ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての小学校の運動会

報告が遅くなりましたが、さんぽの運動会、終わりました。

天気は快晴。
私もいい歳こいて、ガングロになりました。
さんぽは、早速、顔の皮が一皮向け、男の子らしさもUP。
でも、その日、スギ花粉が飛び散ってたようで、次の日まぶたがポンポン
眼科に行ったら、同じ小学校の子どもたちでいっぱい・・・1時間半待ちでした~

さて、前日はあんなんだったさんぽの運動会、どんなんだったか気になるでしょ?

さんぽファン(いますか?)の長い方は、予想できていたかもしれませんが
予想通り、ほぼ完璧。

朝こそ、「嫌だなあ」の一言はありましたが、そのわりには支度には気合いが入る。
そして元気よく、「行ってきま~す!」と出て行きました。

開会式。
背が一番高いさんぽは先頭。
背が高いのは生まれつきで、学校の配慮があるわけではないのですが、
先頭なのは、ラッキーでした。
自分の位置にはっきり目印があるし、目の前が先生なのは、指示も通りやすいですよね。

今回の初めての小学校での運動会だったのに、練習期間の間に、さんぽにあまり不安行動がでなかったのは、
そのあたりに原因があるかもしれません。
保育園のときは、背の低い子順だったので、さんぽは一番後ろ。
どうしても、指示が通りにくく、位置も一定しない上、前の子どもたちからの刺激も多くて。
さんぽにとって、一番前になる緊張より、何をしているかわからない不安の方が、つらいことですから。

私個人としては、運動会が「背の高い子順」というのは、どうも体育会系の先生の「見た目優先」を感じて
教員時代から反対派なんですが
今回に限っては、感謝!!してます。(ま、親になれば自分の子のことしか見えないものですから!)


問題のかけっこは、勿論、緊張気味でした。
でも、不安に陥る様子はなく、それなりに一生懸命な「気持ちの高揚」は遠くからも見てわかる。
順位は何だろうと、それだけで十分。

本当に、それだけで十分うれしいんだ。

私は、あえて、ゴール側には向かわず、スタート側から応援しました。
たとえ、どんなに走りを褒められたって、自分が早くないのは自分自身わかってる。
みんなの前で、足の遅さをさらさなくてはいけない・・・それがどんなにつらいかを、私は知っています。
あえて褒めることもせず、触れないのが家族の思いやりかな、と思ってます。

以前にも記事にかきましたが、この「かけっこ」
6年間続くことに、何か教育的な意味があるのだろうか、といつも思います。
どんなに授業を研究したって、クラス経営のプロをつくりあげたって
時代を超えても、変わっていない「かけっこ」の形式が、
「日本の教育思想は根本が間違っている」ことを表しているように思うのだけれど・・。
早く、気づかないかな・・・。
体育だけが、みんなの前で下位と言うレッテルをつけるのを、公然と許されているってこと。

話がそれましたが、さんぽの運動会

力の入った玉入れは、さんぽのチーム「赤」が圧勝!
遠くからですが、いくつかさんぽの玉がかごに入ったのも見えました。
前日ずっと・・・練習してたもんね。入ってよかったね。

お母さん、思わず、大人気なく「赤勝って・・・!!」と指を組んでお願いしちゃったよ。


応援席で待つさんぽは

太陽がぎらぎらと照りつける強い刺激にも目もくれず、流れる汗も気にすることなく
ずっと、大きな声で手を振って、赤を応援し続ける。
後ろにいる私を振り返ることもなく。。。。

改めて、さんぽが前日に感じていた「不安」
それをのりこえさせているのは、私の存在ではないんだな、と思う。

あれだけの不安をもふりほどき、前に進もうとする力は、
さんぽ自身がつくりだしている。

不安をのりこえさせているのは、誰でもない、「さんぽ自身」なんだな。


さあ、全ての種目が終わりました。
照りつけ続けた太陽と興奮のおかげで、そろそろお疲れモードも見えてる一年生の応援席。

でも、「閉会式が始まります。」というアナウンスがかかると
さんぽは、誰よりも一番に立ち、さっそうと駆け足で運動場に向かいだしました。
きびきびとしたさんぽの動作には、今日一日の疲れは見えない。

そっか・・・・先頭だから、さんぽが一番にいかないといけないんだ。
さんぽの運動会は、まだ終わってないんだね・・・。

走り出した、さんぽの背に「責任」の文字が見えた気がした。



手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて、凛と立つ後姿が、あまりにたくましくて

少し、私から遠くなってしまったようにさえ感じる1年生のさんぽ。



初めての小学校の運動会

さんぽはまた一つ大きくなりました。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

おつかれ~~!!
小学校最初の運動会。親も結構ヤキモキするんだけど、それにしてもがんばりすぎるくらいがんばったんだね~~。すごいねぇ~~~。

>体育だけが、みんなの前で下位と言うレッテルをつけるのを、公然と許されているってこと。

↑こういうとこ気付かんかったわ!!
そういわれてみればそうだね。

気付かずにとおりすぎてしまうこと、一杯あるもんだねぇ


さんぽ君。これからどんどん成長していくんだろうね!!^^

  • 2010/06/04(金) 13:15:22 |
  • URL |
  • リトルガル #-
  • [ 編集]

リトルガルさんへ

ありがとう~!!マジ疲れたわ~~。
そう、さんぽは、また、自分のキャパを超えるほど、がんばってしまったので、実は終わった後の反動が、今少しずつ・・・ヤバっ。
それにしたって、無事、終わってよかったです。
ホント、1年生の親って、なにかとこんなにヤキモキするもんなんだね・・・知らずに担任してたなと今さら。

それから、運動会の常識ってね。結構おっかしなことが多いのに、何十年と変わらず行われてることがたくさんあるんだよ。
どうしても、体育会系の先生が幹部に立ちやすいから、見直されていかないんだと思う。
まあ、保護者や来賓の中でも、過去に運動会でいい思いをした運動得意な人たちは、運動会の形を変えてしまうと、クレームつけたりするから余計に難しいんだけどね・・・。
それでも、開会式とか、少しずつ形は変わってきてるので、いつかは、かけっこも形をかえていくと信じたいな。

それにしても、このどさくさな時期に運動会が終わっちゃうのは、さんぽにとってはいいかも!
運動会後、余波がきても、夏休みを目標にできるし、まずは、ほっで~す!!

  • 2010/06/06(日) 23:35:55 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

さすが!

さんぽくんですね!!
カッコよかっただろうなぁ、と思います^^
その手抜き“できない”姿勢に親目線では、ちょっとほろ苦さを
感じてしまいますが・・・。
その代わりといってはなんですが、成長と比例していくのでしょうけれど^^
うちの娘も来春の就園に向けて動いています。
いろんな園の見学やプレ幼稚園への参加で、いよいよ感、というか、
運動会を含め、さんぽくんの集団生活の様子が現実的なものとして
感じ取れるようになってきました。
(園選びについて、四苦八苦しています^^;
図々しいですが、もしも、お時間のあるときに私のブログも覗いてもらえると、嬉しいです)
娘も頑張りすぎるタイプになりそう、とは担当心理士さんの弁。
そんなときの家でのフォローの仕方をまた過去記事で勉強させてくださいネ。

「かけっこ」のくだりでは、skymamaさんの考えに同意!です。
私も小学校の頃、背の順番からいつもリレーの選手たちとの徒競走だったので、
とっても苦痛でした。

(いつも駄文・長文すみません!)

  • 2010/06/07(月) 00:39:31 |
  • URL |
  • aka* #-
  • [ 編集]

かっこいいです!

「手を後ろ手に組み、足を肩幅に開いて、凛と立つ後姿が、あまりにたくましくて少し、私から遠くなってしまったようにさえ感じる1年生のさんぽ。」くん、とってもかっこいいです。さんぽくんファンの私は鳥肌立ちました。

かけっこ、確かに公然と順番がついてしまうのはどうかと思います。ただ、社会に出たら多かれ少なかれ競争にさらされるものですよね。だからその練習としては悪くないのではないでしょうか?受験の科目でもない、体育あたりで順番慣れしておくのもいいのかなと思うのはまだ息子が年少だからですかね。

息子はやっと勝ち負けの意味がわかったようで、この前かるた取りでお父さんに負けてしまった時の不機嫌ぶりには参りました。負けた時の気持ちのコントロールって重要な課題なので、体育はよい練習だと思うのですがどう思われますか?(ちょっと重いテーマでしょうか)

  • 2010/06/07(月) 23:08:13 |
  • URL |
  • butterfly #-
  • [ 編集]

お疲れさまでした

後れ馳せながら、「あれだけの不安を自分で乗り越え…」のくだり、読んでて涙がちょちょぎれました。(スミマセン、方言で)

うちの子は、まだちゃんとしなきゃという意識もないようで、集合や整列はまるっきりダメでしたが、演技だけは、ほぼ一生懸命にやってたようで…お子さんと姿が重なって。


運動会、お疲れさまでした

  • 2010/06/08(火) 02:34:41 |
  • URL |
  • れのあみ #t5k9YYEY
  • [ 編集]

はじめまして

5歳幼稚園年長の発達障害(非定型自閉症)の息子を持つ母親です。発達障害のブログを検索していてこちらのブログに出会いました。私もブログをやっていますが、自分の思いや子供の記録を残したくてブログをはじめました。このひだまりの散歩を読んで、自分と重なる部分があるなあと涙がでました。

  • 2010/06/08(火) 12:45:52 |
  • URL |
  • happy♪life #-
  • [ 編集]

aka*さんへ

「ほろ苦さ」・・・そうっ!そうなんです。
最後まできりっとした姿に、感心しながらも、どこかに、「もっといい加減になればいいのに・・・。」という想いもしてしまう親としての気持ち、同じタイプの娘さんを持つaka*さんにはわかってもらえるんですね。何だかほっとします。

娘さんの園選び・・悩むところですよね。
私も、あちこち回りましたが、結局、決め手となったのは、私のこだわり「さんぽと手をつないで、歩いていけるところ」と「さんぽのよく知っているお友達がたくさんいること」でした。
さんぽの園は、一クラス30人、3クラスもある大きな園で、それでよかったのか、登園しぶりの間は随分悩みました。
今となれば、学校もマンモス校なので、その練習となり、よかったなと思えます。
aka*さんも、今は悪戦苦闘かと思いますが、十分吟味しながらも、最後は、aka*さんのこだわりが決め手となるんじゃないかな・・・ニヤリと思います。
aka*さんの園へのこだわりは何かな~?
それもあわせて、娘さんとの楽しい生活を、ブログで拝見しにいっちゃいますね。
(以前からaka*さんがブログをしているなら読みたいなと思っていたので、URLを教えていただきすごくうれしいです!登録すぐしますね。)

それから、私自身、コメントが長い派なので、コメントの長さは、全く気になりません。
いつも思うまま好きなだけかいてくださいね。

  • 2010/06/09(水) 03:39:38 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

butterflyさんへ

うなずけるコメントありがとうございます。
実は、私、教員していた時に、「かけっこ」を含め、運動会についての率直な疑問を、投げつけたことがあるんです。その時、じきじきに校長先生によばれ、私の疑問に対する校長先生の考えを話されたんですね。
その時の校長先生の話が、butteflyさんのコメントと大体主旨が同じでした。
その校長先生は、教育者としても尊敬できる力のある方でしたので、butterflyさんの考え方は、常識的な、当然の意見だと思います。

ただ、たとえ常識をはずれているといわれても、私は、やっぱり運動会の「かけっこ」はおかしいなと思うのです。
教育は、「一人ひとりの目標」があって、そこに課題と成果があるはず。もし、第3者に見せるなら「成果」であるべきなのに、かけっこは「評価」。
課題は一斉で、そこに「一人ひとりの目標にあわせた指導の工夫や支援」は、見えてこないのです。
勝負のおもしろさや競争の経験は、実は当の本人たちは、体育の授業の中で何度も十分味わっています。
特に私のように、運動能力の低い子どもは、授業でいやと言うほど、競争における劣等感をうえつけられています。
それを、あえて、運動会と言う大勢の観客の中で、6年間も毎年評価される・・・そこに、教育の意味があるとは、私は思えなかったのです。

ちょっと力の入ったコメントになってごめんなさい。
私の中では、結構深いテーマなので。
ここを素通りできないのは、さんぽの問題であるというより、
私の過去からの問題であるからかもしれません。
学校教育関係者の中でも、「かけっこ」に対する私の考え方は、確かに、異端で・・・、
butteflyさんに力説しても、どうしようもないんですが、えっと、何か熱く語ってしまって・・・。
あえて、深いテーマにつっこんでいただいてありがとうございました。
誰かにつっこんでもらいたかったんです。私 。

それから・・・さんぽファン、見~つけた(これも誰かにいってほしかったわぁ)!!

  • 2010/06/09(水) 04:30:58 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

またきちゃいました^^;

さんぽファン、そして、skymamaファンの私にとって、『ブログを読んでみたかった』なんて、
涙ちょちょぎれるようなコメント、ありがとうございます!
そして、はりきってちょっと押し付けがましく、実はアメンバーという、不特定多数の人に
公開せず、登録した人だけに公開できる記事に
まさしく、大規模幼稚園のことが書いてありまして、それを読んでいただく(←ここでもう既に
かなりの図々しさ)方法がないか、考えあぐねています。
もしかして、fc2のブログを登録すれば、そこからブロともになって、メッセージを送れる、とか
ってありますか?
だとしたら、登録させてもらいたいな・・・なんて、ちょっと、ストーカー気味でしょうか^^;

それから、今日、朝の番組で速読についてやっていて、これって、視機能トレに通ずるんじゃあ?
と、朝からTV相手に「へぇ」とか「すごーい!」と話をしながら、ちょっと興奮してskymamaさんの
ことを思い出しました。
視機能トレってまだやっぱり、マニアックなものですよね。(私も北出さんの本、買いました。
概念はわかりましたが、月齢的に今はまだ実践できないこともわかりました)
でも、速読ならいろんな方法や習い事もあるので、一気にキャパが広がるのでは?と思いました。
もしかして、もうとっくに知ってるかもしれませんが・・・。
私も、もう少し、勉強してみたいと思ってます。

  • 2010/06/10(木) 00:54:35 |
  • URL |
  • aka* #-
  • [ 編集]

れのあみさんへ

こんにちは。あたたかいコメントありがとうございます。
れのあみさんのお子さんも、不安や嫌な刺激・・・たくさんのことをのりこえ、演技をがんばっていたんですね。
その本来の内に秘める、精神の状態を知ってるだけに、たった演技一つでも、親としてぐっとくるものがありますよね。

さんぽは、年中あたりから、運動会で、集合や整列も含めて完璧すぎに近い姿を見せるようになりました。
でも、ちょっと自分自身に強迫的な感じもして、「完璧にしなければならない」という気持ちが、逆に前日に不安感を高めてしまっている気もしないでもありません。
もう少し適当に手をぬいちゃって、運動会を楽しんでほしいなとも思ってしまう、複雑な親心・・・です。

  • 2010/06/10(木) 23:13:21 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

happy♪lifeさんへ

はじめまして。足跡残していただいてありがとうございます。
こうやって、同じ気持ちを共有できる方々と出会えるのが、ブログをしている何よりも素敵なところですよね。
毎日顔をあわす身近なお友達も、たくさんお世話になっている・・・でも、話していてどこか伝わりにくい、正直に全てを伝えにくい想い・・・そういう気持ちが、ここでは、すうっと出せて、そして、「わかるわかる」「すごいすごい!」って励ましてくれる仲間の存在までをも、どこかで感じる。
どうかこれからも、happy♪lifeさんも、一緒に、悩み励まし喜びあっていきましょう!ブログ、またのぞかせてください。

  • 2010/06/10(木) 23:26:45 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

aka*さんへ

fc2のブログで登録して・・とか、aka*さんがコメントを悩んでかいてくれているのをしっかりと読むこともせず、即行動に出ちゃいました。
アメーバ登録完了です。後のことを考える前に、行動しちゃう派なので・・・。
以前、新任のころ、同僚たちと「お花見をしよう」と決まったとたん、弁当と飲み物を買いに走り、公園で場所取りをしたのですが、よく考えたら、どこで花見をするのか決めてなかったため、誰もその公園に来なかったという経験の持ち主です(その頃携帯普及してませんでしたから。)

とはいっても、なかなか仲間のブログをのぞきに行く時間をつくれなくて、本当に申し訳ないのですが、余裕がある時には、必ずのぞきにいくので、待っててください。

速読・・・全く知識はありませんが、視機能と無関係ではなさそうですよね。
速読している時の眼球運動に、特徴がありますから。
でも、どういう脳のシステムで、あういう速さで内容理解ができるのか、私にはさっぱり??
また、わかったことがあったら教えてください。

  • 2010/06/12(土) 02:20:23 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/299-e645bad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。