ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな不安の始まり

新しい年度が はじまりましたね~ 
私は どちらかというと 「新しい」という環境に 結構強いほうで
4月は 変化する環境が ぴかぴか新品に見えて うきうきなタイプでした。

でも さんぽのことを考えると そうもいかない・・・。
ああ これも変わるのか・・・。あれも変わるのか・・・。

その変化を知るたびに、さんぽの これからの状態を 思う。

ため息の とまらない時期 ですね。

担任の先生が 異動することは うすうす 感じていて
(うすうす感じるように 担任の先生が 配慮してくれていたんです。)
とても とても よく気がつく 素敵な先生だったので
残念で たまらなかったけれど 心の準備 してたし させていました。

でも 園長先生までも なんて・・・・。
それとなく さぐりは入れてあったのに な。
こういう 大事な変化 事前に 教えていただきたかった・・・。

4月1日 春休み中も保育園に通っていた ゴマ君のお母さんから
「私も行ってびっくりしたの。通園が始まって知ると さんぽ君混乱するかと思って。」
と 連絡をもらいました。  

こういう さりげない連絡 本当に 助かります。
園長先生より さんぽのことを よくわかってますよね。 
ママ友との つながり 大切です。

その連絡をもらった直後は ちょっと くらくら・・・・立ちくらみ
         でも ため息ついてる暇なんかない。


すぐ さんぽを 守るための行動 しなければ!!! 

早速 電話。
園長先生との懇談を 申し出てきました。

2日の日には、さんぽのために 変わった教室を 見せてもらう予定になっていました。
3日の日が 新学期の登園 はじまりですから。
懇談は 2日に やってもらわなければ 困る。
私の 必死さは 伝わり 2日に懇談 こじつけました。

本当は こういう大きな変化は 一日でも早く 事前に教えていただきたかった・・・。

だって 本当は きちんと準備したい。
心も・・・・ 実際の資料も・・・・。
今日知って 明日懇談じゃ 資料だって 大慌てなものになる。

さんぽのこと 初めてしってもらう
何よりも 大切な懇談なのに・・・・。
見直す時間もない 資料で のぞまなくては ならないなんて。

2日の日
さんぽと一緒に 久しぶりに園に行きました。
予定通り 新しい教室 靴箱 ロッカー 持ち物を入れる場所 掲示 置いてあるおもちゃ
一つ一つ さんぽと 今までと何が違うか 確かめました。
ちゃんと 心の準備ができていた さんぽ。 笑顔で 違いを 説明してくれます。

ああ 新学期が始まっても この笑顔が 消えなければいいけれど。


そして懇談。 目の前に 並んだ 園長先生と 担任の先生。

いよいよ 決戦のゴング

いかに わかりやすく さんぽの特性を話し
問題となる行動や 不安や恐怖の場面を つかんでもらうか。
そして そこでの適切な対応の仕方を 理解してもらうか。
私たち親子の 今までの思いを ちゃんとのみこんでもらうか。
  
時間は 集中してきけて うんざりされない 程度・・・ 30分を頭に

             勝負です  


話してみて がっかりしたのは
去年のこと あまり引き継がれていない  ってこと
担任となると さらに 今後 引き継ぐ時間も ないらしい。
去年、園長先生と担任の先生に わたした 考えぬいた 資料も
新たに 次の園長先生や担任の先生に わたされることも ないみたい。

保育園は 忙しいから そうなっちゃうのかなあ。

ちなみに 学校は 異動しても そこまで引継ぎが空っぽになることは ないですよ。
私の経験上。

園長先生は ともかく
年少の担任のカナ先生は さんぽに合った 見通しのきく 指導をしてくれていたし
席や並び順 グループの友達関係に 絶妙な配慮があった。
さんぽの 間違いのある 複雑な表情を 適切に 読み取ってくれていたのも そう。
てっきり 引継ぎで そのあたりを 先生同士で 話し合ってくれるものだと。 
 
そう思っていたので はあ~っ て感じです。


また 0 から はじまっちゃうんだなあ。


全部 0 に 戻っちゃうんだなあ。

力 抜けちゃいますね。


そして 気になる 担任の先生。
年少さんの時に 隣のクラスの先生でした。
朝 よく 怒っている声が きこえてきました・・・。
喜怒哀楽がはげしいタイプの気がします。

常に 穏やかな表情で 安定していた前の先生と 180度違う感じです。

その先生の 人間性を否定するつもりはありません。
でも 前の先生とのタイプの違いに 何となく 嫌な予感がします。

私が さんぽの特性について 説明していくうちに
だんだん 表情が固くなり 困惑しているのが みてとれました。
対応について 話していくと
「そんなこと できっこない。」的な態度に なっているのもわかりました。

前向きに考えれば
困惑も 私の話を 受けとめようと思って きいてくれたから
私の話したことを 自分のやり方と照らし合わせてくれたから こそ です。

そのため 最後に付け加えました。
「私も 元教員です。 
集団において 一人の子に 個別に対応することが
いかに難しいことか よくわかっているつもりです。
でも 無理を承知でも お願いさせてください。
頭のどこかに 今日の話を残しておいて欲しいのです。」

正直な 気持ちです。

全部は無理、でも少しでも さんぽの見え方考え方に 近づいてもらいたい
些細なことで生じる さんぽの不安 恐怖・・・
それを感じるアンテナ 片隅にでかまわないので 取り付けてみて欲しい。  
取り付けるのがめんどうならば そういうアンテナあることだけでも 知ってて欲しい。 


どうか どうか お願いします。


何だか 始まりから いまいち 兆しが明るくない 新学期


           心配。 


               大丈夫かなあ。 この1年。



  園の 門の 前

     風とともに はらはらと散っていく 桜の花びら

      それが 不安 の文字になって

          私にふりつもっていく・・・・。

  そんな気さえしてしまう 懇談の帰り道 でした。




           

テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/69-d5e27057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。