ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担任の先生にもの申す・・その2

元教員として 先生のこと 感謝以外の記事でかくのは 本当はしのびない。

教育界の システムや考え方に 私自身も 疑問はあるものの
個人的な面での 本当に困った先生は 本当にごく一部。
親とは当然 温度差はあるけれど どの先生も 子どもを思う気持ちは 同じです。

ただ、よかれと思っている方向が 違っているだけ。
 
親としての思い 先生の思い
親としての願い 先生の願い

聞いて 考えて 伝えて 考えてもらって・・・。

少しずつ 軌道修正しながら わが子の歩む道に 道しるべをたてていく

道しるべが 二股に分かれてしまわないように 
二股に出くわして わが子が苦しまないように。

そこを 親として 忘れないようにしたい。



ヒートアップした自分を 冷却するために
懇談前に 一度 考えていることを整頓してみました。

どうしても 話しておきたいこと   

1 悪いことをしたから 罰をあたえる(席を替えるなど)パターンは 最終手段で。
 根本的な 原因が わからないまま受容し、ストレスだけ ためる可能性がある。

2 さんぽは 今 先生の指示を 全て 強迫的に しなくてはならない と考えている。
 ポイントとなる指示 (明日の連絡や危険がともなう場合など)は
 さんぽにわかるように 個人的に 声かけしてもらい
 それ以外の指示は 指示通りできなくても 悪い子ではない(しかられない) という
 パターンを つくっていってほしい。 

3 さんぽの 障害からくる特性の 確認と 対応の手だて。
 (不器用・ゲーム的なものが苦手・声の大きさ調節・指示や会話の全体像がくみ取れないこと
  ・あやまる時の表情やごめんなさいが簡単にいえないこと)    

4 視覚カードを取り入れる時は 相談してほしいこと。

頭の中で これらを 引き出しに入れて

          いざ出陣

先生にはまず
「さんぽの様子が 家で不安定なんですが 保育園で困った行動は ありませんか?」
と切り出しました。

先生から 保育園でのさんぽの様子で 

きまったお友達と 常にいて 調子にのってしまうことや
集団での 声量の調節が 不適切であることや
先生の3分話や なぞなぞ話の時に 目つきがおかしかったり落ち着かなかったりすること

そして・・・その中で お友達との はしゃぎが 目に余るため 
席替えをした という話もでてきました。

その話には 
さんぽだけの席替え、しかも周りが女の子だけのグループは やはり よくないと思ったので 
あさってには 全員席替えをする予定 であること
も付け足されました。

そうきたか・・・なんとなく・・・・元教師のカン

懇談申し出の電話でピンときた先生に 先手をうたれたかな?

でも、そこは 大事。
先生も 原因を探ってくれたということですから。
こちらから 話を切り出さなくても 
先生が 自分のやり方を 自分自身で 軌道修正してくれるなら
それは ありがたいことです。

私は 調子にのって 迷惑をかけたことに対し 謝罪をし、
すぐ 席替えを していただけることに お礼をした上で

「先生が言いたいこと 実は さんぽに 
 席替えという方法では きちんと 伝わっていないかもしれない。
 できれば 個人的に 話をして 何することがいけないのか 
 具体的にして 納得させてもらえると 経験が次の行動に つながる。
 罰的なものは 普通の子ほど 
 次のよい行動へ つながらないかもしれない。
 突然 環境を変える・・・というのは さんぽにとって すごい罰になる。」

旨を伝えました。

これは さんぽに限らず 4歳の子だったら どの子にも言えることですよね。
あえて 先生に スムーズに納得してもらうためだけに 「普通の子」を出したけれど
本当は 障害なんて 関係ないと思う。
教育者なら わかること。
きっと 保育に情熱のある先生なら 納得していただける話です。

とりあえず 私のヒートアップの原因となった事柄については
懇談始めて10分で 軌道修正できたわけです。 


それ以外の話でも 先生から出てくる話から 
私にはわかる さんぽの 集団だからはっきり出てくる 自閉的な特性が ちらちら
その対応や 手だてに対し 
互いに無理のない形の 軌道修正を 繰り返しました。

でも 難しいのは どうしても話しておきたいこと「2」の問題。
先生に どう伝え、どう対応してもらうかが 大きな課題でした。


今回の記事は かいていると 結構 疲れるので 続きます。
       

テーマ:保育園児日記 - ジャンル:育児

コメント

気持ちとってもよく分かるよ。

問題のない子にしたい・・・そう思う気持ちが、余計問題を大きくしているような気がする。

本当に先生にしてほしいのは、何かをすることじゃなくて、「待つ」ことのような気がする。

  • 2008/05/17(土) 10:26:03 |
  • URL |
  • FL #-
  • [ 編集]

うちもベテランの先生。
1クラスの人数も33人なので、補助の先生がついてます。
先生も忙しいのでしょうが、もう少しテッタボに目を向けて欲しいことが多々あります。
お願いしてことは、やってくれないし。。。

ベテラン先生であるが為に、細かいことまで言うのもなんだし・・・

わが家も、モンモンとしています。。。

  • 2008/05/17(土) 22:56:49 |
  • URL |
  • みぃぼん #R.jsIzoU
  • [ 編集]

FLさんへ
ありがとうございます。
FLさんの言葉に 「あぁ そうだったんだあ」と はっとしました。
私が 先生がやってることに対して 思っている うまく言い表せない気持ち 
FLさんのコメントに 明らかにしてもらった気がします。
そう 「待ってほしい」っていうことだったんだ。
次々と「何かする」のではなく「待つ」ということ。
やっと わかりました。
私自身にも 言えることです。
FLさん ありがとうございます。 

  • 2008/05/17(土) 23:35:17 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

みぃぼんさんへ
私も やはり テッタボ君の記事で 共感したことがありました。
みぃぼんさんも 気になりながらも 先生へ話すのは ちょっと様子見でしたね。
私は・・・ついに・・・先生のところへ。
先生との関係を崩さず、やり方やほこりを否定せず、
親として もの申すって すごく難しいけれど
渡すべきバトンは きちんと渡したいですよね。
今回の先生との バトンの確認(軌道修正)は
これからも いくつかあるような気がしています。
目に見えるやり方の変化を 大きく期待はせず、少しずつ少しずつ 
でも確実に 伝えていこうと思っています。

さんぽにとっては ちょっとしばらく厳しい日々が 続くかもなあ。 

  • 2008/05/18(日) 00:12:47 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

こんにちは。
しばらく忙しくてなかなか来れずにいました。
私も、歩がまだ診断されていない頃に、ちゃんとさせて欲しいという意味ではなく、
この子のペースで学ばせて欲しいという意味で伝えたことなのに、
先生は「問題なくやらせること」に焦点を置いてしまい…
そしてその後はご存知のように…あっという間に崩れていきました。

今、伝える時ですよね。
2番がたぶん一番、この子たちには大切なんですよね。
少しずつでも、理解いただけるといいですね。
さんぽくんの園生活が安定しますように…応援しています。

  • 2008/05/18(日) 00:37:16 |
  • URL |
  • 幸歩 #leF2ecbc
  • [ 編集]

ヒートアップした自分をしっかり冷静に見つめ直してから先生とお話しできるskymamaさんはすごいなぁ~って思いました。
私ならそのままの勢いでいってしまいそう(汗)
うちはそういう時はパパの出番なんですよね。
私はどうしても感情的になってしまうので。

  • 2008/05/20(火) 11:34:35 |
  • URL |
  • ももん #CbeX5jS2
  • [ 編集]

幸歩さんへ
互いに 互いのブログを見ていたんですね。
こういう偶然、・・・不思議ですね。
時間を決めあったって なかなか思う通りに 会えなかったりするのに
ただふと 自分が思うときに 相手も思っているという時間のタイミングが 
何だか すごくうれしいなあ。

歩君があっという間に 崩れたのって わかる気がします。
さんぽも あやういところです。
この子達の 心は 小さな穴をあけたままでいると 
こちらに助けを求めてこないから するするとこぼれて、大きな穴になっていってしまう。
穴を閉じるタイミング 見計らってあげないと いけないですね。 
一度では 完全にふさがらないかもしれないけれど
まずは 先生に気づいてもらえれば・・・。
と思っています。
2番のこと うまく伝わったか ちょっと自信ない・・・。
自分でも じゃあ 先生に具体的に どうしてもらいたいか
うまく言えませんでした。
なかなか 更新できないのも そのせいです。 

  • 2008/05/20(火) 14:28:31 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

ももんさんへ
お褒めの言葉 ありがとうございます~。
一応 教員生活11年で、親と先生の話し合いが、うまくいかなかった時の
後の 悲惨さは 見てきましたので・・・。
なんとか 冷静に おさえることができました。
パパの出番ですかあ。いいなあ。
お母さんが わが子のことで 思わず感情的になっている時の 
パパの役割って 大きいと思います。
ももんさんの 頼りにできるパパ 素敵な存在ですね。

うちは・・・教員だというのに&さんぽの父だというのに
発達障害について 勉強する兆しもなく・・・
そいでもって・・・教員だからこそ 先生に何か言いにいくことに対しては 断固反対します。
「先生のやり方を 信じろ 先生が困る保護者にはなるな」と・・・。
でも、発達障害について勉強してないので 全く 説得力がなくて・・・ハハ
結局 今回もですが 私が 行動に踏み切ることが多いのです。
うちのパパみたいな 先生がいるから 余計に心配だっちゅーの!・・・・i-195
何とも 悲しい お話になってしまいました。   

  • 2008/05/20(火) 14:46:15 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/81-3826f85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。