ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「の」の字の手紙に想う

明日から ボランティアを再開しようと思います。
出産で6ヶ月間 休んでいました。
この活動は さんぽの出産前から始めていて かれこれ4年半になります。

内容は入所型の知的障害者更生施設での音楽指導です。

知的障害を持つ 音楽が好きなメンバーが 集まったクラブ活動です。
「好き」な想いは 大いなる力を発揮します。
4年で 音だけでは 知的障害があるとは気がつかないところまで
技量が高まってきました。
ちょっとした 自慢のグループです。

私は音楽でしか 一緒に時間を過ごさないので 
メンバーの普段の生活能力は知りません。
でも 生活能力だけを知っている先生が 発表をきいて
ひっくり返りそうになった なんて聞いたこともあります(おおげさ)。

メンバーは 7割が私の母の年齢です。
半分以上のひとに おそらく自閉が合併しています。
さまざまな 強烈な個性を持つメンバーが 生き生きと生活している
パワーあふれた場所です。
ここで 私が 学んだことは多く また考えさせられる社会的な問題も 数え切れません。

一回の記事では書ききれないのでまた記事にします。
でも 今日 記事にしたかったことがひとつ。

私の出産の報告を聞いて 私はメンバーのAさんから お手紙をもらいました。
音楽クラブのメンバーでは リーダー的な存在の女の方です。

手紙を開くと 名前 そして便箋3枚にわたる 「の」の字
書きたいことがたくさんあったのでしょう。
「出産おめでとうございます」だったかもしれません。
3枚もの紙に 書き綴られた「の」の連続
机に向かい何か言葉にしながら たくさんの「の」を書く姿を
思い浮かべると 体がじ~んと鳴ります。

支援の先生が言っていたことを思い出します。

「ここには 教育制度の犠牲者がたくさんいるんです。
Aさんは教育を受けていれば相当な力を発揮していたはずです。
でも字さえ おしえてもらえなかったんです。
障害者の人は 教育制度で公然と差別を受けていた時代でしたから。」

養護学校教育の義務化が実施されたのが昭和54年
それより前は 受けなくても自由という放任制度のもと
たくさんの 障害をもった子ども達が 受けるべき教育を受けることができなかった。

きっと正しい形で受けていたら 知識や表現方法を習得し
もっとたくさんの権利と豊かな生活を得ていただろう。
もっともっと 広がった未来を見つけただろう。

その頃の制度を 今 批判することは簡単です。
義務化が当然の今  
そこまでの理解を広げるために
どれだけの いろいろな方々の忍耐と努力があったか 想像もつきません。


さんぽの「発達障害」も 同じ道を歩んでいます。
「自閉症」を持った人への間違った情報や偏見でさらされていた時代をこえ
「発達障害」としての理解の「種」が やっと 本当にやっと
社会や学校で 配られるようになった。
でも いろいろなブログを読んでいると
まだまだ・・・・。
配られただけで おきっぱなしの学校や 
 まいたものの 水もやっていないところ
   咲く花は知っていても その種の育て方は知らない社会

   その犠牲(なんて悲しい言葉)になっているの 子どもたち
      できるだけ早く 少しでも早く 一人でも多く

        みなが理解し 正しい支援が得られるように
         生きやすくしてあげられるように   
 
このブログ村で 公開される 発達障害を持って生きている方々や
たくさんのお母さんたちの想いは(自分の想いも)

きっと 無駄にはならない
 
いつか きっと その花の美しさを理解し 育て方を知っている社会は くる 

そう信じていたい


そんな想いを胸に 明日は 久々に グループの方々に会ってきます。

みなさん にこにこ笑顔いっぱいで すばらしい太鼓の音を響かせるでしょう。 







    
      

テーマ:障害児教育 - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

こんにちは^^またまた来ました。。*

『の』の字のお手紙のお話に、ジーンとしました。
そういう時代背景があるんだなーと思い、悲しくなってしまいますが、そのときの親御さんの努力などから、今、理解が進んできた事、すごいなーと思います。。
心の面でも大変な苦労があったでしょうし。。☆

ボランティア☆4年半されているんですね~^^
私は、月1回、地域の0~3歳くらいの(障害児ではない)子育てルームにボランティアとしてお手伝いに行くことになりました。
でも、私も同じ自閉症の子供たちや自閉症の方たちに音楽を教える事が出来たら、本望。。です!

太鼓は、和太鼓ですか??^^
グループの方達の太鼓♪聴いてみたいです^^

  • 2008/01/18(金) 06:50:26 |
  • URL |
  • あきこ #-
  • [ 編集]

こんにちは^^遊びに来ました!

そうですね…発達障害への理解が正しく広がってくれる事を願っています。私もオトの事がわかるまでは障害というものについて、とても浅い知識しかもっていなかったのですが、真剣に調べるようになり、自分の無知さを恥ずかしく思いました。skymamaさんはボランティアをされてみえるんですね、素敵な方だな~、と記事を読んで思いました。

下の「360度の視点」の記事にも、ハッとさせられました。オト自身を私も変えようと必死になっていますが、私の視点を変えなければいけない事に気がつかされました。オトも不器用なんです。とても参考になりました。そして、反省させられました。

また遊びに来ます^^

  • 2008/01/18(金) 12:09:59 |
  • URL |
  • ニコ #-
  • [ 編集]

あきこさんへ
コメント ありがとうございます!
またきちゃってもらえて うれしいです~。

クラブでは 主に和太鼓を中心に指導をしています。
口承でリズムを教えられるので わりととっつきやすいんです。 
自分がうまくなっていくことは 障害があろうとなかろうと、
みな自信と喜びにつながります。

例えばメガネを正しい位置にすることにこだわっているBさん。
症状が悪化して それ以外に何も手がつけられなくなっても、
寝巻きのままクラブに来て
休憩中に自主練習なんかまでしちゃうんです。

改めて 音楽の力を感じる場所です。
やっぱり言葉にはない すごい力が 音楽にはある。

もし チャンスがあったら あきこさんも是非。
ボランティアという形でありながら 自分自身がやってきた音楽に対し 
一層想いが深まる機会になるかも。

さんぽにも もっと音楽に触れさせたいのですが
聴覚過敏があって まだまだ・・・。
でも 音楽を愛せる子に なってくれるといいなあ。    

  • 2008/01/18(金) 23:59:07 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

ニコさんへ
わあ~いらっしゃいませ~(*^^*)
きてもらえるなんて うれしいです。
ニコさんのブログには 自分のブログを持つ前から 時折おじゃましていました。
丁度 さんぽが登園しぶりが長くなり 対応に困り果てていた頃です。
たくさんのことを共感し 励まされ考えさせられる機会をもらったと思います。
ありがとうございます。

私ナンテ 特殊学級の担任をもったり、ボランティアをしていながら 
障害についてちゃんと向き合って深く考えたこと なかったように思います。
実際に自分の子どもに障害があると知り、初めて真剣に勉強しだしたばかりです。
まだまだ 知識も薄っぺらく 対応もとんちんかんだったりして
毎日 反省のあらし。
ニコさんをはじめ、がんばっている人たちのブログで 奮起しています。

これからも どうかよろしくお願いします!
 

  • 2008/01/19(土) 00:23:57 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

心に響いています

こんにちは~。

いやされてます~。

やばいです~。
久しぶりに、PCの前で泣いちゃいました。


世界にひとつしかない、ステキな手紙ですね。
そして
「好き」の世界が紡ぎだす力って、すごいですよね。


エール届いてます。

胸に響いてます。

少しずつゆっくりと、広い視点で、
みんなそれぞれの一歩を、ですね。

  • 2008/01/19(土) 14:25:18 |
  • URL |
  • 幸歩 #leF2ecbc
  • [ 編集]

すてきなお話しですね。
「の」の字のラブレター、宝物ですね。
私も・・・たくさんの思い出が詰まったアイテムがあるな~。
・・・宝物ですよね。

就学義務免除の話しも・・・。
実は驚くほど最近の話しなんですよね。
日本の障害児教育がまだまだなのは当然だ~・・・と思いたくなっちゃうほど。

それでも・・・一人一人の力は小さくて、その歩みは微々たるものだけど、その力が集まってやがて大きな花になることは間違いないですよね。
発達障碍支援だって、もちろんまだまだです。
現場で、この子たちの気持ちを知るのは並大抵のことでは出来ないでしょう。

それでも、私が教員だった時よりもは確実に進んでいる。
それだけは言えます。
まだまだだけど・・・これから・・・ですね。

出来ることを、ちょっとずつやっていきたいですね。

おまけの話し・・・。
ありがとうございました。
実は・・・ビンゴ~でした。
私って勘さえてる~?

  • 2008/01/20(日) 14:46:15 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

お久しぶりです。
久しぶりにすがすがしい気持ちになりました。
skymamaさん、素晴らしい活動をされていますね。
私は音楽しかできることがありません。
音楽講師の仕事をやめて、家で数人にピアノを教えていますが、こういうボランティアもあるんだな~と、ハッとしました。
きっと、skymamaさんの撒いた種は、
障害のある方たちの心に
美しい花を咲かせているに違いありません。
それがきっと「の」のお手紙になってあらわされているんでしょうね。
私もほんのちょっとだけ、通所施設とのお付き合いがあるので機会があったらチャレンジしてみたいです。

  • 2008/01/20(日) 17:02:34 |
  • URL |
  • まっぷー #-
  • [ 編集]

幸歩さんへ
幸歩さんに 届いたんだ・・・。
よかったあ・・・。
届いてほしかったから・・・。

いろいろな想い 無駄にはならない
口に出せないくらい重く つらいことも
煮えたぎるほどの 怒りも
何かが変わっていく 喜びも
私たちの 気持ちは 実になる きっと 

これからも 一歩を
みんなで 一緒に それぞれの一歩を
これからも ずっと 応援してます。

  • 2008/01/22(火) 02:20:42 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

FLさんへ
コメント ありがとうございます! 
就学免除の件 実は私 恥ずかしながら
その施設の支援の先生に言われるまで
それが どういうことなのか ピンときていませんでした。
そんなに遠くない時代に
学校教育の場で 堂々と差別があったなんて。
もと教員であったからこそ 強い憤りを感じます。
できあがった教育観を変えることは 大変なことで時間もかかる。
でも やっぱり変えるべきことなら そこに必要とするこどもがいる限り  
できることから ひとつずつ・・・・ですね。

おまけの話
ビンゴって・・・i-198えっもしや
わかっちゃってたんですかあ。
いやはや脱帽ですう。すごいなあ。 

  • 2008/01/22(火) 02:40:07 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

まっぷ~さんへ
きていただき ありがとうございます!
まっぷ~さんも 音楽関係者でしたよね!
そんな共通点が ひそかにとてもうれしいです。

私がボランティアを始めるきっかけになったのは
音楽療法の講習会です。
その時 周りは音楽関係者ばかりかという予想に反して
作業療法士、介護士、社会福祉士の方など
実際に 現場に携わっていて 
音楽の効果を目の前で感じ、
音楽をいち早く現場にとりいれたいと思っている方々が多かったのです。
おそらく様々な施設で働く支援の先生方は
音楽を専門に勉強した人も知らない 
音楽が人に与える力を 知っているのでしょう。

私は 音楽療法をきちんと学んだわけではなく
やっていることは 音楽指導にすぎないですが
グループの方々を見ていると
本当に 音楽の持つ 人を療法する力を 感じます。
そして また一層 そんな音楽が好きになります。 

まっぷ~さん
もしかしたら まっぷ~さんのいう「音楽しかできることがない」ことって 
思っている以上に
とってもすごいことかもしれないです。
だって「音楽」そのものが 本当にすごいものなんだもの。
通所施設に 機会があったら是非。

  
   
 

  

  • 2008/01/22(火) 03:54:59 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/46-ae6b0d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。