ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長く連れ添ってきた、我がパートナー

今年のゴールデンウィークは、とっても天気がよくて、いいですね。
本当なら、私たちも海辺キャンプに行ってるはずでしたが・・・。

ひだまりが、血液検査の結果、
好中球というウイルスなどと闘う免疫力?の数値が低く、また何かに感染すると重症化するおそれがあるため
家でゆっくりしています。

「晴れ」となると、どこかに行きたくなる、私とだんな・・・。
休日に家の中にいると、もったいないような、人生無駄にしているような、とても悪いことをしているような
妙な気持ちになり、意味もなく外に用事をつくっては、さんぽを連れ出してます。

でも、何も予定もない休日ってたまにはいい。

だんなが、仕方なく、子どもとの遊びに付き合うから。
ベイブレードで対戦したり、キャッチボールしたり、ひだまりのお人形遊びの相手をしたり・・・。

みなさんのだんなさんは、普通に子どもの相手ができる人ですか?

うちは・・・仕事のある平日にそれをすることは、全くない。
普段は、子どもが寝静まってから帰ってきて、子どもが待っているから早く帰ろうって気もないし
早く帰ってきたところで、いつもより新聞をたくさん読んで、子どもより早く寝てしまうのがおち。
たとえ子どもがすぐそばにいても、一日中、全く関係ないそぶりでテレビの前に座ってられるタイプです。

一応・・・教員なんですけどね・・・。

いえ、子どもが嫌いって訳じゃないんです。
でも、子どもがいることに、気づいてない・・・っていうか、どうもパパとしての優先順位が違ってるんだろうな。

例をいえば、ひだまりが入院しててんやわんやしている先週の休日のこと。
こんな時は、だんなの出番なんですが、だんなは、自分の中にある予定は、「変えない」のが前提。
入院中のひだまりに付きっ切りのママ、さんぽはパパしか面倒をみる人はいないのだとはわかっているのだけど
自分のもともとあった予定(いっとくけど仕事じゃないよ)を変更は、しなくてもいいって思ってる。

どうも、そこは、だんなの「常識」らしいんですよね・・・。

で、どうするかというと
自分の予定が入っていた半日は、普段会わない自分の親戚に、さんぽを預けようと手配。
たださえ不安定なさんぽを、全くなじみのない親戚に、1人にして預ける?
そのたいした役もない、ただの地元のお祭りの会への参加を断わればいいことなのに、なぜそれをしない?
・・・私には思いもつかない常識はずれなことなんだけど、だんなとしては当然らしい。

大人だって考えたら嫌なのにね。
だんなだって、今だに私の実家に半日訪れることさえ、緊張が隠せないから、わかりそうなもの。
でも、自分の予定を変えないために、だんなは、発達障害を持つわが子にそういう形を選んでしまう。

私には、だんなの、????部分であり、
結婚する前から20年近く、二人のケンカの原因っていえば、そういう自分都合の常識についてでした。
大抵は、だんなはそこは当たり前と思っているので、ケンカして意味があったためしがなく、ほとんど平行線のまま終結してます。

でも、どうやら悪気があるのではなく、相手の立場に自分を置き換えて考えにくいっていうか、
だんなの中で、自分の都合の優先順位の回路しかつくれないのだとわかってきて
私の中に、ケンカにする気もなくなってきました。
それより、上手に説明して、その回路を修正するか、もともとそういう状況を回避できるように設定した方が
互いに苛立たないので。

そんなだんな、
休日やゴールデンウィークは、だいたい家族を連れてどこかへ出かける計画を立てます。
どこかに出かけてしまうと、だいたい「連れて行く」「テントの設営をする」「コンロを設置する」が
自分の楽しい役目だと思い込んで、その活動のみに没頭する。
先ほどの「子どもと遊ぶ」ということは、そこでもどうやら優先順位にないことなんですね。

まあ・・・テント設営とか、火をたくとか、大変な作業を、楽しそうに生き生きとしてやっているから、
そこを何もかも任せて
ひたすら、子ども相手をすることは、私も楽だし、子どもたちも楽しいので、いいんだけど。

でもふと思うと、このキャンプは、家族のための計画?、いや自分のための計画だよね?っと思うところはあるんです。
それでも、そうやって、だんなが家族と自分のバランスを保っていると思うとね。
さんぽやひだまりが嫌がるようになるまでは、これからも計画していけばいいかなって思ってはいるのですが。


だから、今回のゴールデンウィーク。
思いがけない形で、キャンプがおじゃんになって、全くフリーになった家族。
どうにも、時間をもてあそび、さんぽやひだまりの相手にされるだんな。
予定変更に最後まで抵抗しながらも、そうとなれば子どもの遊びに付き合っている、
そういう普通のパパらしい姿を見るのは

お母さんとしては、
たまには多数派のパパの常識を味わってもいいんじゃないの、うっしっしっ・・・なのであります。


だんながらみでは、ついでにこんな話も。

だんなは、子どもたちに人気のアニメ「ペンギンの問題」(知ってる?)が、さっぱり意味がわからないらしく
こどもや私が見ていると、その訳のわからなさに腹さえたってくるらしく、言葉で嫌悪感をあらわにします。

私は、好きなんですよ。あういう笑い。
予想もできない表現とか、ばかばかしいほどありえない場面展開とか、もう笑えてしょうがない。
世の子どもたちが、何で見たがるのかよーくわかります。
そこで
「ねえねえ、あなたには意味がわからないかもしれないけど、
 人気のある番組の意味がわからない自分の方が、少数派だってこと気づいてる?」
って聞いたら、
思いがけないことだったらしく固まってました・・・。

っていうか、だんなの考え方や、常識の優先順位や、相手の気持ちの察し方
そういうのが、さんぽと同じように、おそらく少数派だったってこと
私だって、最近やっとわかってきたんですけどね。


私自身も、多少さんぽよりだとは思うのですが、
だんなは、より一層さんぽに近い。


とかくマジメで純粋で、好きなことには詳しくて、どんな人も受容する頑張りやなんだけど
何だか考え方が不器用で、応用がきかず、予定変更や新しいシチュエーションにめっぽう弱い・・・。


そうか・・・だんなは、さんぽとそっくりだ。

テーマ:旦那さんのこと。 - ジャンル:結婚・家庭生活

コメント

あはは!

ご無沙汰しております。

「とかくマジメで純粋で、好きなことには詳しくて、どんな人も受容する頑張りやなんだけど
何だか考え方が不器用で、応用がきかず、予定変更や新しいシチュエーションにめっぽう弱い・・・。」

ここを読んで大笑いして、思わず主人にも見せてしまいました。これってまさにうちの主人のことです!だからこそ息子の気持ちがわかって私が全く気付かないようなことを気づいてくれるので助かることもあります。そういうことはありませんか?

  • 2010/05/05(水) 23:42:07 |
  • URL |
  • butterfly #-
  • [ 編集]

butterflyさんへ

お久しぶりです!コメントありがとうございます。
あるあるーーー!!
私が、学んだことを駆使してさんぽを理解しようとしてるのに、何も知らず考え込まなくても意外に上手にさくっと対応しちゃう部分。

担当医にいわせると、私がさんぽの行動で理解できずに悩んだ時、だんなに委ねると、結構、何も知らなくても上手に対応することがあるはずって・・・・。
確かに私が、さんぽの行動や考えに頭でしか共感できない面を、だんなは心から共感している時があるし。

butterflyさんのご主人さんも同じ性格なんですね。この記事で、大笑いできちゃう仲間がいるとは、思いがけず、ちょっとうれしかったりして。
そうするとやっぱり、普段は困る・・・ていうか気づいてほしいよなってことも多いんですけど、扱い方さえマスターすれば、憎めないいい人っていう・・・??そんな感じ??違うかな(i-229)???

  • 2010/05/06(木) 02:22:45 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

うちも一緒だよ~~(笑)
イライラがマックスに達したときもあったけど、今となっては笑える!!
しかもうちだけじゃないんだ~~と思うと、くっくっくっと笑いが止まらない~~~!!(*≧m≦*)プププw

  • 2010/05/09(日) 23:02:34 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

その通り!

まさにその通りです!
憎めないいい人だけど、扱い方を間違えると大変なことになるのですよね。
主人はエンジニアをやっているのですが、会社では自分のようなタイプの人間がたくさんいると言っていました。あのタイプがたくさんいる会社組織って成り立つのかなあ・・・。想像を絶する世界です!

  • 2010/05/09(日) 23:53:42 |
  • URL |
  • butterfly #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

ええ~っ!!!
リトルガルさんのところもそうかあ。
うんうん、わかるわかる。過去には何度もマックスきたきた。
butterflyさんとこと3人で同盟結ばなきゃ。
ホント、いや笑ってくれる人が何人もいてうれしいや。

  • 2010/05/11(火) 02:37:17 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

butterflyさんへ

やっぱり!!あはは、同じだわ~。
さんぽの医師がいうには、意外にも中学校の教員にも、多いんだって。
確かに、思春期真っ盛りの子どもたちと向き合うのに、
中途半端に普通の感覚で、相手の気持ちを読み取れたり寄り添えすぎたりすると、
負のエネルギーにまいっちゃうところがあって、
ものすごく人間ができているか、或いは、だんなタイプみたいなマイウェイじゃないと、
やっていけない世界ではあるかなと思うんです。
私には、何となく違和感があった中学校の職員室の空気も、そういわれれば納得できます。

リトルガルさんのだんなさんみたいにエンジニア系も・・・多そうですよね。
きっと、だんなタイプにとって、個性を生かせる分野で、居心地がいいかもしれませんね。
いったいどんなふうにまとめていくのか・・・経営陣にノウハウをききたい!

  • 2010/05/11(火) 02:52:39 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/290-d440acc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。