ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽのおいたち~診断1歳6ヶ月~

視覚遊び・・・
  当時は それがどういう状態なのか わかっていませんでした。
    あの目は何かおかしい・・・もしかしたら 目の病気?
    集団になると やりだすことや、
    公園で 遊具で遊ばず 横目で追ってばかりいるのも
    何か気になりました。
気になりだしたら、1歳6ヶ月検診まで待てなくなりました。

1歳6ヶ月検診の前に、町の幼児相談に。
 相談員の臨床心理士さんは、相談室に入るなり
鋭い目つきで さんぽの動きを 見ました。
      さんぽは・・・まさに横目で壁の模様を追っている最中でした。
 臨床心理士さんに 心配なことを話すと

「あのね。自閉的傾向のある子に、よくある行動なの。
 お母さん お子さんを よく見てるわよ。
  集団や新しい場所で目が横目になるってことわかってるから。」

自閉症・・・・・?
さんぽが・・・・?  まさか。

しばらくして、さんぽが 私のところに来て、泣きながら「まんま、ばなな」と訴えました。
それを見て、臨床心理士さんは 目を開いて

「あら、でもあなたに訴えてるわね。言葉も出てる。
 軽いかもしれないわよ。もう少し様子を見ましょう。
 ただ、これから言葉が減ってきたりしたら、すぐ相談にきてね。」と。

私は、まだ全てを飲み込めませんでした。
混乱し まるでわかっていない人のように 笑って返事をしていました。

言葉が減る・・・?
言葉がなくなる・・・?

帰りの 車の中で、急に 涙が止まらなくなりました。
誰もいない家に 帰る気にもならず
よくいく 支援センターに 向かいました。

さんぽは、疲れて 寝ていました。
支援センターの 隅っこの 陽だまりに
    私は さんぽを抱きしめ 放心状態で座っていました。

支援センターの 子どもたちの笑い声が 耳から耳へぬけていき
私は 頭が真っ白で 時が止まっていました。

支援センターの保育士さんが
「あら、よく寝てる。かわいいわね。
     お母さん、こんな時は ゆっくりしてぼっとしてていいのよ。」
と 声を かけてくれました。

     かわいいっていっても・・・この子 自閉症なんです
      おきたら 言葉が なくなってしまってるかもしれないんです
          私は どうしたらいいんですか
           これから どうすればいいんですか
          誰か 助けてください   

その日は ずっと 泣き続けました。
泣きながら、一晩 パソコンの前で、「自閉症」を検索しました。
まさに、さんぽの行動が わかりやすく そこに記されていました。
  
鼓動は はげしく 鳴りひびき
とめどなく流れる涙を 流したまま 
震える手で 次々と クリックしました。

さんぽのおいたち~1歳6ヶ月検診~

につづく



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/4-d05c0156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。