ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽのおいたち~1歳6ヶ月検診~

1歳6ヶ月検診の日。

発達障害の疑いを 指摘した 臨床心理士さんに
「私は診断はできないので、検診の時に、病院を紹介してもらいなさい。」
と言われていました。

1歳6ヶ月検診で 行われた発達検査
さんぽは 全てクリアしていました。
おそらく あの横目の視覚遊びを 知らなければ、ノーマークでしょう。
視覚遊びを 見過ごしたり、気にしなかったり あるいは横目を行わない子であれば
1歳6ヶ月検診は やり過ごしてしまう。
アスペルガーの子が 小学校になってから診断されるというのも 納得できる話です。

「順調です」という医師と保健師に あえて申し出て 
紹介状を書いてもらうことになりました。

「ここにある 病院の中から お母さんで 選んで 電話をかけてください。」
ともらった紙には 10以上の病院名が・・・。

最初にかけた 一番大きくて発達障害専門の病院は
「まだ小さいので 診断が難しい。もう少し 大きくなってからはどうか。
 どうしても という場合でも 受診まで1年待ちます。
 困るならほかの病院をあたってください」

2つ目と3つ目の病院は、大学病院で 「受診まで半年待ちます。」

4つ目からは なんと 「該当地域外なので、ここでは受診できません。」
   驚くことに 町で紹介してもらった 病院の半分は 該当外なのです。
   中には 「うちでは診断はできません」 というところも 紹介されていました。 

なんて 無責任な資料・・・・。

たださえ 「障害」という言葉で 頭が真っ白になっている という人に向かって
該当外地域の病院が 並んだ資料を 平気で渡し
「あとはお母さんで」 とつきはなす行政。

いったい いくつの病院に 電話をかけたことでしょう。

そのたびに 「うちの子は障害があるかもしれないんです。検査をしてください。」
といわなくてはならない 心がつぶれる親の想いなんか 想像していないのでしょう。

結局 半年後の受診を 予約したものの
半年もの間、何をやっていたらいいのか、
    その間に言葉が消えちゃったらどうするのか
        ・・・・・そのことばかりを 毎日考えてしまいます。

さんぽを見ては 泣き 
さんぽを抱きしめては 泣き
視覚遊びをする姿に 「お願いだから やめて」と言って 泣いていました。 

いてもたってもいられず
一つ目の病院から 紹介された 児童精神科の医師のところに電話しました。

「お母さん。不安だったわね。ただ私のところに来ても 療育してあげることは できないの。
診て 診断はできますが それでお母さんの気持ちが 落ち着くならいらっしゃい。」
女性の医者がじきじきに話してくれました。

今まで電話をかけた病院は、受付の人の 事務的な対応ばかりだったので
医師の言葉に 急に力が抜けて 張り詰めていた想いが あふれました。
すぐ 次の日に その病院へ行きました。

小さな個人病院の小児科でした。

わずか5分の診察。私が横目の話をすると、簡単に
「それは 確かに自閉症の特徴なの。
ただ、反応もいいし、言葉も出てるし 軽いと思うわよ。
家で できることをかいた冊子を渡すから、不安なら何でも始めてみなさい。」
と 冊子を 2冊くれました。
そして 風邪をひいてるからと 鼻と のどの薬も 出されました。


障害が軽いとか重いとか・・・・。そんなこと・・・そんな簡単にわずかな診察で・・。

風邪薬とか・・・・。こんなの いらないし・・・。

私が ほんの少しでもと 期待していた診断では ありませんでした。

その日は 雨が降っていました。
雨の中、病院の近くで 見つけた公園を さんぽと歩きました。
雨で べたべたになりながら 遊具で視覚遊びをする さんぽを ずっと見ていました。
雨にぬれながら ずっとずっと 見ていました。
さんぽのおいたち~療育の始まり~

につづく

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/5-ff2bda51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。