ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルプのサイン・・・ゆっくりといこう

毎夜 ぎりぎり歯ぎしり やってます。さんぽ・・・。
ぼりぼり・・・・ アトピーも痒いんだね。悪化したんだろうな・・・。

ストレス たまってきちゃったんだね。
さんぽの 「何でも受容」の 限界の合図です。

夜泣きは 金曜から毎日・・・始まりました。
うわごとで たくさん 苦しい心のうちを 自分に確かめるように 言っている。
 
4月に入って がんばりすぎてた。さんぽ。

担任の先生 「年中さんになったんだから~しましょう。」が多すぎる・・・。

年中さんになったんだから お母さんと 門でバイバイしましょう。
年中さんになったんだから 泣かないようにしましょう。
年中さんになったんだから すばやくお支度しましょう。
年中さんになったんだから・・・・年中さんになったんだから・・・・。

年中さん・・・黄色い帽子のお兄ちゃん
さんぽだって あこがれだった。黄色い名札 黄色い帽子

「だからこそ 今がチャンス!今が肝心
学級開きの時期に いろいろなことを 設定して こどもたちを軌道にのせたい。」
  
そういう 先生の考えは わかる・・・・でも

先生 門でバイバイ は 始まって3日で必要かなあ?
泣きたいのに 泣くことができない設定は 新しい環境のこの時期に いるのかなあ?

先生という大人の存在を信頼し 先生のいうことを そのまま真に受けるさんぽ
言われたことを しなくてはいけないと とらわれている。 
自分の 限界も知らず 何もかも受容し 行動しなくてはいけないと考える。

「明日から、門でばいばいするよ。先生がそう言ったから。」

「えっ!まだいいと思うよ。教室もロッカーの場所も 変わったばかりだし 心配でしょ。」

「でも 先生がいったもん。オレ がんばる。」

その決意の顔は つつけば すぐ涙が出そうな表情でした。
私にはわかる・・・それは ヘルプのサイン。

あわてて お友達にメールすると、「子どもからそんな話は出てない」とのこと。
さんぽに「お友達も 門でばいばいしないって。
だから、お母さんついていきたいな。」と説得しました。

次の日 不満と不安で いっぱいいっぱいのさんぽの手を握り 
教室前まで送りました。
どんどん教室まで送りにくる お母さんたち・・・。
ほとんどの子どもが 門の前でバイバイなんかしてません。
そうでしょう。まだ、門でバイバイの時期ではないもの。
確か5月ごろ、保育園便りで 通達されるはずだもの。 

もちろん 先生は 「できる子は・・」とか「これからは・・」みたいに 言ったのでしょう。
普通の子はそれを 自分と照らし合わせ 「できない」と思ったら しない選択をする。
でも さんぽは・・・・真に受けて 受容しなくてはいけないと自分自身を強迫する。

さんぽ 無理だよ。無理。

そんなにがんばったら 心 疲れちゃうよ。

「いやだ」という 選択があるんだよ。 

言われた通り 行動しなくても 何も 変わらないんだよ。誰も 困らないんだよ。
 
そんな状態で
今週から 検診が続き 今日は眼科、明日は耳鼻科、あさっては内科
おそらく 教室で その話がでた あたりから 
ついに さんぽの夜泣きが 始まったわけです。

でも 検診は きっかけにすぎない。
検診があろうとなかろうと もう そろそろギブアップなんでしょう。

こうやって さんぽの受容してしまった苦しさは 
今は さんぽの無意識な夜に 表現される。  

担任の先生は 熱心なベテラン先生です。
私がさんぽについて 話した懇談のときは 「できっこない」的な態度でしたが
きっと ご自身で 少し勉強されたのでしょう。
今週明けには、掲示ががらりと変わり、視覚カードがはりめぐらされていました。
去年の担任の先生には ない指導の手だてです。

でも・・・さんぽは、もう去年一年で 保育園の生活には 自分なりのペースを見つけている。
それに家でも 安易に視覚カードは使っていない。
混乱のない普段の生活での 細かい視覚カードは 必要ないから。

それより もっとケアが必要なこと・・・。
あえて言えば、
そうやって週明けに 掲示ががらりと変わってしまう変化への 事前の一言。

先生・・・!! さんぽに必要なのは そこの支援なんです。  

そういわれてもな・・・。難しいだろうな。
ここは 先生の勉強している部分を ありがたく 感じなきゃな。
さんぽじゃなくても きっと いつか 誰かのためになる。



去年の 長い長い 登園しぶりの日々を
そして 医師の
「さんぽ君は受容のコントロールが必要な時期。コントロールするのは親です。」という言葉を
何度も 思い巡らせます。

今週は 思い切って 半日で 帰宅することにしました。
さんぽは「なぜ?オレ 大丈夫だよ」といいますが ここは適当に理由をつけます。
すると、意外にもあっさりと 「ありがとう。」なんて 言う。
こちらからの支援の声に ほっとしているんだとわかる。

検診は 日程をきき 何度も練習。
検診のあとの お楽しみも用意して
とりあえず 今週をのりきろうと思います。


大事なのは 登園ではなく

お母さんからはなれて 一人で教室行くことではなく 

保育園で 泣かないことではなく


さんぽの 心が 安定した 状態であること

ぐっすりと深く眠る夜が いつもあること


そこなんです。  

ゆっくりいこう さんぽ。
さんぽのペースで いいんだ。

がんばる さんぽも かっこいいけど
お母さんは さんぽの 心からの笑顔で 十分なんだ。    

テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

コメント

難しいですよね…
保育園の先生は一生懸命なのでしょうけど
間違った方向に行くと時にそれがプレッシャーになるというか何というか…

さんぽ君あんまり頑張り過ぎないようにネ(´∀`)

  • 2008/04/16(水) 13:57:37 |
  • URL |
  • ゴジャレ #-
  • [ 編集]

久しぶりのコメントになってしまいました。
またコメントする余裕が戻ってきましたよ~。

さて・・・。
さんぽくん。
もしかしたら絵カードも返って「強迫的」に捉えてしまうツールになっちゃってるかも・・・。
コロん太はそうでしたよ。
スケジュール出されると、荒れてました。
その通りにしないといけない・・・って思いすぎて。
「分かっていた日課」と「分かっていても書かれてしまった日課」は、とらえ方が違うそうです。

先生にもう一歩踏み込んで、理解していただきたいですよね・・・。

それと。
年中さんになったんだから・・・の訂正も、できれば先生自身にしていただくのがいいですよね。

半日帰宅。
賛成です。

それから・・・桜の絵、すてきだね。

  • 2008/04/16(水) 23:48:22 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

先生の言葉の通りに頑張ろうとするさんぽくんに涙してしまいました。必死で不安な気持ちをこらえているのがわかります。「でも、先生が言う事は守らなくっちゃ」「頑張るから!」って心の中で一生懸命自分を励まして、頑張ろうとしているんですね…。

でも、skymamaさんの言うとおり。頑張り過ぎないで、さんぽくんのペースでゆっくり進んでいけばいいですよね。そうじゃないと、折れちゃいそうな子供の小さい繊細な気持ち。この頃、私もアニが背伸びをして頑張ろうとしている姿を見ると、「まぁ~、そんなに頑張らんでも、いつか出来るようになるよ~」と言います。でも、ママに褒められたくって頑張っちゃう時があるんですけどね(笑)可愛いし、こういう姿をみると、しっかりと子供をさりげなくフォローしていってあげたいと思うんです…。

あ、うちのアニも歯ぎしりすごいです。「歯が折れやしないか?!」と心配なくらいに…。歯ぎしりってストレスが関係しているのでしょうか…。気になっています。。。

  • 2008/04/17(木) 09:00:42 |
  • URL |
  • ニコ #-
  • [ 編集]

ゴジャレさんへ
コメント ありがとうございます!
再びのコメント うれしいです~。
そうなんですよね。
熱心な気持ちは 伝わる先生・・・でも方向が間違っていると 
熱心さが逆にさんぽを追いつめる。
正直、自分も 似たようなことをしていたんです。過去に特殊学級を担任した時。
きっと、今は 熱心な気持ちがからまわりしているだけ。
決して理解しようとしていないわけじゃない。
なんとか うまく関係をつくっていきたいな。
熱心な気持ちをうまくのせて、徐々にこちらのペースに気づかせていきたいな
・・・と思っています。
作戦練らねば。
これから どうなることやら・・・。

  • 2008/04/17(木) 21:49:42 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

FLさんへ
わぁ FLさん FLさんだ!!
FLさんが見に来たんだと思うと じわぁときました。
前よりも凛として 笑顔で こちらに手を振っている姿が 目に浮かんできます。
何だか すごくうれしくて。ぎゅっぎゅっ~~とハグしたい気分です。
(気持ち悪かったらごめんなさい。)
・・・っと 落ち着け! 私
やっぱりコロん太君もそうでしたか。
さんぽ、絵カードの掲示があった日、教室に入るなり呆然としてたんです。
まさしく混乱していました。掲示が大きく変化したからだと思ってましたが、
「わかっていたのにかかれてしまった日課」に強迫的なものを感じていた・・・納得できます。
確かにその日から、お支度も、律儀に絵カードの順番通りに変えましたから。
そういうこと一つ一つに、すざましいストレスを感じていることは、容易に予想できます。
「年中さんになったのだから」も、FLさんのいう通り、
先生から訂正しなければ、さんぽには解決しないんですよね・・・。
難しいなぁ。ベテラン先生の誇りを傷つけないように、
これからの関係を保ちつつ、うまく指摘していくのって。
でも 本当に もう一歩 踏み込んでもらいたい。
こちらの方も、あせらず、ゆっくりと進めていきたいと思います。
FLさん、また時間と気持ちに余裕があるときには
たくさんおしゃべりさせてください。
コメント すごくうれしかったです。

  • 2008/04/17(木) 22:27:25 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

はるままさんのトコからやてきました。

5歳の男の子、6ヶ月になろうとしている女の子がいます。


また、お邪魔しまぁ~す!

ニコさんへ
あたたかいコメント、ありがとうございます。
遅ればせながら、オト君 入園ですね。おめでとうございますv-315
オト君、涙もありながらも、とっても順調な感じのすべりだしですね!
うんうん すごくいい感じ!
いつも、アニ君とオト君の 涙あり笑いありの生活に はげまされている私です。  
さんぽは 4月はこんな感じで がんばりすぎちゃっています・・・。
何でも受容して、強迫的にやってしまうのもあるけれど、
ニコさんの言う「ほめられたい」という気持ちも 確かにあるなぁ。
上手なフォローを目指します。ニコさんみたいな・・・v-353

ところで、歯ぎしり。そうそう。歯が折れそうな勢いですよねi-229
さんぽは3歳ごろからひどくなって、歯医者にたずねたり、ネットで調べたりしました。
ストレスとの因果関係、それなりにあるみたいです。
もちろん、噛み合わせにも原因はあるようですが、
+ストレスを感じやすいタイプ に表れる傾向のようです。
ただ!心理士さんには、「あまり気にしなくていい。」と言われました。
アニ君に 思い当たるストレスがなければ、
歯ぎしり自体は 心配しなくてもいいのかも。
さんぽは、割と顕著で、ストレス度のバロメーターになるんです。
ちなみに、今日は全ての検診が終わったので、
歯ぎしり全くしてません。
さんぽ、キミ わかりやすすぎっ!  

  • 2008/04/17(木) 23:16:21 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

みぃぼんさんへ
はじめまして。コメント残していただいてうれしいです。
6ヶ月の赤ちゃん・・・ひだまりと同い年ですね!
ブログにおじゃまして、お兄ちゃんがすごくかわいがっている記事を読みました。
さんぽも、意外にもかわいがっているのですが、
かわいがり方を読み取れない部分もあるのか、ベロベロなめがち・・・で。
さんぽがひだまりを抱っこした後は、
おでこやほっぺがべちゃべちゃ・・・いやぁやめてぇです。

またよかったら 遊びに来てください!


  • 2008/04/18(金) 01:26:08 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/74-8c78a745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。