ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受容してても援助のいるとき

最近のさんぽ 非常に不安定です・・・。

冬休みがあけて 覚悟はしてましたが
毎日 なんとも ひどい顔 
さんぽの明るい笑顔が 顔からすっかり消えてしまった

いらいら いらいら 投げやりな応対
些細なことで 泣き崩れる・・・

   
  なんか いつも 心が 涙でいっぱいいっぱいって感じです。


保育園が嫌なのは わかる
でも この状態は・・・今までのとは違う
なんだろう なにに不安なんだろう。何がストレスなんだろう。

さんぽは 無意識に 自分で 自分自身の安定を保とうとします。
その方法が 今回は 
         
          「ミニカーの街づくり」

朝起きると すぐ始まり 保育園から帰ると 再び没頭
なにやら独り言を言いながら 街はどんどん広がっていきます。
街が安定剤なので それを崩されたり変えたりされると
ちょっとした パニックです。
今 街は さんぽの唯一の 心の表現方法。

     いわゆる箱庭・・・?ですね。

もちろん街を片付けるなんてできないので 家は日々 街化 してます
見ない見ない ・・・・・っ。
でも、歩く場所ないっ
      ・・・・ またげばいいさ。つま先で歩くのさ。

でも 今週になって ひどい夜泣きと歯ぎしり、「嫌だー怖いー」の叫び寝言に加え
ついに 夜になると 熱まで でるように・・・・。


さんぽの心が悲鳴をあげてます。
もう 限界です。 
ドクターストップならぬ ママストップをかけるとき。
私が 早く さんぽに言わなきゃいけない。

「さんぽ 一回とまろう。
  あなたが今 受け入れようとしてること それはやめよう。」って。

今日一日 保育園を休み さんぽ風箱庭療法につきあいながら
さんぽが そんなになるまで いったい何を受け入れようとしているのか
会話や 行動ひとつひとつから  さぐってみました。 

・・・思い当たりそうなこと多すぎ・・・・わかんね~


でも 会話の中で とてもひっかかった言葉。

「豆まきの時 保育園に おにがくるんだよ。
   豆をぶつければ いいから 怖くないけど。
         豆をぶつければ おには 大丈夫。」

自分に 言い聞かせるように くりかえした そのときの顔は
あの ものすごく泣きたいのに 笑っている 間違った表情だった。

・・・・これかもしれない。

なんとなく ピンときました。
3歳のさんぽなら おに の顔を見たら 間違いなくパニック。
おに と言う言葉を聞くのも こわがった。

人の顔の強調に その中でも怒った顔に 
     すざましい恐怖を感じるさんぽ

まさしく人の怒りを 具現化したかのような「鬼」が さんぽにとって
どれだけ恐ろしいか、どんな痛みを味わうのか 想像できる。 

そのおにがくる・・・ その話を聞いたこと自体に 相当な恐怖を味わったはず。
でも、周りの反応をみながら
受け入れなければいけない と思い込んだのかもしれない。

明日、保育園で 相談することに決めました。
・ 豆まき行事のながれを 教えてもらう。昨年の写真で見通しを立たせる。
・ おには本物ではないと さんぽに事前に話す。
・ 当日の参加は さんぽの様子から 
  0欠席 1参加しない、2遠巻きで観察のみ、3先生の近くで参加 で選択
・ おにとの距離 接触に注意してもらう。

できる範囲でお願いしようと思います。

たかが 豆まき されど豆まき

さんぽが 自分の受容だけで のりこえるには 高すぎるハードル

医師の言葉を 胸で 繰り返します。

       「受容してても 援助のいるとき 
        受容してても 援助のいるとき」

私は どんなハードルか さんぽにわかるように説明してあげなきゃね。
そしてハードルの高さを 調節してあげなきゃね。 

  はじめは ゴムのハードルだっていいんだよっ
          とばない選択もあるんだよって 
                       声をかけてあげなきゃね。




 

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コロん太が保育園だったときも、分かんなかったな~。、
先生も、私も、誰もちゃんと分かってあげられず、園ではとりあえず頑張るコロん太を見て先生から「家庭のストレスも・・・」なんて言われたり。
私も今晩、記事に書こうかな・・・と思っていたのですが(気が変わるかも)、そう言うときは思い切って休ませるべきだと、今なら思う。
それも迷わず思う。
私たちの子は、混乱しやすい。
そして、処理するのに人一倍時間と労力がかかる。
だから、疲れすぎているときは休ませなきゃね。

コロん太も去年、鬼で苦労しました。
節分集会で鬼役の先生がコロん太に迫ったとのこと。
コロん太はその日からすごい奇声でした。
私も始めは分からなくて・・・。
コロん太のことばからはなんの情報も得られなかったし・・・。
気付けたskymamaさんすごい!

本当は鬼なんて、乗り越えさせたいことでもないんだけどね・・・。
跳ばない選択に1票かな~?

  • 2008/01/25(金) 16:03:18 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

こんにちは~。

ママストップは、
ちゃんとさんぽくんのことを見て、理解しているからわかるんですね~

ちなみに私も飛ばない選択に一票派ですv-392

と言いながらも、私なんて、獅子舞に追われてパニくった歩を、笑って眺めてしまいました。

そしてその後、5年以上たった今でも、
時々思い出しては、その時の恐怖を語り続けています。しかも
「あの時はお母さんは笑っていた!」
と昨日のことのように怒りだします。

5年も(いや、まだ続くかも…)言われ続けてしまうくらいなら、
飛ばない選択もありかと思うので…参考までv-344

  • 2008/01/26(土) 23:27:46 |
  • URL |
  • 幸歩 #leF2ecbc
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/01/27(日) 02:34:38 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

FLさんへ
あたたかいコメントいつもありがとうございます。
最後の一言 思わずふきだしました。
本とっ!鬼なんてのりこえさせたいことでもなんでもないですよね。
そんなこと、そんなになるまで、必死で受け入れようとしなくても
「鬼が来るから怖いよ。嫌だよ」と表しちゃえばいいことなのに。 

私たちにはわからない方法で不安と格闘してしまう。
心の体重 全てを私にかけずに、自分で向き合ってしまうから・・・。

そんなときは
やっぱり 休ませるのがいいですね。

さんぽにとっても。
私にとっても。

FLさんに言われて 改めて確信しました。

  • 2008/01/27(日) 15:51:24 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

幸歩さんへ
ひえ~v-12獅子舞に追いかけられたなんて・・・!
さんぽなら 泡出して倒れそうだわ。
歩君も忘れのできないワンシーンだろうなあ。

さんぽは 拒否する言葉がでてこない。
大嫌いなテレビが 他人の家でついていた時も
「怖いから消して」と言えば 解決するのに
半ば笑ったような間違った表情で
逆に釘付けになっちゃうんです。
誰も 気づいてくれない。
さんぽは逃げることも顔を背けることもできず
最終的に
恐怖に縛られながら 全てを受け入れてしまう。
そして 後になって不安定になるのです。

「ぼくは怖い だから嫌なんだ」
と言葉で表現する方法を 選べるようになったら
「怖いことがある。目をつぶって見ないでおこう」
という拒否する行動を選択できるようになったら
どんなにか 楽になるだろうなあ。

ハードルをとばない選択
今回は ちょっと支持率高いですね。

  • 2008/01/27(日) 23:38:01 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/01/29(火) 21:00:58 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/48-ea4c7d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。