ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の特殊学級時代(8年前)を思ふ~何もしらない先生~

今 科目終了試験に向けて 勉強中・・・。
「自閉症児・者への支援」「発達障害論」のレポート書いてます。
ママになってからの勉強は 時間と 自分の逃げとの戦い・・。
ひだまりがねんねのうちに と思って始めましたが
なかなか進みませ~ん。
さんぽが 保育園から帰ってくるまでの間の 限定時間。
さんぽも 苦手な集団生活 がんばってんだから お母さんもがんばらねば。
ただ 発達障害について勉強しているのは 自分のため。
そのきっかけは さんぽでは ありません。  

さんぽが1歳9ヶ月の時 地域の「子どもの心の相談」に行きました。
そこの医師は 発達障害に詳しい ある小児科医でした。
以前 私は その医師の講演を聴いたことがあります。
その手の話に興味があったからです。
なぜって ・・・それは特殊学級の担任をしたことがあったから・・・。 
そのことを 話すと
「じゃあさんぽくんに どういうふうに 対応すればいいか 話さなくてもわかっているわね。」
と言われました。

私は 言葉が出ませんでした・・・。
実は 何もわかってなかったのです。
特殊学級の担任をしておきながら 何も知らないのです。
その学級の中に「自閉症」と診断されていた子がいなかったから、
と言い訳したいですが、通級していた子どもには
今、思えば、明らかに高機能の子やLD、の子がいたのにもかかわらず・・。

発達障害のこどものために ボランティアで 相談をうけつけている その医師に
そんな教員がいたなんて 申し訳なくて ついに言い出せませんでした。
特別な知識や資格もない普通学級の担任が
次の年に特殊学級を担任するのは この地域では当たり前でした。

呼び名もまだ 特殊学級だった8年前
一年間でしたが 私は特殊学級の担任でした。

できたての特殊学級・・・その未知な状態に
現校から 担任を 希望する人がおらず
異動したばかりの 20代の私が 
若さと情熱を買われて(?)担任することになったのでした。

(数ヵ月後に 私は その人事自体が 間違っていることに気づきました。
本来 設立したばかりの場合、特殊学級経験者か障害児教育専門者で 
なおかつ その学校の流れや行事を知っている人が 担任すべきです。
次の年から 私は担任からはずされてしまいました。
代わりに、また未経験の方が担任を・・・がっくり。 )

教師としての経験も 浅かった私は
初めての特殊教育も 「情熱で 技術を補おう」 などと
世にも恐ろしげな 考えで教室開きをしてしまいました。

教室に入ってくることが楽しみになるように・・と掲示板にさまざまな掲示をはり
担任が決まって あわてて読んだ薄っぺらい知識で 
療育に使われる道具や おもちゃを 意味なく購入して 並べました・・・。
ほかの学校の 特殊学級を見せてもらい
上っ面のいいところだけをとりそろえました・・・。 
まさに手探りの状態の 環境で
根本的に ずれてました。 

ひどいですよね。
特殊学級の担任なのに 全然わかっていないのです。
掲示も 療育の道具も  
どれひとつとっても 私の自己満足で 空回り
その子にあわせた 支援ではなかった。
きっと 当時の担任していた子どもの親にとっては
「先生・・・。一生懸命なのはわかるけど 求めているのはそれじゃないんですが・・。」
でしょう。

ある程度 きまったカリキュラムをこなせばよい 普通学級と違い
特殊学級は 全て 自分でつくりあげていかなければならず、
でも何を どうしたらいいのか 本当は さっぱりわかりません。
明日の日のことが 今日心配でした。

設立したばかりだから その学校には特殊教育について詳しい人は皆無。
まして幹部は 悪気はないだろうけれど あきれるほど知らず
「ほかの子が見ないよう 教室に 目張りをしなくていいのか」などと
障害を マイナス要因としてとらえていた 大昔の教育の話です。
それに対し 逆に当時の 特殊教育事情を話して
考え方を 改めてもらわなければならなかったのです。
でも私だって 何も知らなかった・・・。
やっと 特殊学級のやるべきことが わかりかけてきた1年後
希望はかなわず 普通学級の担任を 命じられてしまいました。



あの8年前、毎日が 何をどうしたらいいかわからなかった私は
まずは すぐ次の日に使えるような 情報と技術がほしかった。
当時は まだ今のようにわかりやすい本は 簡単に手に入らず
また 障害児教育を 簡単に学びにくい 地域的な事情もあって
意欲のわりに 手に入るものは 少し・・・。 
あの時に もっと知識と理解があったら 目の前の子どもたちの 成長をうながせたのに
 あの時に もっと情報を手に入れていたら 生きやすい環境を整えてあげられたのに
   あの時に あの時に・・・。
申し訳ない気持ちと 悔しい気持ちとが 
そして さんぽの母であることが 
今 学ぼうとする私を 後押ししているのです


でも そのたった1年の間に すばらしい先生方に出会うこともありました。
このことは また改めて記事にしたいと思います。 こちら→自分の特殊学級時代を思ふ~道しるべを作った方々~


その 先生方は 「心配な子どもの事例研究会」を有志で行い勉強していました。
自閉症スペクトラムについて、もっと教師に伝えていくべきだと考えている 医師と
個々への専門的な対応の方法を 
医師と連携し教えてもらうべきだという考えの 教師との会でした。
そのころは 全部で10人ほどの少人数の会でしたが 
まさに そこにいた医師や教師のような人たちの努力が
のちに 「特別支援教育」が導入されるきっかけに なっていると思います。   

「特別支援教育」が本格的に 学校に導入され
その考え方や方法が 紹介されるようになりましたが
先生の考え方や教育方法が 急に変わるとは思えません。 
根本的な部分で まだ理解していない先生たちは 多いと思います。
それは 8年前の私のように 気持ちはあっても 空回りしたり 
直面する毎日に 早く対応したいのが先決で
対応の方法は 今までの自分の技術に 頼ったりしているのが 現状ではないかと。


そこに 発達障害について理解があり
      わかりやすい情報と 知識を 
       より実践的で効果的な方法を
   先生方の近くで 助言できるコーディネーターのような人がいたら・・・。 


いつか 教員の誰もが そういう知識と技術を持って 対応できる日
あるいは そういう教員やコーディネーター的な役割をする人が 
各学校にいる日がくると信じたいですね。



もし さんぽやひだまりが 許してくれるなら
私がやりたいことを 自由にやってもいい日がくるなら  
私は もう一度 教員をしたい。
ニーズに合わせた個別の支援で その子の成長と発達を促すことのできる教員に

そんなこといったら


・・・・まず ぼくのことを ちゃんと支援して!!
         
       さんぽにおこられそう・・・。 

  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

いろんな事が・・・とても良く分かります。

私もいつか・・・学校に戻りたいと思っています。
でも反面、今の学校教育が本当によいのか・・・私はそこでもう一度指導できるのか、分からない気持ちもあります。

ところでレポートとは、スクーリングでも?
どこかの記事に書いてありますか?

  • 2007/12/05(水) 23:46:29 |
  • URL |
  • FL #NqNw5XB.
  • [ 編集]

FLさんへ
コメント ありがとうございます。
FLさんの担任するクラスに 私がこどもとして入りたい!!
今になると 学校教育の大事な部分で 
もっと変えていかなければならない部分があるということが・・・元教師だからこそ 余計に見えてきてしまいます。
何をどうしたらいいか わからないのですが 
私のするべきことがあるのではないかと。

でもそれは もしいつかの話ですが。 

スクーリングの話は 記事にはしてません。
なのに出だしが唐突でした・・・申し訳ないです。
一応 今 大学生で・・特別支援教育関係を勉強してます。
その分野の科目が豊富で、一般講演や発達障害支援のNPOなどにも
力を入れている通信制大学です。 
ただ、言うのも恥ずかしいほど、勉強が進んでいませんが。

  • 2007/12/07(金) 01:04:41 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

はじめまして。こんにちは。

広汎性発達障碍・非定型自閉症と診断されている小3の息子がいます。

そして同じ大学に行ってます(^^)
取ってる教科も同じです。
私はあと2教科とっています。

息子の学校に、時々お手伝いに入っていますが、
できれば、支援員になりたいと思っています。
わが子と同じ
普通教室で困っている発達障碍の子が、
楽しく勉強できるお手伝いがしたいです。
今は不安定な息子から目が離せなく、まだまだ難しいですが。

子育てしながらの勉強は時間との戦いですね。
同じ気持ちで頑張っているたくさんの方に
いつも励まされています。
時々ブログにおじゃまさせてくださいね。

楽しみに読ませていだきます。

  • 2007/12/10(月) 16:45:40 |
  • URL |
  • たくママ #leF2ecbc
  • [ 編集]

たくままさんへ
コメント ありがとうございます。
同じ大学に 同じ想いで 勉強しているママに会えて とても感激!!です。 
もうすぐ 年度が終了ですね・・・。
うう~ 出産があったとはいえ、単位はとらねば。
もしかしたら これからどこかでスクーリングなどで顔を合わせるかもしれないですね・・(照)。
いつか支援員として 何かが できると信じて
がんばってください。私も がんばります。

お会いできてとてもうれしいです。
また よかったら 是非 遊びにきてください。

 
 

  • 2007/12/12(水) 00:58:14 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

はじめまして。おたふくと申します。
kakkanさんのブログからおじゃましました。古い記事にコメントしてしまってすみません。^^;

過去の記事から順番に読ませて頂いています。どれも勉強させていただくこと、うちの子もそうだった~ってことばかりです。ただ、この記事が心に響いて、私のツボにはまってしまって・・。

うちの息子は、さんぽ君よりはるかに大きくてもう中2です。他のお子さんとのブレがどうしても気になって、学校カウンセラーの先生にテストして頂いたのが今から5年前、小3でした。
カウンセラーの先生に息子の特性などお話して、”お母さんのおっしゃるとうりですね”と言われましたが、担任の先生の理解が得られそうになく、ずっと、未診断できました。

当時はやみくもに、図書館で発達障害関係の本を読み漁っていただけで、しかも我が家は1年くらい前までパソコンを自由に使える環境になく、最近になってようやくいろんな方のブログにおじゃまして、生きた情報・知識をそして安心と勇気を頂いています。

>いつか 教員の誰もが そういう知識と技術を持って 対応できる日
あるいは そういう教員やコーディネーター的な役割をする人が 
各学校にいる日がくると信じたいですね。

ほんとにそうですね!!
ずっと長いトンネルで立ち止まっていたような、私と息子のように、苦しんでおられる方が他にもいらっしゃるのではないかとおもいます。
実現すれば、どんなに救われることでしょう!

元先生のskymamaさんが言われるからこその説得力を感じました☆

学校や先生だけに押し付けるのでなく、私達保護者の側も出来ることはしなければいけませんね。

これから、また続きを読ませて頂きますね♪

  • 2008/10/27(月) 15:19:10 |
  • URL |
  • おたふく #-
  • [ 編集]

おたふくさんへ
はじめまして。  
昔の記事も読んでいただいたんですね。
とても丁寧にブログに訪れていただいてることが すごくうれしくて・・・。
過去の記事にさかのぼって コメントをいただけることって 
自分自身を抱きしめてもらったかのように 何だか感動します。

9年前・・・あの頃は 今とは比べようがないほど情報が何もなかった。
教育者・・特殊の担任であった私ですら わずかばかりの情報に翻弄し 
手探りの中でもがいていた時代・・・。
おたふくさんが 息子さんと向き合って 全てを受け入れようとしていた時も 
きっと 同じだったのではないかと思います。
まるで理解のない担任の先生、連携のできていない学校・医療・役場、
こどものために私が何かしなければ・・・と力を入れても、
それをどこに持って行けば前に進むのか、悩み、落胆し、走り回った日々。
それが どんなに長く感じ どんなに途方にくれたか わかる気がします。
でも、おたふくさんのように それでも我が子の為に・・
と歩き続けたお母さんたちの力が 
今の理解や情報が広がりつつある社会をつくったんですね。
私も・・・私も その道をさらに開き続けていけるように 
小さい力ながら できることをしていきたい。
道しるべを残してきてくれた たくさんの方々の努力を想い 
こぶしをぎゅっと握る気持ちです。     

  • 2008/10/28(火) 23:14:12 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/32-038e2d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。