ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス!!

クリスマスイブですね。
今年も、さんぽとひだまりを連れて、あちこちのイルミネーション見に行きました。
ひだまりが、「キラキラ、きれーだねー。」と味わえるようになったので
今年のイルミネーションの鑑賞は、また一層楽しい。

去年と違うのは、さんぽの保育園後に、イルミネーションを見にいけなくなったことかな。
保育園後は、家族で過ごすより、お友達と遊ぶ約束の方を、さんぽが選択するようになったから。
去年は、「キラキラ見に行く?」って言えば、どんな時でも「行く!」って答えたのにな。
さんぽは、キラキラが小さい頃から大好きで、私もさんぽがはしゃぐ姿、見てるのがすきだったんだけれどな。

心は成長していくもの。いつまでも小さいままではないもんね。
寂しいけれど、こうやって大きくなる姿、見送っていかなきゃね。


クリスマスのイルミネーション、

だんなは「電気の無駄づかい、エネルギーの無駄な消費だー!」と言いますが
私は、大人ながら心安らぎます。

そこに行き交う人々の姿・・・
手をつないで笑顔をかわす、プレゼントを抱えた家族
肩を寄せ合う恋人たちのシルエット
この時だけは、ケーキ屋をのぞく、会社帰りのパパたち
携帯のカメラで写し合ってはしゃぐ、制服の女の子たち・・・


空から降ってくるような、たくさんの輝く光の中で、
当たり前に繰り広げられている、笑顔の日常

街のイルミネーションの中を、さんぽとひだまりと手をつないで歩きながら
私も、その当たり前の笑顔の1人なんだと想像するのも幸せ。

イルミネーションから伝わるあたたかい人の気配
流れるクリスマスソングの、優しくて穏やかな音色

クリスマスの街が、こんなに心安らぐのは
普段は感じたこともない、「平和であること」のあたたかさを、感じるからなのかもしれない。


私は、正直、クリスチャンでも何でもないんですが
(母の実家はお寺で、関係ないですが、おじいちゃんはお坊さん・・・ハハハ)
クリスマスという、お祝いが、大人になってもなぜ、こうやって心をなごませてくれるのか
何となくわかる気がするのです。


どうか、世界の全ての子どもたちが、今日は、平和な夜を迎えられますように。
銃の音ではなく、クリスマスソングを耳にしますように。

誰もが、サンタの訪れをうきうきしながら待つ・・・そんな静かで優しい夜でありますように。


アメリカの同時多発テロ、その後も続いていた戦争の話題が頻繁だった頃
さんぽがお腹に宿っていた私は、いったい、そこの妊婦さんたちはどんな思いをしているんだろうと思った。
さんぽが産まれ、その小さな命を抱いた時、この命を守るのは私しかいないんだと。
この地球で生きる母たちは、きっとみなそう思っている、
クリスマスの日に、子どもの笑顔が見たいと。

私にできることは何もないのだけれど
毎年、この日は、誰かに向けて、クリスマスソングを奏でようと思う。

たった一人の小さな反戦活動・・・今年も続けます。


世界の子どもたちに、クリスマスソングが届きますように!!


メリークリスマス!!!


A very Merry Xmas
   And a happy new year
    Lets hope its a good one
    without any fear

       (John Lennon 「Happy Xmas(War Is Over)」 )





テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/270-cd707da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。