ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担当医師との出会い

1年半ぶりの さんぽの通院です。
「こんにちは、元気そうですね。」という医師の笑顔を見たとき 
      何だか   胸が じん・・・・。
なけちゃいそうなくらい あったかくて明るい まなざし。
不安材料が少ない私でも 見ただけで 不安が消えちゃいそう。 
     素敵な医師なんです。

出産で遅れた再診 私はとても待ち遠しかった。
さんぽが登園しぶっていた頃 指折り数えていたっけ。
あの頃・・・・朝 つらかったもんなあ。(まだ 記事にすらできない)            

さんぽと話してもらえるのは たった 1年に一度 
七夕のようです。

 
この医師との初めて会ったのも 何と さんぽの障害を知る前
さんぽが6ヶ月の時 ちょっとふらっと地域の講演に参加したのが 
運命の出会いでした。 
小児科医であるその医師
アスペルガーや軽度発達障害の子どもを診る機会が多く、
それらの理解を広めるために 講演に飛び回っているようでした。

その話のわかりやすさ、子どもに対する姿勢 
とても印象的で 全てに すぐ引き込まれました。

そんなことも 過去として忘れた1年後 
さんぽは発達障害の疑いを指摘されました。
大学病院での予約はしたものの 半年後のこと、
もっと早く診てもらえるところを 手当たりしだい探し回っていた頃、 
月1回だけ、大学から医師をよんで
「心の相談」と称し 発達障害の子の相談を行っている機関を知り 連絡をとりました。
対象は、学校や保育園などで 適応をできずに困っている子どもたちのようでした。

電話では「1歳6ヶ月なんて そんな小さい子は 対象外。」とお決まりのセリフで
受付の人に断わられ、「ここもか・・・」とあきらめたのですが
後で なんと再び連絡がきたのです。

「医師が 是非 できるだけ早く診たいといっている。」

医師の名前をきき 私は すぐ思い出しました。
まさに あの時 講演していた女性医師
後になって その女性医師が、
以前私が特殊学級担任だった時の「教師と医師との会」の医師と深いつながりがあり
発達障害についての理解を広めようと 地域に出向いていることも知りました。

運命の出会いって・・・・あるんだな。

さんぽと一緒に過ごすようになって 改めて思います。


出会いは 偶然ではなく 必然・・・ 今はそんなふうに 思います。 



さて今回の診察
集団に入ってからの さんぽの様子を中心に 
さんぽの行動を分析してもらったり、心配なことの対応方法を教えてもらいました。

特に 納得したのは 「刺激の整理」について。
それを含め、きちんと記録しておきたいので 次回の記事にしようと思います。
   

その医師には 何でも わかっちゃうみたいなんだなあ。
さんぽが 言葉に表せない気持ちも 
   だから そうせざるをえない行動も。


「そうかあ そうだったのかあ 
     さんぽ そうだったのね。(輝いた目でさんぽをみる)」
        (さんぽ 意味もわからず 思わずうなずく)
       
         っていったい何度 繰り返したでしょう 私・・・・。 


だって・・・。
   
新たに また一つ さんぽに近づける気がして うれしくなる。

   明日からの さんぽとの一歩が 楽しみになる。

     
         この医師に会うと いつもそんな気になるのですが
          今回もやっぱり そんな気になっちゃいました。


テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

記事がアップされてすぐにコメント付けるなんて、追っかけみたいですね~。
偶然ですので~。

とても共感したので・・・。
「そうか~。そうだったのね~。」に。
私もいつも思います。
そして、診察後も、後から後から「あ~あれもこうだったんだ~。」とつながって、より分かることがあります。

それとね。
本読んだり、当事者の方のブログ見てても思います。
そしてそれを次回OTの先生などに、
「本にこうあったのですが、コロん太の~も~なんですか?」
って聞くんです。
大抵、大当たりで、また理解が深まります。

それにしても1年半ですか・・・。
長いですね・・・。

時折このブログに出てくるそのすばらしい女性医師、本出してたりしませんよね・・・?

出会いは必然・・・そうかもしれませんね。
必然だったと思えるようなつながりをしたいですね。

  • 2007/12/27(木) 13:53:28 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2007/12/27(木) 23:57:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

FLさんへ
おっかけてもらえて うれしいです・・・な~んて。
遠いどこかで 同じ時に 言い合わせたわけでもないのに 
・・・ふと互いのブログを見ているなんて
想像すると 思わず にっこりしちゃいますね。
出会いも ですが 
こういうつながりも 不思議で すごく素敵ですね。

再診に1年半もあくと やっぱり私自身が
自分で 勉強していかなくてはいけなくて・・・。
そんな時、FLさんのように 子どもの行動をしっかり分析して
わかりやすく記事にしているブログや 
本人が記事を書いているブログは とても大切なもの。
このブログ村を知ってから すごいたくさんの情報と勇気をもらいました。

ここで 得たさまざまなヒントが
今回 医師の言葉によって 一層さんぽとつながりました。
皆さんのおかげだなあと思います。

ところで 女性医師ですが 本・・・というより活動中心です(おそらく)。
特殊学級時代で出会った医師は たくさんの本があります。 
FLさんのブログにコメントしますね。


   

  • 2007/12/29(土) 00:40:01 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

非公開の方へ
コメントを残していただいてありがとうございます!
これからも 是非是非 きてくださいっね。
私も また おじゃまします。

  • 2007/12/29(土) 00:48:09 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/40-a6deab27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。