ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6歳9ヶ月通院記録ー不安との戦い方

通院記録3回目です。
医師に相談したかったこと、3つめは、語用っていうのでしょうか、
その場にあわせた話し方ができない面についてです。

具体的に言うと、私が気になっているのが、体操教室の先生への話し方。

なにか新しい課題を出されたときに
「えーっ、なんで、そんなことするの。やりたくない。」
「めんどくせー。」「はあ?そんなことできないし。」
みたいな、生意気盛りの中学生が言うような言い方をするんです。

これが、見ていると、表情もセット。
ホント、こっちがイライラするような、反抗期の子どものような、いやな感じ。

私は知ってるんです。
内心、不安で怖くてドキドキな小心者のさんぽの心の本音を。
前だったら、体は固まり、声も出ず、泣きそうな顔をするはず場面。
いや、今だって、もし、その場所が新しいところだったり、親しくない先生ならそうなる。
でも、知った場所で、少し気心知れた、さんぽにとって安心できる先生になると、
それに反比例して、なぜか、ふてくされた態度で、生意気な言葉を言う。

何度か、「さんぽ!その言い方は間違ってる。先生にそんなふうに言わないの!」と
その場で、思わず声を荒げたこともあります。
でも、そういう時のさんぽは、すでに、ナチュラルハイ・・・というか、ちょっとパニックが入っていて
こちらの言っていることが完全には伝わらない状態なんですよね。

これをいったいどう理解したらいいもんかと。

その話をきいた医師は、わかるわかるといったふうに軽く頷いて言いました。
「それって、体操教室の時によく態度に出るんでしょ。
あのね。体操教室の内容がね。さんぽ君にとって、自分をものすごく奮いたたなくてはできないことなんだよ。
もともと苦手なものだし。どうやってやればいいかわからないし。
本人は、すごく不安で怖いんだよね。新しい場所だったり苦手な先生なら、パニックになってやれないかも。
でも、好きな先生だし、先生の指示に応えなくちゃ、よぉし、やってやるーっという時に
自分の不安を乗り越えるための、不安をふっきるための調子付けみたいなものがいる。
それが、そういう言葉になって出てきちゃってるんだよね。
本人とっては、その言葉の内容は意味のあるものではないんだけど、
どうしても言わないと、不安をのりこえられないものだから、必要な言葉なんだよね。」

・・・・・なるほど。

・・・・・確かにそうだ。その通り。
さんぽが不安になるはずの状況の時に、ふてくされた生意気な言葉が出ている。
ということは、「そんな言い方はダメ!」って制しては、いけないのか?

「そう、本人にとって、それが自分の不安をのりこえるための鍵なので、鍵をとりあげちゃだめしょ。
体操教室の先生が理解ある人ならば、話しておいてさんぽ君がそういう状態であることを理解をもらえばいい。
言葉は生意気なことを言うけれど、本人は頑張る気持ちがあるための気合なので、適当にあしらってくださいって。
自信がついて不安がなくなっていけば、次第に言葉自体も穏やかになると思うよ。」  

すごく目の前がクリアになりました。

最近、どうも気になっていた、体操教室以外でのさんぽの「めんどくせー」とか「えーっやりたくないー」とかいう言葉。
日常生活でも、時折出てきたあれは、「ちょっと苦手なことで不安なんだけど、やらなきゃ!」と思う自分を行動にうつすための鍵だったんだな。

さんぽたちは、すぐ大きくなってしまう、いろいろなことに対する不安をのりこえるために、
いつだって、必死に、自分の中で、対策を作り出そうとしているだな。

幼い頃は、それが、横目遊びや自己回転だったっけ。
自分自身に感覚的な刺激を与えることに没頭することで、目の前の不安から逃れようとしていた。
でも、大きくなると、言葉の鍵を持って、気持ちを奮い立たせて不安をのりこえようと・・・。

そうやって、不安と戦いながら、がんばってんだな・・・。


そう思えることが、私にとっても、すごく意味があります。
これからは、体操教室で、さんぽがふてくされた言葉を発しても
「先生に向かってどういう言い方してるの!もういらいらするなあ!!」と眉間にしわをよせるのではなく
「ああ、不安と闘ってるんだなあ。がんばれがんばれ。」と思いながら、見守れるんだから。

その違いって、大事ですよね。


また一つ、明日から、さんぽの気持ちに寄り添えれる気がする。

医師のアドバイスは的確です。



もう少し、通院記録、続きます。 

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/308-8b061caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。