ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい豆まき

さんぽの近況です。

さんぽのひどい不安が もうすぐ行われる「豆まきの鬼」 と予想できたので
対策がたてやすくなりました。

すぐ 保育園で 園長先生に相談 
(こういうことは園長先生がいいですよ。)←担任は忙しすぎるから。
さんぽの家での不安定な様子と 思い当たることをいくつか
   その中でも 豆まきの鬼 が一番あやしいこと をお話しました。

相談時間は 短かったのですが、
すぐ、次の日に 園長先生が 保育園での様子を丁寧に見てくださり
やはり「鬼」だろうと 判断したうえで
すぐに対応してくださいました。

鬼は 先生がやることと 鬼のこない場所をさんぽ用に確保してあることを さんぽにお話。
そして 今年使う鬼の着ぐるみを 予定より早く作って 写真におさめてくれました。

こういう すばやい対応が 涙ですよね。
   本当に ありがたいことです。

もちろん!園にお任せはしないで 家でも 対策。
豆まきを練習したり、当日のスケジュールや 逃げ方を明確にしました。

まさに 「さんぽに優しい節分」になりそうです。
それでも 嫌ならやすめばいいさ。 

みるみるうちに さんぽは回復
笑顔が戻り 明るい顔になってきました。
心の安定剤だった 箱庭づくりブームも 徐々に
家中 街化していたのも 少しずつ片付け可能になりつつあります。
家が片付くと、私も入っていた肩の力が ふう~
原因を取り除いた 自転車の車輪のように 何もかもがすんなりうまく回りだしました。

逆に うまく行かないときは 何やっても空回り
原因はわからないし 無理に回すと車輪は片一方まで動かなくなるし
そんな時は ちょっと待って ゆっくり時間をかけてみる。

さんぽが 心の悲鳴をあげだしたとき
たかが 豆まきの鬼が原因であったとしても
保育園を 休んでよかったと思います。 

登園しぶりが 続いていた春頃 休ませることに葛藤がありました。
今でも 教員のだんなは 休ませることには抵抗があるようです。

でも さんぽには 必要な時間。
今は そう思います。
そこで 得られる 心の回復。
その時間を ちゃんと 提供してあげなきゃいけない。

明日の 笑顔の ために
    これからの さんぽの 長い道のりのために

それにしても さんぽの周りは 優しい
あたたかい空気の中で 一歩 また一歩
   さんぽの歩みで 進んでいく

     大丈夫 大丈夫
    
       みんなが 助けてくれるよ。



いよいよ 豆まきは あさってです。 



テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/49-6a11e907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。