WISC-Ⅲの結果、そこからわかる客観的な事実、学校で困難になると思われること)
⑥仲のいい友達

要望として、口頭であげたことが2つ。
担任・特別支援コーディネーターとの事前の懇談を設定してもらいたい。
実際のところ、学校に入ってみなければわからないことが多いので入学最初の頃は特に丁寧に学校側と連絡をとりあいたいということ。

えっ?それだけ?って?

ええ、まぁまずは。
幹部の方にお話でき、今回の資料をもとにさんぽの実態を把握してもらえれば
とりあえず、いわゆる「ダメダメ担任」があてがわれることはない。
具体的に話した友達の名もクラスわけで意味があるものになるのではないかと予想できます。
園との連絡、町の心理士との連絡も、ここ数日の間に幹部の方で行うことでしょう。

先生とクラスわけ、周りとのネットワーク
・・・一番早く学校側に対応してほしい要望は、伝えたようなものです。

この先は、いよいよ学校が、来年度に向けて本腰を入れだし、
おぼろげながら担任も決定しつつある2月に勝負をかけます。


何となく、手ごたえを感じた今日一日でした。


さんぽは・・・と言えば
やってました!久しぶりに 刺激の整理
今日一日の検査での出来事を、ぬいぐるみで再現していました。
ひだまりが、喜んで相手になってました・・・・。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

初めまして!junmamaです(^^)
就学時検診、もう~、そんな時期なんですね!
1年前を思い出します!
前の記事で 「小さな命が教えてくれるもの」
読ませて頂きました。自然と涙があふれてきました。
小さな小さな体で、一生懸命にSOSを出していたんでしょうね~。本当は、優しい心を持っているはずなのに、自分の中でどうしていいのか分からずに・・・・
小さな命から教えられるもの!自分と置き換えて・・・
変わって欲しいですね~!大事なたった一つの命。

これから、就学に向けて、頑張って下さい!
応援してます!
また、お邪魔させて頂きます(^^)

  • 2009/10/30(金) 08:25:59 |
  • URL |
  • junmama #xmZaWf.c
  • [ 編集]

junmamaさん、はじめまして。こんにちは。
あっでも、実ははじめまして、なんていいながら、結構私はいろんな場所で、一方的に会ってたりして・・・えへへ。
なんだか、片思いの相手に会えたような・・・。
コメントをいただき、お話できるなんて、すごくうれしいです!!
 
秋君のエピソードは、私の中で、ずっと心の奥で、しまいきれずに顔を出していた記憶です。
今回、言葉にして、改めて、秋君の、はなっていた「キラキラ」は何だったのかを確認した気がします。
けっして、きれいごとではない。
そこには、現実が待っていて、秋君がたどった道は、おそらく厳しいものであっただろうな・・・と思うのですが、
でも、秋君の持つ、子ども本来のキラキラは、最終的に彼を救ってくれたのではないか・・・と、そう思えて(願って)しかたありません。

就学に関しては、自分ひとりで、ではなく誰か専門家に頼りたかったのですが・・・、
この社会は、やっぱり私やさんぽにもなかなか厳しいもんで、
自分の身ひとつで動くしかなくなってしまったので・・。
記事は強がっていますが、本当は・・・・味方がほしいし、ちょっと苦しいのが本音です。
でも、就学は一つの山。
ここは、がんばりどころですもんね。
弱気になりそうな自分はおいやって、ちょっと気合入れていきますよぉ。

junmamaさんの応援、ぐっと励みになります。がんばります。

  • 2009/10/31(土) 01:14:12 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

うわぁ~~。記事がたくさんになってるよ~~~。どこから書こうか?(笑)
なんだか忙しいときも見に来てはいたんだけど、さっと読んでも、言葉が頭に入ってこなくて・・・(結構テンパっていたのだとおもいますが・・・^^;)今日も息子が代休で横に張り付いてノンストップでしゃべってますが・・・・e-263
前置きはこの辺で・・・(笑)
不安になっていた就学時検診。うまく流れたね!!社会はなかなか思うようには動いてくれないe-282と思うけど、逆にそういうことで親は気合を入れて、戦う姿勢で(笑)望めるのかも知れません。なんたって第一関門ですから。私もレポート書きましたよそういえば・・・。(汗)
結局出さずに説明だけで終わりましたけど、書くことによって心と頭が整理されて冷静に戦えました。相談できました(笑)
近くにいれば少しは力になれることもあるかもしれないのにね~~。ざんねんです!!
うまくいくようにそちらの空に向かって叫んどきます(笑)
でもね、てごたえがあったってのがさすがっ!!すばらしいわっ!!



  • 2009/11/02(月) 10:48:36 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

記事、いっぱいになってました?えへへ・・・大丈夫っすよ。
リトルガルさんに恥ずかしいほど、更新けっこう遅れがちなので、すぐ追いついちゃうと思います。
でも、一記事が長いモンで・・・時間がないと読めないですよね。
なんかいっつも長くなっちゃって・・・まとめる力が・・・がんばります。

それにしても、コメント読んで、本当にリトルガルさんが近くにいればなあ~と思いました。
本当のこと言って、誰も頼る人がいないですから。
自分ひとりでいばらの道を切り開いている感はいつだっていなめません。
今回のレポートも、結局、助言なしで仕上げた上、だんなに見せても、「ふーん、これね。」で終わりだし・・・。
「こうしたらどう?」「こういう成功例があるよ。」「これは、いらなくない?」そういう言葉が誰かにいってほしいし、「これで、いいよ。がんばっておいで。」って言ってもらえたら、もっとうれしい。
空からの応援メッセージだって、本当に力になります。
いつもありがとう・・・。

  • 2009/11/05(木) 00:12:10 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/257-717c14ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。