ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての視覚支援カード~時間の軸づくり~

最近のさんぽ・・・少し安定しています。
おそらく 年中さんになっての 新しい生活パターンや 新しい先生のやり方を
インプットできて 見通しが立てられるようになった ということかな。

4・5月の頃 「年中さんになったから ~しなきゃ ダメなんだ。」というような
先生の言葉を 強迫的に感じていると 思われる言葉も 出てこなくなりました。
(先生からの 粗相の報告は いまだに 3日に一度あり 私のストレスになってます・・。)
 
毎日の保育園の生活
そこの場所が 安定できる場所になると さんぽの力が にょきにょき芽を出してきます。
絵画教室や水泳教室に入って いい先生との出会いがあり 
自信をつけさせてもらえているのも 栄養になっているようです。

そう・・・
ストレス度が ピークだった 去年度は
保育園後は 何もできませんでした。
ただただ さんぽの 刺激の整理や 一人遊びの没頭につきあい
さんぽが ストレスを 体にためず 心穏やかに寝ることを願っていました。

今になると・・・ いろいろがんばっているママたちの ブログを読んで 
あのひたすら平行線の一年に 何か親として できることはなかったかと 思うこともありますが
考えるたびに 結局 
「あ~やっぱり あの時期は あれでよかった。あれで精一杯だった・・・。」
という結論に至ります。

あの頃 保育園から たくさんたくさん持ち帰ってきた さんぽの不安や恐怖 
それを 家で いったん 整理して 心を休ませて 次の日を迎えることが 何よりも先決だった。
刺激の整理と 心の休憩に 保育園後の 全ての時間を費やす・・・

あの 平行線に見えた 長い日々がなければ 
今の安定はなかったと やっぱり 断言・・・できます。 

その今に 素直に喜びつつ         
安定しているこの時期に 少しだけ挑戦!

それは 「1週間のスケジュールを つくること」です。
 
以前 医師に指摘された 
「時間感覚を 早く身につけさせて 過剰な不安を減らす」
ための作戦です。

さんぽにとっては 初めての本格的な 視覚支援カードになります。

どんな方法がいいか あれこれ考え ブログを徘徊し
たくさんの方々の おいしいところを いただきながら (皆様 ごちそうさまです
さんぽオリジナルをつくってみました。
 sukejyu-ru


えっ ごっちゃごちゃっ て
はあ そうですね。まあ 私らしいなって感じで・・・・おいっ

上の段が その日の 日にちと 曜日と スケジュール。
スケジュールには 楽しみにしているテレビ番組 と 
習い事 OR お約束事 (お手伝いとか 手を使う練習とか)

下の段は 日曜までに 何回 保育園にいくかが わかるようにしました。
(日にちの感覚を つかませるため)
たまにある 遊びの予定や 行事の予定も 下の段です。

カードは 前日に 乗り物クリップ(6個入りで100円 乗り物ファン必見)で とめさせます。
そう・・・さりげなく 苦手な「親指と人差し指の力のバランス」のトレーニングです

これを 初めて見た さんぽの様子
うふふふ・・・見せてやりたいほどの はしゃぎぶりっす。
そりゃ 乗り物クリップ & 日にちについたキャラクターの切り抜き 
・・・私だって 無駄に4年半 さんぽの母してないもの。 

実は これを始めて 速攻に 効果が出ました。

朝 「今日、保育園あるの?」から始まって 一日の日程に対する
繰り返しの質問攻めが なくなりました。
前日に話して わかっているのに質問する・・・朝、不安が高まってる証拠です。
そして「保育園いやだなあ」という後ろ向きな言葉を 朝からきくことも減りました。

一日が始まっていない 朝は 見通せない緊張で 不安が襲ってくる。
決して 保育園が 心底嫌いなわけではないけれど、
でも、見通せない一日と どれだけ続くかつかめないこれからの日々。

それが さんぽの朝を どんなにつらいものにしていたか・・・・。
    
これを始めて やっと気がつきました。

時間の軸が なかったことは それほどさんぽに不安をあおっていたんですね。

もちろん さんぽの安定が 先にあってのことですが
こういう 視覚的な支援一つで
こんなに さんぽの朝が 明るくなるとは 予想していませんでした。


そして 効果はもう一つ
スケジュールに 視覚的に提示することで 活動が広がりました。

以前から 新しいことや 苦手なことには なかなか のってこないさんぽ。
どうしても 繰り返しの遊びに没頭し 時間を費やしてしまいます。
もう少し 手先を使う折り紙や塗り絵などの遊びや 苦手な活動に目を向けさせたくても
なかなか・・・のらない。「いやだ」の一点張りに だいたい私が根負け。 

でも、手を使う練習(絵を描くとか 鉛筆をもつとか 折り紙とか)や 
やらせたかった 生活でのお手伝いも
視覚的な提示に従い 自分でやろうとします。  
さんぽの場合 活動に手をつけようとするところに持っていくのは 
とても時間がかかりますが
本人が 納得してやりだすと 結構 はまっていくんです。 
できれば いろいろな活動を経験させてやりたいな・・・と思います。 

もちろん さんぽにとって必要な 延々と続く 一人遊びの時間も 確保したいですが
安定している時期だから とりかかれる 挑戦の活動の数々 
こんなチャンス 逃しちゃ もったいないですよね。
今のところ 週に1回だけ設定して 新しい活動 挑戦させています。

でも 私は・・・・
私は・・・・ 基本は 子どもの時間
          ーーーー 管理されない 全く持って自由な時間 --- 
無駄に見えるけれど そういう子どもの欲する時間を 気が済むまでつくってあげるのが 
もっとも大切だと思っています。

さんぽの安定が崩れた時 きっとこの視覚支援カードは 何の役にも立ちません。
それどころか さんぽにとって 強迫的な負担になるかもしれない。
そのときには すぐ廃棄して 0にしても かまわないと思っています。 

もともとの このカードの意味は 
「時間の軸ができて 時間的な不安が少しでもなくなれば」

それだけなんです。   
 
 
           

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

時間って

こんばんは。
時間って皆に平等なんですよね。
でも、その捉え方、捕らわれ方は全く違う。
 
息子も視覚支援を考える時期に、入ったなあ、と思える事が多くなったので、そろそろ、時間支援からと考えていた矢先、タイミング良くこの記事! ありがとうございます!(笑
 
時間って、「見通し」のまず要の部分ですもんね、「見通しに対する理解の役に」と思って、私も夏休み前に作ります。

  • 2008/06/27(金) 00:33:18 |
  • URL |
  • ママ #R8yFns7A
  • [ 編集]

ママさんへ
時間は「見通し」のまず要の部分
ああ・・・本当ですね。
ママさんに言われて、そうか・・そうだよなあ・・
って改めて気づきました。
ありがとうございます。
さんぽの 過剰な不安の一番の原因は 時間を「見通せない」ところからくるものだったんです。
もっと 早く気づいてあげられたらよかったな。

タイミング よかったですか?やったあ。
ちなみに、材料は全て100円均一でそろえました。ラミネートもアイロンでできましたよ。

  • 2008/06/28(土) 02:06:36 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/95-37511bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。