ひだまりの散歩道

広汎性発達障害のさんぽ(6歳)とひだまり(2歳)のママがつづる日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療育教室での親子に伝えたかったこと

私にしては 更新が続いてます。

先回の記事に引き続き 6月・・・で思い出すことが もう一つあります。
昨年ではなく 一昨年前 療育教室で 出会った親子のことです。

さんぽは 1歳半で発達障害の疑いを指摘され、「様子を見ましょう」と言われました。
でも、私がいてもたってもいられず、町の療育教室(週1コース)に 直接、通級を交渉しました。

実際、療育教室を紹介されるのは、さんぽのようなタイプの場合
何かしら 兆候があって相談したとしても 「様子を見ましょう」といわれ・・・
結局は 3歳検診で、行動に問題がある時のようです。
そのため、療育教室では 3歳以上の子ばかりでした。

さんぽみたいに 1歳7ヶ月から 療育を受けている子は珍しく 3歳まで
長い間 通わせてもらった さんぽは 最後のほうは その療育教室の主のようでした。
(療育教室の 詳しくはこちら→さんぽのおいたち~療育の始まり~

さんぽの生い立ち~療育~



さんぽが2歳9ヶ月の6月に その親子は やってきました。
子どもは初めての教室を 嫌がって パニックをおこしている様子で
甲高い奇声をあげ、激しい力で 握られている手を ふりほどこうとしていました。

その子の お母さんの顔を どこかで見たことがありました。
明るいトーンで 親しみやすく話しかけてくる おしゃべり好きな お母さん
何度となく 偶然に 町の支援センターや公園で 顔を合わせていました。
こどもさんは、さんぽと同じ歳でした。

あちらのお母さんも 何となく覚えていて すぐに話しかけてきました。
その内容から お母さんは、この教室にくることに 納得できていないようなのが わかりました。

「まだ、言葉がでないのが不思議なの。
でも、家族の言うことはわかっていて 名前を呼ぶとふりむくし 私がいうことを ちゃんとするし、
ちょっと 走り回って元気だけど 家にいれば しっかりしてておりこうなのよ。」
 
そういうお母さんの話を聞きながら 子どもさんを改めて見ると
その子どもさんは 落ち着きなく 部屋中を走り回っていました。
あらゆるおもちゃを触っては 次の場所へ移動し 時に自己回転もあり   
ヒトが近づくと ぎぃ~という奇声で 威嚇している様子もありました。

きっと 新しい場所に 混乱していたのだろうと思います。
家では、落ち着いて いろいろできることもあるのだと思います。
でも 素人の私でも 間違いないのではないか・・・と思うほど 発達障害の特徴が明らかでした。

そのお母さんは、難聴ではないかと疑って 検査をしたけれど 
耳には異常がなかった。脳波の検査をすすめられたという話も していました。
総合病院まで行ったのなら・・・医師から障害の可能性の話しも でているかもしれません。
デリケートな問題なので、私から そういう関係のことは口にはしませんでした。

その日は、療育が初めてだった子どもさんは、奇声をあげ続け 活動できませんでした。
次の療育日は、欠席
その次の療育でも、連れてくるのも大変そうで、何度も脱走を試みていました。

自由時間のとき お母さんが 私に
「こんなに嫌がっているのに、ここに来る必要があるのか疑問。
家にいれば何も問題ないのに。療育教室に通うの、やめてももいいかなと思っている。」と話し、
「なぜ、さんぽ君は しゃべれるのに ここに来ているの?」と聞いてきました。

私は・・・・思い切って言いました。
「自閉症の疑いを告げられたから」と。

すると、思いがけず、すごい勢いで否定されました。

「何言ってるの!さんぽ君が そんなことあるわけないじゃない。
誰がそういうことを言うの?この教室の保育士じゃないの?
何もわかってない人が 結構そういうことをいうのよ。」と。

私は・・・・「そうかな・・・。そうかもしれないね。」という以上の言葉になりませんでした。

きっと そのお母さんは、発達障害の可能性を 全く知らないわけじゃない。
わが子の この状態を見て 不安で 心配で 悩んで・・・。
さまざまな人から 安易にぶつけられた言葉に傷ついて・・・。
だからこそ 納得できなくても ここに泣きわめくわが子を 連れてきたんだろう。
どこかで 不安につぶれそうな想いで 
どこかで そんなことあるわけないという想いで。

そのお母さんに 私が 何をいえよう。 
さんぽの事実を 話したところで 今の そのお母さんに 何が得られよう。

ただ、
さんぽは療育教室に通ったことで いろいろな力を身につけたから・・・
この時期に 必要な たくさんのスキルを 一番いい形で 経験させてもらえたから・・・
私は 今、その子どもさんに 療育教室を 続けてもらいたかった
強がって明るく振舞っているお母さんが ここで 少しでも楽になったらいいなと思った
だから 思い切って「自閉症」と言う言葉を 選んだ・・・。

でも これ以上の言葉は 今 このお母さんに 言うことはできない・・・。

その親子は またしばらく欠席
次にあった時は、さんぽが 療育最後の日でした。

お母さんは、前より明るい顔をして
「うちの子 こんなんだけど 本当にかわいいのよ。
パパも 言葉が出ない分、生意気じゃなくから ほかの兄弟よりかわいがるの。
で、脳波の検査なんてしなくていいっていうの。言葉の遅い子だってほかにもいるから。
もう、心配して、あちこち病院いくのはやめようと思って。」 
と言っていました。

療育は続けるのかな・・・?続けるといいなぁ・・・と思いながら
私は きくことができませんでした。

うちの子かわいいのよと 優しいまなざしで語るそのお母さんのことを 
障害と向き合おうとしないお母さんだとは 思いません。
子どもがパニックをおこしても いつも穏やかになだめ、
走り回る背中に 厳しい言葉一つなしで接することが 自然にできるそのお母さんには
子どもさんへの愛が いっぱいいっぱい感じられました。
むしろ私は 好きでした。  


その後 一度も その親子とは 会っていません。

あの親子は どうしているのかな。

心の隅に どこかで 気になっています。

このブログも 
あのお母さんと もっともっと 話したかった でも話せなかった 
伝えておきたかった・・・そういう思いが 一つのきっかけになっているようにさえ 思います。
もし、パソコンの前に 今も もう一人のあのお母さんが いるなら
ブログで 話したい・・・伝えたい・・・。

お母さん わかるよ。お母さんの気持ち わかるよ。
自閉とか そんな言葉 友達に安易に使って欲しくなかったよね。傷ついたよね。
いっぱいいっぱい 泣いたよね。子どもの行動で、途方もなくつらい時 あったよね。
でも、それでも、わが子が本当にかわいいんだよね。
誰が なんと言おうと かわいいんだよね。
さんぽさあ、療育で すごくいろいろできるようになったんだ。
今は、わが子が泣いたり、集団行動でパニックになる姿は、たまらないけど
大事な時期を 専門の方に委ねてみるのもわが子のため 
療育、もう少し続けてみたらどうかな。
診断 恐れることないよ。
それで わが子が違うヒトになるわけじゃない。
かわいい自分の子ども それは何も変わらないんだから。


      

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

うんうん、と頷きながら読みました。
誰が言おうが耳には入らない状態なんでしょうね。
療育は早いほうが良いといいますが、向き合う気持ちがいちばん大事ですよね。
そのお母さんのその時がくるのを願うばかりです。

  • 2008/06/30(月) 12:29:28 |
  • URL |
  • ももん #CbeX5jS2
  • [ 編集]

否定と肯定

そのお母さんが、母親としてだけではなく、客観的に、我が子を見れる機会が、あったなら、と思わずに居られませんでした・・・。
 
否定されるのですよね、我が子だから、「私の」子だから。私の通う教室にも、同じ感性の方がおられます。ですが、彼女は「障害」であるといった部分に目は向けられておらず、子どもさんは、支援が受けられず、言葉での意思疎通が難しく、他害に発展しつつあります。
 
つくづく、子どもが小さいうちの親のあり方、親の考え方、それらヒトツヒトツで、子どもの未来は、変わってくるのだ、と身が引き締まる思いで読ませて頂きました。
 
似たような私の経験も、改めて記事にします、機会があれば、読んで下さいね~。
 

  • 2008/06/30(月) 13:44:43 |
  • URL |
  • ママ #R8yFns7A
  • [ 編集]

私たち夫婦の子だもん、そんなことはない!って思いたい気持ち私にもつい先日まではあったのでわかります。
自閉症と向き合えない自分も居ました 先生から『自閉症の手引き』という冊子を頂いてもなかなか読めなかった私です。 でも向き合わなかったらずっと息子とも向き合えないのではないかと思って冊子を開いたんです。
 このお母さんにも、きっと向き合える日が来ると 来ていると願っています。

  • 2008/06/30(月) 17:39:48 |
  • URL |
  • snow #iVAP8ArY
  • [ 編集]

ももんさんへ
うんうん・・・という頷きながら よんでいただいたその姿を 
想像しながら コメント読ませてもらいましたv-398。ありがとうございます。
私自身も 児童相談所の方に 軽く「自閉症の傾向ありね。」と言われたとき、
混乱し 傷つき どん底に落ちました。
児童相談所の方には、その後、とてもお世話になったし、
その方の指摘で、早期療育を受けられるチャンスをもらったと思うのですが
今でも どこかで その方に対する嫌悪感が残っていたりもする 情けない私です。
初めて指摘される 言葉のタイミングや その後のフォローの有無で    
私も 記事の親子のように なかなか受け入れることができなかったのではないかと思います。
だから その親子が 別の道を選んだ自分のように 思えてしまうのかもしれません。
ももんさんの言葉のように
「向き合う気持ち」
その機会が どういう形で 与えられるか
その機会を どうとらえるか
そこで スタートが 変わってくるんですよね。
記事の親子が 今 しっかり向き合って あたたかい支援をうけていることを 願っています。 

  • 2008/06/30(月) 23:57:43 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

ママさんへ
いつも 考えさせられるコメントをありがとうございます。
「自分の」子だから否定する・・・母親としてしか見ていないから・・・・
あぁそうか そうだったんだと思いました。
わが子を客観的に見る視点・・・それを その記事のお母さんは持とうとしていなかったんだな・・と。
「自分自身が 時には あえて母親としての目をこえて、
客観的な視点に切り替えて わが子と向き合う」
母親は その切り替えボタンを 持っていなければいけないなと
改めて気づいた気がします。
私は 自分は記事のお母さんのようにならなかった とはいえない・・・。
わが子を抱きしめることに専念する あまり 
今だって ぎりぎりのあやういところにいる気がします。
大切なこと ママさんに教えてもらいました。

ママさんの記事 是非 読みたいです。    

  • 2008/07/01(火) 00:22:36 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

snowさんへ
再びあえて うれしいです。
実は・・・この記事をかいたのは snowさんと出会えたことが一つのきっかけになってます。
前回のsonwさんのコメントを読んで
自分自身の 一番悩み 右往左往していた時期を思い出しました。
そして、記事にしたお母さんが 一番つらかっただろう・・・療育の始まった時期のことも。
あぁ そうだった。 
私が ブログをかこうと思った その理由の中に 
あのお母さんへ 伝えられなかった想いがあったんだ・・・

診断がこわい・・否定したい・・・でも向き合っていかなければならない
私たち発達障害の子を持つママは 誰もが通る道だけれど 
その時は 独りで 不安と闘っている気がして 怖くて 前に進めなくなる
でも 独りじゃない。あなたの気持ち 全部わかる。
でも 向き合っていこう。前に進もう。

それを ブログを通して 伝えたかったんだ・・・
私は その伝えたかったことを まだ記事にしていなかったんだ。
そう やっと気づきました。
記事にして なんだか 心の整理がつきました。

snowさんと出会えたことに感謝しています。

  • 2008/07/01(火) 01:08:21 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

はじめまして

さまよい続けて、このブログにたどり着きました。
ウチにも同じような4歳の息子がおります。
その親子の様子が思い浮かんで、
つい先日までの私とダブりました。
泣きました。
明日、発達検査です。家族で行ってきます。

  • 2008/07/03(木) 13:13:13 |
  • URL |
  • ゆんこ #KEBDa8j2
  • [ 編集]

ゆんこさんへ
ゆんこさんが どんな気持ちで ここにたどりついたのか・・・
どんなにつらくて どんなに不安で どんなに怖かったか・・・
わかります。同じです。
いっぱいいっぱい 泣いたでしょうか。
泣いて いいんだと思います。
自分でもあきれるほど なき続けて
悲しみとか どうしたらいいかわからない気持ちとか そういうものも通り越した先に
覚悟にも似た 強いスタートが待ってますから。

発達検査 今日(昨日)でしたね。
どきどきし続けた 一日だったと思います。
発達検査で 全てわかるわけでもなく むしろ逆に
不安にさせられることも あったかもしれません。
でも 前へ進んでみてください。
わが子のこれからが 生きやすくなる第一歩ですから。
診断があってもなくても 
わが子は愛するわが子。何も変わりませんから。

  • 2008/07/05(土) 02:20:04 |
  • URL |
  • skymama #PBOAC/RY
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taiyo100pw.blog38.fc2.com/tb.php/98-9c05b581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。