ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫び&沖縄旅行での刺激整理中です。

最初にお詫び・・・ここ2回ほど記事が しばらくの間 
承認制の限定の記事になってたようで ごめんなさい
せっかく訪れてくれた人に ちょっと申し訳ないです
私が 設定し間違えたみたいです。みなさん こりずにまたきてくださいね。

ところで 帰ってきました!沖縄から。
帰ってきてから 今までずぅっと さんぽに付き合ってました・・・・。
何に・・・?って そりゃあ~た 再現遊び=「刺激の整理」っす。
何たって 飛行機 さんぽにとっては やっぱり 
            最高級の刺激だったようで。

飛行場についてから セキュリティーチェック 荷物をとるところ 席を探すところ
シートベルトをしめる場面に ジュースを尋ねられるところ 全部全部再現してます。
            ・・・・んもぅ こまかいこまかい!!
荷物がながれてくるところは、のれんをうまく使って 本物さながらだし
シートベルトを締める注意を促す音 「ぽん」 なんて 笑えるほどそっくり

ちなみに 飛行機のジェット音 どうなるか と思いましたが
本人が 相当の 覚悟を決めてまして 
飛行機に 乗った矢先から 耳に 指を 突っ込んでおりました。(早すぎ
音の理由は なにで どこから 音がして その音が どのくらいの大きさで
ということ 全て 納得済みなので 私たちもこける程の 騒ぎで過ぎました。
素晴らしいのは オーディオの音楽に 「子どもの歌」というラインがあって
「のりもののうた」が満載!!JAL様様です
ヘッドフォンつけて ルンルンで 体を振ってました。



ところで 何度も行われた 再現遊び(刺激の整理)で 面白いのを 一つ


空港内や 沖縄での生活で ひたすら歩く・・・っていうのが何回かあったんです。
疲れていて どのくらい歩くのか 見当のつかない時
さんぽは ぐずぐず しました。・・・時には へたりこんで
だんなに背負われていました。
その場面を 再現遊びする時が 面白い! 
     「こうだったらよかったのに」修正されているのです。

どういうふうに修正されるかというと 
その ひたすら歩いた場面にくると
「ヘットロンカー」という さんぽ語(造語)の名前のついた車が 登場します。
さんぽがいうには 
「疲れてても たくさん歩かなきゃいけないときに 子どもだけ乗れる車」
だそうです。
疲れてしまったのに歩かされた・・とか ぐずぐずしてしかられた・・とかの嫌な記憶は
再現遊びで「ヘットロンカー」に 塗り替えさせてるのです。

ほぉ~~~~なるほど、これが 刺激の整理の中の「修正」なんだ。と改めて思った次第です。


でも、塗り替えることすらできない 負の記憶も できてしまいました。
それは 何があったわけでもない・・・でもさんぽにとって とても辛かった。
       1日目の 刺激の過多

初めての飛行機での緊張
ついた場所も 安心できない 次々追加される新たな刺激     
そして 不安材料を倍増させる夜
ここに泊まらなければならないことを 受容しようと必死になる。

そして・・・大量の不安が 体を異変させたようです。
1日目の 夕飯最中から 様子がおかしくなり 不安げな表情に。
そのうち「泊まるのはいやだ。帰りたい」「胸が どきどきがいっぱいで 痛い」と言い出しました。

もしやこうなる・・・の覚悟はしてましたので 順番に 対応。
気持ちによりそい 今の状況と 終わりがいつか納得させ これからの見通しをたたせる。
眠る前には 落ち着いた様子・・・歯ぎしりや夜泣きもなく 過ごせました。ほっ・・・

私たち夫婦は 旅行が好きで さんぽの障害知ってからも いった旅は 数知れず。
最初こそ 日程の視覚化を徹底し さんぽに合わせた旅に限定してましたが 
幾度か経験を重ねるうちに 旅に対しては さんぽも柔軟に 過ごせるようになりました。
今回のように 一日目に さんぽが 混乱を極めてしまったのは 久しぶりです。

飛行機は その場でパニックにならなくても やっぱりすごい刺激だったに違いない。
音や人ごみからのストレスや 活動の制約からくるストレス
体に ためこんでしまったのかもしれませんね。

今回は それでも さんぽの希望での飛行機だったから 
自分の中で ぎりぎり 何とかストレスを 処理できたんだろうなぁ。
無理は 禁物・・・ ですね。



でも、観光であっちこっちではなく
沖縄の青い海を ひたすら堪能するのも なかなかのもの。

こんな 楽しみ方も さんぽのおかげで 知りました。


ざぶ~ん ざぶ~ん   

エメラルド色の波に はしゃいで 走り回る さんぽ 

サラサラとなる サンゴの砂・・・を食べる ひだまり(おーいっ

それを 一日眺める 私  

何だか 結構 幸せな感じ・・・で 酔いそう   
                            へへっ。


私は おうちに戻ってくると あっという間に 現実が かえってきたけど。 

さんぽは 明日も 刺激の整理が 続きそうです。
でも 今頃になって 「やっぱり 家もいいけど 沖縄も 楽しかった」と言い出してますから

少しずつ さんぽの中で 整理がついてきている証拠です・・・。



      

テーマ:こどもと一緒に♪ - ジャンル:育児

コメント

おかえり~

おかえりなさい。

青い海、白い砂浜…
のんびり、ゆったりする休日。
波の音を聞きながら、砂浜でお昼寝をして…
うーん、まったり。

さんぽくんも、楽しかったって言ってくれて、よかったね。
こどもの笑顔が一番の思い出だよね。

  • 2008/04/01(火) 15:35:41 |
  • URL |
  • 幸歩 #leF2ecbc
  • [ 編集]

あきこさんのブログからやってきました。

沖縄に旅行されたようですね。
さんぽくんも楽しめたようで、良かったですね♪

青い海、白い砂・・・。
また行きたい衝動にかられます(笑)
うちも旅好き家族でよく旅行に出かけます。




  • 2008/04/02(水) 10:52:16 |
  • URL |
  • ももん #-
  • [ 編集]

幸歩さんへ

いつも 優しいコメントありがとうございます!
「見てるよ!気にしてるよ!」
というメッセージで 心をなでてもらっているような・・・そんな気がしてます。

さんぽが 宿泊施設で「胸が痛い」と凍った顔で言い出したときは、かなりあせったし、
終わって「またきてもいい?」と聞いても
「いや。おうちがいいから」といわれた時にはがっくしでしたが
刺激の整理が終わった今
「楽しかった」と笑顔で話してくれて・・・本当にほっ・・です。
旅行なんて、環境の変化に弱いさんぽにとっては、楽しいものではないもんな。
私たち夫婦のためだけのもの、自分たちの癒しのためだけのもの。
そこんとこ 頭にいれておかなきゃな。

過去に 旅行中、さんぽに笑顔がなかったことも 実はありました。
パニックに 途方にくれたり、だんなが怒りだしたことも。
いつも旅行は 「かけ」に近かったです。
それでも旅行し続けた 私たちは 何なんでしょう。
そんな親に さんぽが妥協したとしか思えません・・・はは。
困った親です。


  • 2008/04/03(木) 21:30:24 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

ももんさんへ
こんにちは!はじめまして。
訪れていただいたこと、コメントいただいたこと、
とってもうれしいです。ありがとうございます。

ももんさんの家族も旅好きなんですね。
個性ある子どもを抱えての旅って
それなりにエピソードがあるかな?と思いますが
どんな旅を されていますか?
その感じだと沖縄も経験ありですねv-219

私たち夫婦も さんぽを連れて本当あっちこっちいって
いろいろな良し悪しi-229の足跡残してきてます。
3歳からは、もっぱらキャンプ。夏も計画中です。
今までの笑いあり涙ありの旅も、機会があったらブログに記録したいけど・・・なぁ。
もしよかったら是非、また訪れてくださいっ!

ももんさんのブログにも お邪魔させてください。

  • 2008/04/03(木) 21:42:18 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/68-4edea3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。