ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視機能トレーニング

視機能のことについて 以前記事にしましたが、
最近、また、そのことが気になり、本腰を入れてさんぽにトレーニングをしようと思っています。

そのきっかけになったのは、1月終わりの通信大学でのスクーリング
講義の内容が「学習障害」、その中でも「よみかき障害」についてのものでした。
そこで事例としてあげられた、よみかき障害をもつ子どもたちの困難。

・・・例えば、たくさんの音を全部耳で拾い上げてしまう中での授業のわかりにくさ
・・・例えば、「め」と「あ」、「は」と「ほ」などが同じ字に見えてしまう中で、文章を読む難しさ

自分自身が講義の中で体験した上で、その困難さを想像すると、
そして、おそらくさんぽもそういう傾向があるだろうと思うと、

これから訪れる学校生活での生きづらさがわかってしまい、
胸が痛くなって、思わず、涙ぐみました。

教師として子どもたちとかかわった時、
よみかきを苦手とする子は必ず1人や2人は、教室にいた。
その子たちの、できない苦労はわかっていたつもりだったし、教師としてできる支援はしていたつもりでいた。

でも、私は、まったくわかっていなかった。
こんなに、つらいことだなんて。大変なことだなんて。
そして・・・さんぽもきっと、この想いを味わうなんて・・・。


そして、次の内容で、頭をゴツンとされたような気持ちになりました。


読み書き障害の中でも、「視機能」が原因の困難においては、
「視機能検査」によるトレーニングを行うことで、一定の効果が報告されているということ。


私が、頭をゴツンとされたような気持ちになったのは
さんぽが、6月のWISC-Ⅲ発達検査で「視機能の問題」を指摘されていたことに関係します。

記事にもしましたが、その時だけは、大慌てで、トレーニングをしてくれるところを探し、通いだしました。
でも実際、場所が遠くお金もかかることなので、3ヶ月に一度になり
家でのトレーニングも、がんばったのは始めの頃だけで、最近はすっかりおろそかにしていたからです。

どこかで、私自身に、さんぽの視機能での遅れが実感できず、危機感が薄かった面があると思います。

トレーニングの効果は十分感じていたのです。
記事にもかいたように、キャッチボールがうまくなったし、ひらがなもすらすら読めるようになりました。
でも、逆に「なんだ、すぐできるようになったから、そんなに心配ないじゃん。」
なんて、ひどく安易な考えに流れてしまっていました。

視機能の問題に早めに気づかせてもらっていていたのに
きちんと対応できなかった自分が悔しい・・・。

時間は取り戻せないのに・・・。


しかあーし、ここは私。

悔やんでばかりいても前には進まない、動かなければ・・・
・・・・この腰のあげ具合が早いのはもともとの性格ですが・・・
1月の終わりの頃は、まだ、胸のしこりの結果がわかっていなくて、
手術になる前に、さんぽのこと、やれること全部やっておかなきゃっというあせりが
私の腰を一気に押しあげてくれました。

よしっ! 奮起だあああああ!!

大学でのスクーリングの後、すぐ「視機能トレーニング」について、すぐ検索開始しました。


「トレーニングが続かなかった」これには理由がある。

「危機感がなく、必要性を感じなかった」という私の感情的なものも理由の一つです。
それに加えて
私にもさんぽにとっても、トレーニングの内容が、家で続けやすいものでなかったことも大きな原因でしょう。
単調であったり、簡単すぎたり、あるいは、トレーニングそのものが楽しくなかった・・・・。

何か工夫しなきゃ、多分、トレーニングを再開しても、また続かない。

そう思い、通っている視機能トレーニングのメガネ屋さんからの提案以上に
もっと、自分で視機能トレーニング自体を考えていこうと思いました。
ネットで、6月にもたどったはずの検索を、改めてクリックしていくと、
情報は、半年前よりずっと多く出てきました。

さんぽに合いそうなトレーニングソフトもあったし
今通っているメガネ屋さんより、もっと近い場所で
ビジョントレーニングの教室が開かれている情報もゲット!

たった半年なのに、
ずいぶん「視機能」の面に研究が進み、新しいトレーニング方法や器具が開発されていることに驚きました。

本当に、「発達障害」の理解と研究は、一気にすすんでいるんだと実感。

さんぽにとって、これからの道が、少しでも生きやすくなるかもしれない。
そう思えることが、足を前に出す力と勇気になる。

まだ、情報は、知らない人は何も伝えられぬままの状態で、支援体制が整っているとは思えないけれど
でも、探そうと思えば、より理解の進んだ支援の方法を見つけることができる。

ならば、常に探していこう。
今の状態に甘んじることなく、ただただ将来を不安に思うのではなく
さんぽの生きやすい支援の方法を、見つけていこう。

それが、私の役目だ。

情報の多さは、気持ちを高めてくれました。


3月から、一度、ビジョントレーニングのある教室に通ってみるつもりです。
体験はすませ、さんぽの反応はまずまずのところ。
もうすぐ、学校準備のために1年通った学習教室が終わるので、家計的にもOKなのが何より(切実な問題ですよね)!
どんなトレーニングなのか、どんな効果があるか、また報告しますね。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

>まだ、情報は、知らない人は何も伝えられぬままの状態で、支援体制が整っているとは思えないけれど
でも、探そうと思えば、より理解の進んだ支援の方法を見つけることができる。

>ならば、常に探していこう。
今の状態に甘んじることなく、ただただ将来を不安に思うのではなく
さんぽの生きやすい支援の方法を、見つけていこう。

前を見れば前が、横を見れば広がりがきちんと見えてきちゃったりするもんです。

先生相手にえらそうな!!はははe-263
私にもその行動力分けてくださいな!!

  • 2010/02/28(日) 00:09:46 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

なにをおっしゃる、リトルガルさんのパワーにはかないませんがな。

「前を見れば、前を。横を見れば広がりがきちんと見えてくる」・・・か。

いい言葉だなあ~。
私、時々、足元だけを見て突っ走ってる時があるから・・・・、
あるいは、前、霧で見えてないのに、とりあえず走っちゃえ~ ・・・あれ~ここどこ?どうしよう、みたいな。

前も横も、ちゃんと見れば見えるんだよね。

心にメモしておこうっと。

  • 2010/03/02(火) 03:31:24 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/276-4bf436af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。