ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポートブックと新しい担任の先生

さて、予告しておいた、実際のサポートブックと懇談
すっかりタイミングが遅れ、何か高まっていた気分も少々なえがちに。

それでも、せっかく書こうと思っていたことなので、記事にしようと思います。

サポートブックについては、たくさんネット上にも出ているし、
親の会では、必ず課題となる大きなテーマだし
専門の本も、最近はくつか探せばあるので、本当にありがたい時代になった気がします。

私は、そういうものを柱立てにして、いろいろ紹介されているサポートブックのいいとこどりをして、
母が、満足できるものを作成するのが一番だと思うんです。
「どれが一番いいっ」っていうのは、ないから。

今は、PCから閲覧できるように、それぞれの教育委員会が形式を出しているけれど、
私は、逆に、形式化されちゃう方が怖いように思います。
先生たちが書類として扱って、ちゃんと読まなくなっっちゃうような気がして。


って、私のサポートブックに対する考えは、前の記事にもう書いたか・・・。
くどかった。ごめんなさい。

実際どんなんにしたかっていうのでしたね。
私の場合、教員だったという経験をふんだんに利用して、教員の立場から作成してみました。

Q 担任が(サポートブック)を開くのは、私ならいつ?
最初の懇談、問題がおきた時と、個別の指導計画表をかく時、或いは校内委員会で話し合われるとき。

例えば、気になる問題行動を見つけたとき
「最近、妙なしぐさをよくしているな。何かのサインだったっけ。」とを開く。

不登校が続きはじめたまなど、大きな問題行動になって担任にはお手上げになってきた時
「保護者にはちょっといいにくいことがあるな。誰かわかる人に相談できないかな」とを開く。

校内委員会で、幹部の先生から、「もうすぐ運動会があるけど、あの子の対策は何かしているか」ときかれ、
あわてて「運動会はどうすればよかったっけ」とを開く。

を開いたら、すぐに対応できる
そういう利点があって、は担任にとって、よく手にとるものになるはず。
それは、支援のしやすさにつながるはず。
かな?

さんぽのサポートブックは、こんな感じ。ファイルして、表にマル秘マークをつけて渡しました。

1面目・・・一般情報、支援関係機関(施設名、担当者、支援概要、連絡先)
2面目・・・生育歴、発達検査の記録と学習面での支援方法
3面目・・・特徴
4面目~・・問題行動と具体的支援{項目、状況、支援(対応)、支援(予防)}
7面目・・・環境の変化・行事においての留意事項
      (席替え、身体測定、運動会、遠足、児童集会、給食掃除当番、遅刻早退についてなど)

それを持って、入学式次の日に懇談。
この日しか、サポートブックをゆっくり説明できないので、たっぷり40分時間をとってもらいました。
特に、ゆっくり説明したのは、4面目の問題行動と具体的支援です。

担任が一番参考になるのが、おそらくここだから。
自分が直面するはずの「困っている時のサインとなる行動」が何よりも気になると思うんです。
誰でも担任ならば、自分のクラスの子どもが困っていることを気づいてあげたいとは思う。
でも、気づくアンテナがあるかどうかは、その人によりけりなんですよね。

だから、さんぽが困っている「状況」の説明を、できるだけ具体的に想像して、話す。
「過去の実例」なんかは、すごくわかりやすく、教育現場が長い先生ほど、ピンとくるものだと思います。


状況の説明の書き方については、神戸市の教育委員会が出している「サポートブックの書き方」に詳しくのっていましたよ。是非、参考にしてくださいね。


ということで、どきどきの懇談。
笑顔の優しい女の先生は、私と同じくらいの年齢でした。

サポートブックを開いて、説明している間、表情は常に穏やかで、落ち着いた様子。
はっきりいって、でてくるオーラで、すでに合格でした。
ハハハ・・・この先生なら、サポートブックいらなくね?みたいな。

その先生ったら、途中で、こんなふうにいうんです。
「これって・・・さんぽ君だけじゃなく、1年生ならみんなしてあげたい対応ですよね。」

・・・そう思えちゃうタイプか。う~ん、すばらしい・・・。
ますます、サポートブックいらなくね?みたいな。

さんぽへの支援を、特別なものとして重荷に感じるのではなく、
ごく当たり前の、指導方法として受け止めてもらえている・・・

この先生なら、大丈夫だな。

さらに私をほお~っとさせた言葉があります。
それは、名札の取り付けの件。
隣のクラスでは、入学式の日に「自分で取り付けたりはずしたりするよう、練習してくるのが最初の宿題です。」
といわれたのをきいたから。
さんぽには、あの親指と人差し指との微妙な力具合を調節して行う名札の取り付けや取り外しは、まだとても無理なので、家で練習はするけれど、できないことをあせらしたり責めないでほしいという話をしたところ

「さんぽ君、名札の取り付けが苦手なら、できるようになるまで、家で、ゆっくりつけてくればいいですよ。
そっと上着で隠しちゃえば、どうですか?。
名札を学校で取り付けるのは、校外の安全対策なので、外で名札が見られないように工夫すればいいことですから。
学校で学んでほしいことは、そこではなく、ほかにありますから。」


自分で名札の取り付ける
その小さな活動一つをとっても
それを行う理由は何かを、正しく理解し、
その行為が苦手な子には、その子にできる段階を追った別の方法を提示してくれる。

これが支援の基本だと思うんですよね。
そういう考えをこちらにさっと言える先生は、支援という意味をちゃんと知っている方だ。
ますます、さんぽのサポートブックは、いらなくね?

懇談を終えた後は、何だか浮き足立つ私でした。

それからしばらくして、元気に学校に通うさんぽに、担任の先生はどう?ときくと
「最高!多分学校の先生の中で一番いい先生だよ。
 だって、話がすごくわかりやすいんだ。
 きっと、オレたち一年生だから、ゆっくり話してくれてるんだ。
 いつもにこにこだし、この先生でよかったよ。」
と言っていました。

あ・・・やっぱりな。
ちゃんと、こどもにも伝わるんだよね。


テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/287-7b5e6122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。