ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

階段状の成長と 発達障害的排泄自立

「さんぽ おしっこ いってきまあ~す 
と 元気に トイレに向かい
「ちょこっと あっちにいったけど 大丈夫だよ。」
と帰ってくる。(毎回 パターン発言・・・あっちにいったって・・何?
さんぽのトイレ
乳のみ子 ひだまりがいる母としては 助かってます。

さんぽの排泄自立は いきなりきました。
ある日 突然 たまたまパンツをはいていなかった時 自分から 便器に座っておしっこ
何も 言わずに 思い立ったように 自分で トイレに行った・・・。
皿を洗っていた私は 何をしているんだろうとのぞいて ひっくり返りそうになりました。 
何と 次の日から ほとんど失敗なく トイレでおしっこするようになりました。
さらに 驚くことに 夜もちゃんとおきて トイレにいく・・・。

トイレトレーニングはなし 時は 2歳8ヶ月(おしっこのみ)でした。

トレーニングなし?ばかな!ですよね。
私もそう思います。

だって・・・その頃 私は排泄自立なんて それどころじゃなくて。
それよりもっと 私にとって さんぽに 今 させておきたいことが 多かった。
    公園で いっぱい体を動かすこと 
       触れたり遊んだり集団の中にいる 経験を増やすこと
    さまざまな人やお友達との かかわり方やトラブルの回避の仕方を 覚えること
私は そちらを優先していた。
それに・・・さんぽにトレーニングをさせる勇気がなかった
          ・・・自分にゆとりがなくて 絶対しかってしまう。
               これ以上 自分にストレスを増やせない。 
だから トイレトレーニング しなかった できなかった。 

1歳9ヶ月で 診断を受けた時 医師は こんなことを言いました。 

「広汎性発達障害の子どもの 発達の仕方には 特徴があります。
この子達は なめらかに上昇せずに 階段状に成長する。
一般の子が 徐々に成長している間 停滞・・まるで成長していないかに見えて
ある日突然 一気にすこーんとできるようになる。その繰り返しです。
おそらく停滞中は ずっと観察してたり 納得できるまで拒否し続けているのでしょう。
最終的にはひとつの課題をのりこえられる・・・でも徐々にではない。
てっぺんは一緒。成長の仕方が違うだけなんです。」

医師は そういってグラフを書いてくれました。

階段状に ・・・でも少しずつ 上にあがっていくさんぽたち発達障害の子の成長グラフ
なめらかな虹のようにあがっていく健常児のグラフと 頂点は同じにかかれていました。
         

         てっぺんは 一緒 
   

その話は さんぽの排泄自立で まさに証明
本当に その日 さんぽが決心して 
    大きな階段をひとつ 上りきったかのように

      見事に 発達障害的な 排泄自立をなしとげたのでした。

おそらくその日まで さんぽは 幼児教室のトイレ時間などに お友達のトイレを観察し
どんな時に どんなふうに そこでおしっこするかを 自分で納得したのでしょう。
その時点で もうおしっこはここでする と決めていたに 違いない。
だから その日から 失敗することはない。

ただその医師には
「排泄は 自立はわりとしやすいのですが、完全ではなく
何か課題が残ることが多い。
うんちをふくのだけは できないとか、電気をどうしても 自分で消さないとか
立ってしないとか・・・。一度身につけると なおりにくいかも。
でも 何か納得すると 今までのは何?というくらいころっとできるようになる。」
と忠告されていました。 

そうやって 子どもの成長の見通しが つくのって 本当にありがたい。
無駄に あせったり しかったりしなくてすむ。
こっちも いよいよ次の課題か・・・さあこい!!って構え 冷静に考えることができる。

さんぽの場合は 次の課題は 「うんちもトイレで」でした。
「うんち~」と言ってトイレに行き 「オムツにかえて~」といってオムツでする
医師の言葉が 頭に浮かびます。(これだな・・。
長期戦は 覚悟の上。
お母さんも百歩譲ろう うんちをオムツですることはOKだ
あとは うんちをトイレですることに 自分なりの納得するきっかけを つくるだけ。
いろいろ きっかけ作りはしてみました。
おむつから うんちを便器におとすところを 見せる・・・とか。
オムツでなくパンツでうんち そのパンツを一緒に洗う・・・とか。 
しまじろうのビデオで・・・とか
 
そのどれが 納得する材料になったかは わからなかったのですが
ある日 さんぽから 「3歳になったら うんちもトイレでするわ。」と。
さんぽが決めたんなら まず大丈夫だと思いました。
そして やっぱり 誕生日 うんちもトイレで ひょうひょうと 当然のようにしました。
こういうところは 本当に真面目すぎるくらい・・・・ですよね。

おしっこから 5ヵ月後 でした。

    まさに はっきりとした かっこいいくらいの階段状の成長
       
     緩やかな虹のような成長じゃないけれど
             でも てっぺんは同じように近づいてくる。

  停滞中は ちょっと苦しい時もある・・・。
         
          決心までの 長い長い拒否の行動
          なんで と思うほどの 細部へのこだわった想い  
          納得し 決心したあとの 強迫的とも思えるほどの真面目な行動
           ・・・・・・・そこからくる不安 

でも 先には いつか 階段がある。
   そこに 自分でのぼる日が くる

       そうなんだなあ
          さんぽは そうやって成長していくんだなあ。

排泄自立自体には さんぽは さほど苦労がなかったのだけれど
さんぽが 成長していく その過程の 発達障害的な 特徴を
改めて 考えることのできた 大事なできごとでした。 

これで 上りきったかに思えた 排泄自立。
でも まだ 階段は 終わってなかった。。。。。。

いわゆる 全部脱がず「立っておしっこ」です。

そこに挑戦したのは 保育園の先生の指摘があってから・・・。
つい この間の11月からです。

ここにも さんぽの 発達障害的 成長過程がありました。 
続きます。











 
    

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

はじめまして♪ちょびっとと申します。

我が家にも3歳0ヶ月の広汎性発達障害であろう息子がいて、排泄自立について悪戦苦闘中なので、読ませていただいて、とても参考になりました。

わが子も2歳11ヶ月の時、突然トイレでおしっこができるようになりました。・・・・が、同じく、うんちは出来なくていまだパンツの中(-_-;)そして、今一番の課題は「家と療育先のトイレ以外ではおしっこができない」という点なんです。

私が焦ってしまってはいけないなぁと思いつつ、つい、今日こそは、なんて外出先で意気込んでしまって、返ってかたくなに「いや、ここのトイレではしない!」という結果に追い込んでしまっています。

>停滞中は ちょっと苦しい時もある・・・。
         
  決心までの 長い長い拒否の行動
  なんで と思うほどの 
  細部へのこだわった想い  
  納得し 決心したあとの 強迫的とも思える   ほどの真面目な行動
  ・・・・・・・そこからくる不安 

  でも 先には いつか 階段がある。
  そこに 自分でのぼる日が くる

  そうなんだなあ
  さんぽは そうやって成長していくんだなあ。

↑とても、とても胸にしみました。
私もそうやって、息子なりの「いつか自分で登れる日」を、ゆっくりと見守ってあげたいなぁと思います。
すてきな記事をありがとうございました。

  • 2008/02/22(金) 23:59:20 |
  • URL |
  • ちょびっと #-
  • [ 編集]

ちょびっとさんへ
こんにちは~*^^*こちらこそ すてきなコメントありがとうございます。
ちょびっとさんのブログ 実は私 時々おじゃましてました。
お話できて うれしいですv-344 

ソウ君も 突然のかっこいいぐらいの発達障害的排泄自立だったんですね。
一緒ですね!
そして次の課題まで停滞中なのかな。
ちょっと時間がかかるかもしれないですが
きっと 大丈夫 自分で階段上る日 きますよ。
納得するための きっかけづくりは いろいろしながら 
あせらず 階段が現れる日まで 待ってみていいと思います。
・・・でも 親としては 本当に階段あるかしら・・・ 
っと思うこともありますよね。v-390
てっぺんは一緒 
心で そうつぶやいて がんばるぞ・・。  

  • 2008/02/23(土) 23:43:21 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/57-fde19859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。